おしゃれになるために選ぶアイテム!シューズ編

オシャレを始めるなら、先ずはシューズを買いましょう。

足元はオシャレで一番重要な場所でもあり、毎日同じモノを履いていても違和感がないので実用性があります。

そしてスニーカーなら安価なアイテムも多いので、オシャレを始めるならシューズを買うところから、ウォーミングアップ感覚で始めてみましょう。

選ぶコツ!クラシックなモデルに注目

スニーカー選びで大切なことは、「先ずはシンプルでクラシックなモデルを選ぶ」ことです。

ハイテクシューズやカラフルなシューズもカッコいいのですが、スタイリングをするとなると一気に難易度は高くなります。また、トレンドとなっているニューバランスのシューズも今は避けましょう。

どちらかと言えば上級者向けのシューズですので、買うのであれば一通りのコーディネートができる服を揃えてから。どんなコーディネートとも合う、クラシックなモデルが最優先です。

では、どのようなシューズを最初に買うべきか、具体的なモデルをご紹介します。

メンズもレディースでも王道のコンバース

スニーカーの代名詞と言えば「コンバース」

「オールスター」や「ジャックパーセル」がベーシックモデルです。先ずはローカットを選びましょう。

コンバースのスタイリングで魅力的なところは、スニーカーであってもスポーティ過ぎにならないことです。本当は革靴と合わせたいコーディネートでも、コンバースを合わせても違和感がない着こなしの振り幅は広いことが特徴です。

男性人気のアディダス

コレクターもたくさんいるアディダスのスニーカーなら、「スタンスミス」「スーパースター」などがベーシックモデルです。

特にスタンスミスは男性、女性と愛用率が高い本当のベストセラーモデルです。さすがスポーツブランドだけあって、履き心地や耐久性の良さは満足できる品質になっています。

カラーはこちらも基本のホワイトカラーを選びましょう。

ストリート、スケータースタイルに多いバンズ

海外の男性に愛用者が多いバンズのスニーカーもメンズファッションの定番です。

もともとはスケーターが愛用しているスニーカーなので、ストリートスタイルにもよく見られるシューズです。

「オールドスクール」「エラ」がクラシックなモデルです。

最初はローカットのものを選びましょう。カラーや柄モノなど、多彩な品揃えに目移りしそうになりますが、先ずはブラックかホワイトを選びましょう。

レザーシューズは一生モノ

オシャレを始めるなら先ずはスニーカーをオススメしますが、革靴の定番もご紹介しましょう。

スニーカーのように汚れたら買い換えるアイテムではなく、革靴は一生モノです。汚れたら磨き、ソールが擦り減ってきたら張り替えて、何年も何十年も履き続けるアイテムです。

長く愛用することで経年変化が楽しめる大人のオシャレですね。そのため革靴を買うのであれば、思い切って高価なモノを買いましょう。

「トリッカーズ」や「オールデン」というブランドは歴史が長く、信頼性もあるブランドです。

値段も10万円前後しますが、何十年も履き続けると考えると高くはないはず。スニーカーを数足揃えた後に検討してみましょう。