おしゃれになるために選ぶアイテム!バッグと小物編

オシャレな服装を揃えても、バッグがオシャレでなければ台無しに。

服装に合ったバッグを選ぶことで、初めてトータルコーディネートが仕上がります。基本は、実際に使う際の荷物よりも余裕を持った大きさを選ぶことです。

どんなオシャレなバッグでも、パンパンに荷物が入っているとカッコ良くは見えませんのでご注意を。

必要ない時は手ぶらが一番

バッグの紹介の前にぜひ覚えておいて頂きたいことが、「荷物は極力少なくする」ことです。

仕事などで必要なものは仕方ありませんが、休日に出かけるくらいであれば荷物も限られるはずです。もしくは手ぶらで出掛けましょう。一番身軽でスタイリングもスッキリします。

街中で男性のファッションに注目してみましょう。実は手ぶらの方も多いですよ。

使い込むほどに味が出るトートバッグ

カジュアルなバッグの代表といえばトートバッグです。

男性も女性も根強い人気があるバッグで、手軽に使えるところに人気があります。また、スタイリングのジャマにならない自然と合わせられることも魅力的です。

一般的な生成りコットンで作られたトートバッグでも十分ですが、「L.Lビーン」のトートバッグが定番として認知されています。丈夫なキャンバス生地で使い込む内に“味”が出る経年変化を楽しむことができます。

知名度で選ぶショルダーバッグ

ショルダーバッグもオシャレに着こなしやすいアイテムです。

休日のみの使用であれば、小さいサイズを選びましょう。ボディーバッグと呼ばれる背中に密着した小ぶりのバッグも、上品なイメージを得られる為、オススメです。

「マンハッタンポーテージ」のブラックカラーのショルダーバッグは、シンプルなデザインや定番とも言えるアイテムとして人気があります。

ベルトは短く、背中に密着するように背負いましょう。

リュックは子供っぽくならないように

リュックもメンズファッションに代表的なバッグですが、子供っぽくなるデメリットやアイテム選びの難しさがあるので注意をしましょう。

「イーストパック」の無地カラーデイパックがカジュアルスタイルの定番です。

カラフルなものや、ポケットや機能がたくさん付いたデザインもありますが、先ずはシンプルなアイテムから取り入れましょう。ショルダーバッグ同様、ベルトは背中に密着するくらいのやや長めを心がけましょう。

長すぎるとだらしなく見えてしまいます。

バッグの中身も!オシャレな持ち物

オシャレな方外見だけでなく、財布やメモ帳、ペンなどバッグの

中身も素敵なモノを持っています。服やシューズ、アウターなどを揃えることが優先ですが、オシャレを目指すなら、それら小物にも気を配りましょう。

コツは統一感を持たせること。

レザーアイテムで統一する。ブラックカラーで統一するなど、揃える前に自分なりのテーマを決めてみると選びやすくなります。レザーで揃えるのであれば「イルビゾンテ」が品質も価格帯も手の届く定番ブランドです。

レザーのトートバッグもイルビゾンテでチェックしてみるのもいいですね。