女子のクリーニングやケアの方法

少しでも長持ちするように、クリーニングやケアはしっかりとしましょう。

オシャレを続けるには日々の管理も大切です。特に注意して頂きたい点や、長持ちのコツをご紹介しましょう。

オシャレを楽しむなら管理も大切

オシャレなアイテムを揃えると、気をつけたいことが扱い方。

お気に入りのアイテムであれば、長く愛用できるように、洗濯やクリーニングなどのケアをしっかりしましょう。

基本的に洗濯物を溜めないことが大切です。

汚れたまま放置することで、服のダメージも早まります。理想は、少なめの洗濯を数日に分けて行うことです。

また、レディースのアイテムはデリケートな商品も多いので、洗濯表示は必ず確認するようにしましょう。

シルク素材は汗ジミにご注意

プリントワンピースなどで人気の素材がシルクです。

柔らかい質感が女性らしさを演出することで、シャツやブラウスなどでも取り入れられています。シルク素材で気をつけることが、脇の汗ジミです。

着ている際はもちろん目につきますし、そのままにしてしまうとシミとして残ってしまいます。

特に夏場などは必ず汗ジミを防ぐパットを服の脇部分に取り付けましょう。もし汗ジミや食べ物の汚れがついたら、できるだけ早くにクリーニングへ出しましょう。

パンプスなどのシューズは裏張りが長持ち

パンプスなど、底がレザー素材のシューズを買った場合は履く前にラバーの裏張りをオススメします。

レザー素材の底のままでも通気性はいいのですが、耐久性がなく、滑りやすいです。裏張りをすることで、滑りにくく、耐久性が上がる他、見た目もあまり変わりません。値段も2,000円前後で仕上げてもらえます。

大切なパンプスを長く快適に履くためには、裏張りを必ず行いましょう。

また、裏張りを行う際は底にキズをつけて接着剤を流し込む為、数回履いた状態でも問題なく裏張りをしてもらえます。

コートは保管前にクリーニングが鉄則

頻繁に洗濯することができないコートなどのアウターは、クリーニングに出すようにしましょう。

野外で着るためのアウターは、排気ガスやホコリ、雨、汗などで見た目以上に汚れています。できれば月に1度はクリーニングに出すことが理想ですが、最低でもシーズンが終わった春には出すようにしましょう。

そのまま保管してしますと、汚れや細菌で生地にダメージを与えてしまい、穴あきや痛みの原因となります。クリーニングをして保管することで、寿命が延び、長く愛用できるようになります。

リネン素材は縮みにご注意

ナチュラル系のスタイルによく取り入れられるリネン素材ですが、リネン素材ならではの縮みに注意しましょう。

生地の織り方や強さにもよりますが、洗濯機で洗うとかなり縮む場合があります。もともと、リネン素材は洗う度に目が詰まって丈夫になる生地として、ヨーロッパではデニム生地のように仕事着用の生地として使われていました。

そのため、洗い加工がされていないアイテムや目が詰まりきっていない素材であれば、縮む恐れがあります。

心配なら、手洗いで優しく洗うなどの工夫をしましょう。また、購入時に縮むかどうかの確認をしておくと安心です。