ファッション初心者がいざ買い物をする際のコツ

いろいろなアイテム紹介などで揃えたいアイテムが決まってきたところで、いざ買い物をする時に役立てたいコツをご紹介します。

そもそも服を買いに行く時は少し緊張しますよね。服の買い物は他のショップとは違い、スタッフさんに一方的に話しかけられ、商品をオススメされることもあります。

そこで、買い物をする際に以下のポイントを頭に入れて、リラックスして買い物を楽しみましょう。

お得な情報が得られる?お得意様になろう

買い物をする際の1つのコツとして、お気に入りのお店を見つけることです。

それは、セレクトショップでもオーナーが営む小さな個店でも問題ありません。お気に入りのお店ができれば、そこでできるだけ服を揃えましょう。

そうすることで同じテイストの服が集まりやすく、スタイリングのまとまりも自然と出てきます。また、お得意様として扱ってもらえることで、お得な割引や優先的な情報が手に入ることもあります。

専属のスタイリスト!?担当のスタッフさんを作ろう

小さいお店であれば、同じ方が対応してくれると思いますが、セレクトショップの場合は複数のスタッフさんがいます。

この場合は、できるだけ毎回同じスタッフさんから購入するようにしましょう。自分が買ったものを覚えていてくれて、着こなしの提案をしてくれたり、似合うものがあれば連絡をくれたりと専属スタイリストのように対応してくれることもあります。

最初に接客をしてくれた方でもキッカケは何でもいいです。

毎回お店に行ったら「◯◯さん、いらっしゃいますか?」と聞いて、同じスタッフさんからの購入することがポイントです。

一時の恥だけ!質問攻めしよう

接客を受けている際に商品の説明などをしてもらっていたり、試着したところを見てもらったりと、スタッフさんとの会話で分からないことがあれば遠慮なく聞いてみましょう。

そこから知識が広がっていきます。また、どんな組み合わせ合うかどうかなども聞いておくと、スタイリングに役立ちます。

聞くことが恥ずかしいと思いがちですが、商品を説明することがスタッフさんの仕事です。聞けば聞いた分だけ、知らない知識やウンチクを語ってくれるはずです。

詳しくなれば、友人に服を褒めてもらった時などにも、さり気なく会話に使えるので便利です。

買わなくて平気!必要ないものは買わない

たくさん接客を受けていても、いらなければ余計なものは買わないようにしましょう。

スタッフさんも、自店の商品に自信があれば悪くは思いません。また、他のショップもいろいろ比べて買いたい場合は正直に伝えても大丈夫です。

「他と比べて考えます」と伝えましょう。

セレクトショップのスタッフさんの中には、自分の会社と全く関係のないショップの「比べるなら◯◯のブランドも見てから決めた方がいいですよ」とオススメしてくれる場合もあります。

大切なのは自分がオシャレを楽しむ為の気に入ったアイテムを買うことです。買わなくてもいいと思うと、気軽にショップにも入れますね。