女性のおすすめ婚活服装はワンピース&かわいい靴で女子力アップ

婚活パーティでの女性の服装は、ワンピースが定番です。

バッグやコートは高額なものではなく、女性らしいものを選び、適度なヒールをはくことが望ましいく、無理なヒールはかえって不格好です。

また、強い香りは好まれないので、あくまでもナチュラルを心がけます。

高級なものを身につけても、品よく見えるわけではない

女性の服装は男性以上にいろいろあり、何を選べばいいのか迷う人が多くいます。

男性の好みもいろいろなので、「これが間違いなし!」というものはありませんが、好まれるファッションにはいくつかの共通ポイントがあるので、それを中心に解説します。

最初によく見かける失敗例の紹介から。

婚活パーティだからと気合いを入れ、おそらく一番高いものを寄せ集めてきてしまうことがあります。組合わせも考えず、一番高いトップスに一番高いボトム、母親に借りたバッグに、はきなれないヒール靴。完全にちぐはぐで、イタイ感じしかしない方もいます。

その方が、どういた気持ちでその服を着たのかは分かりませんが、言えるのは、高級な服を身に付けているからオシャレというわけではありません。ましてやブランド物を身に付けているからといって、上品な女性にも見えません。

ファッションはトータルで判断されるもの。ひとつひとつのパーツにこだわるのではなく、組み合わせや自分にあった服を着るようにしましょう。

コーディネートが楽なワンピースが断然オススメ

一般的に、男性にウケがいいと言われているのはワンピースです。理由は男性が着ることがない服なので、女性らしく見えるからです。

とはいえ、ワンピースと一口に言ってもいろいろなデザインがあるので、抵抗があるなら、これにこだわる必要はありません。

ただワンピースを選ぶのには、もうひとつ理由があります。それはコーディネートが楽で、失敗が少ないという点です。季節によっては、それだけでいいものも多く、後は靴やアクセサリーを工夫する程度。あれこれ考えなくていいので、センスに自信がない人にオススメです。

「普段からパンツしかはかない」

という人もいるかもしれませんが、可能な限りスカートをおすすめします。

婚活では、女性らしさが大きなポイントになりますが、スカートはその象徴のようなものです。

足を出すことに抵抗があれば、レギンスをはいたり、ロングスカートを選ぶ方法もありますので、ぜひスカートをはいて、女子力全開で参加してください。

室内パーティでは帽子を脱ぐのが常識

最近、愛用者が増えている帽子。もちろんそれ自体は個性の部分ですので、かぶってもかぶらなくても問題ありません。

ただし婚活パーティは室内で開催されるのが一般的。

「帽子もコーディネートの一部だから」と室内でもかぶる人が稀にいるのですが、これはマナー違反です。

また、帽子をかぶっているとステキなのに、脱いでしまうとヘアスタイルが乱れて、残念な感じになっている人や、脱いだ帽子の内側にファンデーションがべったりついている人なども見かけます。

これでは男性がどん引きしてしまうので、十分に注意してください。

帽子をかぶる人は開場時間に行き、パウダールームでメイクやヘアスタイルを直したり、ぬいだ帽子は内側が見えないように置く工夫をします。

コートやバッグは値段にこだわらず、コーディネートの一部としてつり合うものを

さらに気をつけたいのが、コートです。こぎれいな服を着て、かわいい感じの女性がカップルとなり、「このままお茶でも」となり、外に出ようと着たコートがとてつもなく不似合いなものだったことがあります。

服はどこかで購入し、コーディネートしてもらったのでしょう。ただコートまでは手が回らなかったのかもしれません。

コートは、他の服と違い、たくさんの数を持っているものではありません。比較的価格も高めなものがほとんどだからです。そのため新調するのはむずかしいという人もいるようですが、ここで手を抜くのはオススメできません。

不釣り合いなのはもちろん、毛玉がついている。シミがある。袖口がほころんでいるなどは、男性をさめさせてしまいますので、注意が必要です。最近は量販店や通販などで、比較的安価なものもありますので、手持ちのものでいい感じのものがない人は、思い切って購入してください。

同じく、バッグもちぐはぐになりがちなアイテムのひとつ。ブランドものであれば何でもいいというのは大きな間違いです。例え安価なものでも、女性らしいデザインや色使いのものは好まれますので、値段にとらわれないようにしましょう。

強い香りは好まれないことを知っておく

香りについても配慮が必要です。香りは、感覚が麻痺していくものの代表です。

最初は香水をほんの少しだけつけていたはずが、だんだんと感じ方が鈍くなってしまい、さらに婚活パーティということで気合いを入れ、部屋中が香水のにおいというケースもあります。

どんなにいい香りも、度が過ぎると不快となりますので、できるだけ適量を心がけます。

そして男性は、人工的な強い香りを好まない人も多いことを知っておいてください。髪をかき上げた時にほんのり広がるシャンプーの香りや、どこからともなく感じる優しい香りは好まれますが、強い香りは抵抗の元です。

また最近は、柔軟剤などの香りが強くなっています。髪も服も香りがついている上に、制汗スプレーやアロマ、さらに香水で香り武装してしまうと、結局香りが入り混じり、気分が悪くなってしまうこともあるので、十分に配慮しましょう。

ムリなヒールは不格好になるだけ。中ヒールで太いものを

最後に靴です。

ヒールをはきたい気持ちは十分に理解できますが、普段はき慣れない人が高いヒールをはくと、ガリ股になったり猫背になったりと、不格好になってしまいます。

特にピンヒールは、慣れない人にはお勧めできません。パーティ中にこけてしまう人もいます。

あまりヒールに縁がない人は、3~5センチ程度の中ヒール。できれば細いものより、安定感のある太いヒールをオススメします。もちろんヒールのない靴でもかわいいものがたくさんあるので、ヒールにこだわる必要はありません。