男性の服装は「清潔感」がテーマ。ヘアスタイルや香りにも配慮を

女性は男性の服装を細かくチェックしています。

それはオシャレであるかどうかではなく、清潔感があるかがポイント。無理せず着こなせる服を選ぶだけでなく、ヘアスタイルやヒゲ、さらには香りも気を遣い、第一印象をよくしましょう。

正装は不要。でも、ズレてると思われない服装を

第一印象が勝負の分かれ目となる婚活パーティ。その第一印象に大きく関わるのが服装です。これで男性が陥りやすいミスが2つ。まずはこのミスをしないようにする必要がありそうです。

まずひとつ目が、容姿に無頓着すぎる人です。

その服装は、マジですか?」と聞きたくなるような人が、時折登場します。

平日の婚活パーティであれば、仕事帰りという人が多くなります。

ITの会社などは、Tシャツに短パンでもOKというところがあり、本人としてはそれが自分らしい姿なのかもしれませんが、女性から見ると第一印象がダダ下がりです。

ビジネススーツである必要はありませんが、ラフすぎる格好は好まれません。カジュアルとラフの勘違いは、頭が悪いと言いふらしているような印象を与えてしまうので、得に注意が必要です。

またスーツを着ている人でも、ヨレヨレな上着やテカテカのパンツ、アイロンがあたっていないシャツ、汚れた袖口、ボロボロな靴といった人がいますが、これもNGです。

必ずしもオシャレでなくてもいいので、だらしない印象にならないように、最低限の気遣いを忘れずに。

着慣れない服を着て、イタい感じにならないように

もうひとつのミスが、がんばりすぎです。普段あまりオシャレではない人が、気合いを入れた格好をすることは好ましいのですが、それが行き過ぎると大変なことになってしまいます。

鏡を見る習慣がないために、値札がついたままの人もいましたし、ジャケットの後ろのベンツ部分に糸がついたままの人もいました。

また「たくさんの人の中で目立たなければ」との思いが先行し、赤い革ジャンやド派手なペイントがされているGパンを着てくる人もいます。普段から着慣れているのであればいいのですが、「その日のために特別に」としてしまうと、イタい感じの見た目になってしまうので、注意が必要です。

追求するのはオシャレ感より「清潔感」

婚活パーティで男性が心がける身だしなみポイントは、「清潔感」です。会社帰りであればスーツ。週末であればカジュアルな格好でいいのですが、とにかく清潔感を追求してください。

スーツはシワのないものを。シャツはクリーニングに出したもので、襟やそで口が汚れていないこと。

靴は新品よりも、手入れがキッチリされているものを履き好感度をアップしましょう。クールビズで短パンをはく人もいますが、これは賛否両論。「短パンはいいけど、すね毛は見たくない」など女心は複雑なので、長いパンツの方が無難です。

また特に配慮したいのが「におい」です。汗臭さや口臭が問題外なのは当然。最近は、整髪料やコロン、香水を使う男性が増え、それが気になるケースもあります。

香りに対する感覚は、慣れによってどんどん鈍感になっていきます。最初はほんの少しでいいやと思っていたコロンが徐々に増えていき、部屋中がその匂いになっているケースもあります。こうなると、いい香りでも不快以外の何ものでもありません。

そしてもうひとつ。気をつけなければならないのが、タバコのにおいです。

分煙が進んだことで、喫煙者は専門のスペースで吸うことも増えました。そこでは周りの人も吸うために、自分服に何人分もの煙がしみ込んでいることがあります。タバコのにおいは、当の本人が気付きにくいのも特徴のひとつ。十分に注意したいものです。

目立たない服を目指すのもひとつの作戦

具体的な服装ですが、もしあなたがオシャレな人であれば、自由にしてください。ファッションは個性ですから、存分にあなたらしさを発揮すればいいと思います。ただオシャレではないという人は、目立たない格好を目指してください。

先にも書きましたが、印象深くなるようにと目立つ格好をする必要はありません。小さなことでも目立つことをすると、そのムリな感じがあなたの評価のすべてになってしまいます。

例えばド派手なネクタイをしていたとします。するとあなたがどんなに話をしても、女性の記憶の中では、「変なネクタイの人」でしかなくなります。

無難な服を着れば、服装が印象に残らない分、他のところを印象付けることができます。

ヘアスタイルやヒゲにも十分な気遣いを

最後にヘアスタイルです。まず薄いからNGというのはあまり聞きませんのでご安心を。ただし、ムリに隠そうとしているのはNGです。

男性のヘアスタイルについても、清潔感が重要なポイントとなります。ボサボサした襟足も嫌がられますが、いかにも「床屋に行きたてです!」というものも、あまり好まれません。

前日に床屋や美容院に行っても、それがばれなければいいのですが、ヘアスタイルによっては隠せないものもありますので、余裕を持って行くようにしましょう。

またヒゲについてですが、これも個性なのであってもなくてもかまいません。ただし、無精ヒゲやそり残しがあるのはNGです。

最近は、「わざと無精ひげっぽくするのがいい」という人もいますが、オシャレで無精ヒゲっぽくするのと、手入れを怠った無精ヒゲはまったく別物ですので、誤解のないようにしてください。