女性がユニクロで買ってもいいアイテムとダメなアイテム

ユニクロアイテムの取り入れ方にもコツがあります。

しっかりとマスターしてリーズナブルに着こなししましょう。

工夫次第で、オシャレにもダサくもなるユニクロ

低価格で高品質なアイテムが多いユニクロ。

ぜひ、オシャレにも取り入れて、賢くスタイリングを楽しみたいですよね。そこで、ユニクロのアイテムを取り入れる際の注意点をまとめました。

買い物の前にしっかりチェックしましょう。

取り入れたいオススメアイテム

冷えや暑さの味方、ヒートテック、エアリズム

男性同様に、インナーはシンプルなユニクロアイテムが価格も安く高機能でオススメです。

特に冷え症などで暖かくしたい女性にはヒートテックは強い味方。着込みすぎはオシャレに見えないので、インナーから暖をとるようにしましょう。

そして、汗をかきやすい夏場はエアリズムで爽やかにオシャレを楽しめます。

エアリズムはできる限り無地で、明るいカラーを選んで爽快感をプラスできます。

カラーが豊富で便利、スキニーパンツ

女性のキレカジ系スタイルの定番でもあるスキニーデニムなどは、ユニクロでも十分活躍します。

目立った汚れがつけば、買い換えるぐらいの気持ちで、積極的に明るめのカラーに挑戦しましょう。

また、キャリア系向けのスラックスタイプのパンツもシルエットがきれいなので活躍します。

着込むなら内側から、インナーダウン

寒い冬にコートを着ても寒いと感じる方には、コートの中に着るインナーとしてのダウンベストなどを取り入れましょう。

ユニクロのウルトラライトダウンベストであれば手頃な価格で軽いダウンアイテムがオススメです。

室内ではコートと一緒にダウンも脱ぐようにしましょう。

避けたいオススメできないアイテム

男性同様に避けたい、ロゴTシャツ

男性同様に、企業コラボやユニクロデザインが入ったTシャツは避けましょう。

ユニクロアイテムを取り入れていることがすぐに分かるので、オシャレに関心が無い人と思われがちです。

また、エアリズムなどで取り入れられている柄モノも同じ理由で避けるようにしましょう。

視野を広げて選びたい、ワンピース

リーズナブルな値段でのユニクロのワンピースも魅力的ですが、他のブランドがベターです。

プリント柄などのデザインなどが出ていますが、ロゴTシャツ同様、ユニクロアイテムと簡単にバレてしまいますので避けましょう。ワンピースであれば他のファストファッションブランドや、比較的お手頃価格のブランドでも揃えることができます。

ワンピースは女性の定番アイテムなので、たくさんのブランドでデザインも豊富にあります。

視野を広げてお気に入りのワンピースを見つけましょう。

シルエットが大切、ダウンジャケット

インナーで着る分にはいいのですが、コーディネートの仕上げのアウターとしてダウンジャケットを着るのは避けましょう。

ユニクロの生地感、ステッチなどのデザインで、ユニクロアイテムとすぐに分かってしまいます。またデザイナーブランドであれば、より女性らしいシルエットのダウンジャケットなどを扱うブランドもあります。

ダウンジャケットを選ぶなら、シルエットやデザインにしっかりとこだわりましょう。

コツは無地アイテムをさりげなく

男性同様に、ユニクロアイテムを取り入れるコツは無地でシンプルなアイテムを選びましょう。

また、カラーを明るめにチャレンジするなど、低価格ならではの取り入れ方もユニクロの魅力です。