知ってるつもり?洗濯の基本やクリーニング・ケアの方法

オシャレなアイテムが揃っても、しっかりケアをして大切にしないと本当のオシャレとは言えません。

服が好きな方はしっかりと愛着を持って管理しています。難しいことではなく、基本は洗濯をしないで放置しない事や使ったらケアをしてあげることです。

面倒に思わずに、しっかりと管理してライフスタイルもオシャレになりましょう。

知ってるつもり?洗濯の基本

服を着ていれば必要不可欠な洗濯ですが、実は知ってるつもりでも意外と知らないこともあります。そこで、代表的なコツを挙げてみましょう。

まず、デニムは適度に洗いましょう。

洗わないで色落ちを楽しむ方もいますが、衛生的によくない他、細菌が発生することで、生地の耐久性が落ちます。

どうしても洗濯による色落ちが気になる方は、洗剤ではなく、塩を若干入れて、洗濯しましょう。

洗濯用ネットで衣類も長持ちします。

デリケートな衣類のみに使うイメージの洗濯用ネットですが、Tシャツやシャツなどにも使うことで、洗濯のダメージを防ぎ長持ちします。

大切なお気に入りのアイテムはネットに入れるようにしましょう。

梅雨の時期など匂いが気になるならお湯で洗濯をする。

海外では一般的ですが、匂いが気になる洗濯物はお湯で洗濯をしましょう。約40度のお湯で洗濯することで、匂いの原因となる雑菌がいなくなり、匂いも消えます。

あまり高温のお湯にしすぎると、服が若干縮んでしまいますので注意しながら洗濯しましょう。

いつ出す?クリーニングの頻度は?

ジャケットやアウターなどの頻繁に洗濯をしないもので、家庭では洗えないアイテムは、しっかりとクリーニングへ出しましょう。

できれば1〜2ヶ月に1度に出すべきですが、最低でもアウターなどであればシーズンが終わった頃には出すようにしましょう。

予想以上に汚れており、そのままクローゼットに保管してしまうと生地が痛みます。

ハンガー仕上げに指定すると、そのまま仕上がった状態でクローゼットに保管ができ、便利です。

ケアしてる?レザーシューズのお手入れ

特にケアが必要なものがレザーシューズです。

レザーシューズはクリームで栄養補給することで、革が痛みにくく、長く履くことができます。

履いた後には、クリーナーで汚れを落とし、クリームをブラッシングしながら全体になじませると完成です。

また、必ずシューキーパーなどで形を整えて保管をしましょう。

シューズかしっかりとケアするだけで、何十年も履くことができるアイテムです。大切にしましょう。

楽しみながら長く愛用。経年変化とか?

特にデニムやレザーのアイテムなどがそうですが、大切に扱いながら愛用することで、自分の体に馴染んいく「経年変化」を楽しむことができます。

レザーのバッグなどであれば、革が日焼けして色が変わったり、アウターであれば、アタリやシワが入ることで、自分オリジナルのアイテムへと変化する過程を楽しめます。

オシャレを楽しむのであれば、何か1点でもそのような経年変化が楽しめるアイテムを持つと、自分のオシャレに深みが得られるので試してみましょう。