男性、女性、親御さん。すべての人が結婚相談所を必要としている

時代の移り変わりとともに男女の役割が変わり、恋愛や結婚への意識も変わってきました。

それぞれの立場の人が結婚を意識した時、頼りたくなるのが結婚相談所。今なぜ必要とされているのかを考えます。

結婚しにくい時代背景に沿って、結婚相談所は発展した

結婚相談所というサービスが登場したのは随分前ですが、ここまで活況になったのは、ここ10年ほどのことです。

そこには、結婚情報サービスを提供することがビジネスになるほど、普段の生活の中で結婚相手を見つけるのが難しくなった背景があります。

若い女性の「結婚しない選択」が後で焦りをうむ

少し前までは、「誰もがみんな結婚して当然」という風潮がありましたが、今では「結婚しない」という選択肢がでてきてしまいました。

実際には、最初から「結婚しない」という選択をしている人は稀で、「ムリして結婚しなくてもいいや」くらいの人がほとんどなのですが、そういった意識の変化の中で、結果として結婚しない(できなかった)人が急増してしまいました。

それでも20代、30代の頃は、仕事もプライベートも充実していて日々忙しいく、そこに問題意識はないのですが、」30代後半や40代になってふと気づくのです。

「やっぱり結婚したい!」

「今結婚しないと子供が作れない!」

でもそういったタイミングでは、結婚への意識が高い男性はすでに他の誰かと結婚しているし、変わり映えのない環境の中で、今さら結婚相手を見つけられる可能性も少ない。

「新たな出会いを見つけたい」

「できればすぐにでも!」

その結果、結婚相談所のドアをたたく人が増えているというわけです。

最後の選択から最善の選択へ

こうして結婚相談所の利用が特別な選択ではなくなったことで、会員になる人の数がどんどんと伸びていきました。

すると、30代前半や20代の人の中に、「結婚相談所を利用するのもあり」という新たな選択肢が生まれます。

すると中には、結婚相談所を利用することで条件のいい結婚をする人が登場し、「周りの人から結婚相手を探すより、結婚相談所を利用する方がいい人に出会えるのではないか?」と思う人が増えてきます。

実は今はこの状態だといえます。

そして結婚相談所業界では、「結婚相談所の利用は、最後の選択ではなく、最善の選択の時代になった」と言われています。

バブル崩壊が男性の結婚を遠のかせた

男性側には、結婚を気軽に考えられない理由でてきました。そのひとつがお金に対する不安です。

バブル崩壊以降、「失われた20年」と言われるように、長い不景気の時代がありました。

この間に就職氷河期と終身雇用の崩壊が一気に襲ってきました。

今、結婚適齢期と言われる人は、この不景気時代に思春期を過ごし、社会人になった人たちです。

そのため多くの人たちの中に「結婚するだけのお金がない」という発想がでてきます。

「パートナーに苦労させないために、ある程度貯金ができてから結婚しよう」という意識が心の中にできたのです。

これが草食男子を増加させ、「今は結婚できないから、彼女もいらない」との発想につながります。

その結果、ある程度年収がアップし貯金ができても、恋愛経験が少ないために、「結婚相手を見つけられない」となってしまい、結婚相談所に興味を持つことになります。

とにかく何とかしたいと自ら動き出す親御さん

最近は、親が結婚相談所にくるケースが急増しています。以前からあったのですが、その件数がかなり増えています。

結婚相談所に来る親御さんの中には、息子さんや娘さんに言っていないケースもあり、「まずは本人に結婚の意思がないと婚活はできません」と伝えるのですが、とにかく親御さんの「そこを何とか助けてくださいオーラ」が強く圧倒されてしまいます。中には、「生きているうちに孫の顔を」とさめざめと泣かれる方もいて、戸惑います。

こういった親御さんのお子さんは、「まだ結婚はいい」と思っていることがほとんど。そのため、まず結婚を意識することからスタートし、「結婚する気になれば、いつでもいい人を紹介できますよ」という感じに説得します。

せめてご本人が結婚相談所に足を運んでいただければ事態は前進するのですが、お見えになる方はかなり少数。ご自宅での苦労が目に見えるようで、切なくなります。

親御さん向けセミナーやお見合い会も盛況

結婚相談所の中には、親御さんだけを集めるセミナーを開催しているところもあります。

「どうやって結婚にむけて意識を変えるか?」や「いい人の見つけ方」といった内容なのですが、みなさん真剣に聞いていらっしゃいます。

さらには、親御さんだけのお見合いパーティを開催しているところもあります。多くはお母様が出席されるので、会場のすべてがご年配の女性。なんとも不思議な光景になります。

また最近目にするもので、「兄弟のために」「いとこのために」といって活動をする方です。

この方はすでに結婚されていて、「なんとか結婚させたい!」と自ら動いているのですが、このパターンで成婚に至ったケースはかなり少数。やはり本人の意思が大切です。

結婚相談所へのイメージはどんどん変化している

多くの人が存在を意識するようになった結婚相談所。その結果、多くの人の心の中に変化ができてきました。

20年前に「なれ初めは結婚相談所」というと、「え~、そうなの…」とマイナスに思った人もいたのですが、最近は、そう考えない人が増えました。

その証拠に以前の結婚式では、出会いについて触れなかったり、嘘をいったりするカップルが多かったのですが、最近は当然のこととして発表するだけでなく、婚活アドバイザーが結婚式に招待されるケースまであります。

今後は時代と共に意識が変わり、ますます結婚相談所が大きな役割を果たすのだと感じています。