コーディネートで知っておきたい方程式

オシャレを楽しむための基本的なアイテムがわかったところで、知っていれば役立つコーディネートのコツをご紹介します。

ルールが無く、自由に組み合わせているようなスタイリングにも実はちょっとした法則があります。

ここでは、知っていれば取り入れやすい基本のスタイリング術をピックアップしました。

メンズの王道!ジャケットxパーカー

1104_1

出展サイト:http://wear.jp/1204156/coordinate/3643059/

メンズのファッションでは基本中の基本の組み合わせです。

今ではレディースにも派生したベーシックスタイルになっています。取り入れ方は簡単。パーカーにジャケットを重ね着するだけです。

オシャレな取り入れ方は、グレーのパーカーにブラックのジャケットやホワイトのパーカーにデニムジャケットなど。パーカーは薄手のアイテムを選んでゴワつきがないように気をつけましょう。

言うまでもなく、フードはジャケットから出してくださいね!

春夏なら、デニムxポケットTシャツ

ちょっとシンプルになりがちな暖かくなった時期のコーディネートには、思い切ってシンプルにデニムとTシャツで合わせるのも好印象です。

その際にひと工夫として、胸元に小さなポケットがついたポケTを選びましょう。これだけでオシャレに見える魔法のアイテムです。

もちろん、カーディガンやジャケットを羽織っても相性抜群です。最近ではポケット部分にちょっとしたデザインが入ったアイテムもあり、ワンポイントに使えます。

足元が重要!ボトムスはロールアップ

1104_2

出展サイト:http://wear.jp/tez/coordinate/2163576/

「オシャレは足元から」と有名な言葉がありますが、シューズだけに気をつけていてはダメです。ボトムスの裾にも気を配りましょう。

裾がダボついたスタイルは清潔感が無く、一部のストリートスタイル以外ではあまり良い印象を与えません。5cmほどの幅で2、3回折り返して、くるぶしが見えるか見えないかくらいまでロールアップしましょう。

ソックスはブラックや明るいカラーを選んでも問題ないです。難しいホワイトを避けることがポイントです。これだけで、印象がすごく良くなります。

カラー選びのコツ!キャップとボトムスのカラーを合わせる

ニットキャップやベースボールキャップなどを合わせる場合、ボトムスのカラーと同じ色味にすることで、全体にまとまりが生まれます。

ベージュのチノパンを履くなら、同じようにベージュのキャップを被るなどカラーを統一してみましょう。シンプルなスタイリングにまとまりが出て、見ている側が落ち着ける色合いになります。

また、ベージュのパンツにカーキの帽子など、同じトーンの色であっても同じような効果があります。もちろん、ブラックで統一することもアリです。とにかく、統一感に気を配ってみましょう。

小物のカラーを合わせる

これは特にスーツの時に気をつけましょう。

シューズがブラックなら、ベルトやバッグもブラックで合わせる。

シューズがブラウンなら、ベルトやバッグもブラウンで合わせる。

スーツの小物を選ぶ際に基本中に基本です。

もちろんカジュアルなスタイルも応用できます。スニーカーまではいかなくても、バッグとベルトのカラーを合わせるなど統一感を意識すると好印象な着こなしになります。