意外と知られていない成婚率の裏側!本当の値は…

高いお金を払って結婚相談所に入会すれば、誰でも結婚できるんでしょ?

そう考えている人がいるなら、それは少し危険です。実際の数字を交えながら、交際や結婚について考えていきましょう。

登録すれば全員が結婚できるという勘違い

結婚相談所に来る人の中には、「登録すれば、全員結婚できる」と思っている人がいます。

「100%とは言わないまでも、結婚できないのはよほど問題を抱える一握りの人でしょ。だから私は大丈夫」と言い切った人もいます。

 

ずばり言います。

「そんなはずはありません」

 

幸せな結婚でなければ意味がない

極端な例ですが、登録した人をほぼ全員を結婚させることは可能です。実際にほとんどの人を結婚させている結婚相談所もあります。

そこがやっているのは、悪い言い方をすれば洗脳のようなもの。

「この人を逃すと、一生結婚できませんよ。こんなに条件がいいのに、何を躊躇しているの?」

と言葉はやさしいものの、実際にはおどしのような内容で、多くの「YES」を引き出しています。

でもそこには、好みのリクエストや細かい条件の要望を聞いてくれない現状があり、多くの離婚者と離婚予備軍を産んでいます。当然です。好みや条件にぴったり合致する人は、そんなに存在しないのですから。

多くの結婚相談所は要望をしっかり聞き、それに近い人を紹介するように努めます。もちろん要望が高すぎるときや非現実的な時には優先順位をつけながら、条件のすり合わせをします。

そうやって条件にあった人を紹介しても、実際には顔や雰囲気などといった部分が新たな条件として加わり、それが好みでなければ、交際には発展しません。現実はむずかしいものです。

成婚率50%が最高水準

では実際に、どれくらいの人が結婚しているのでしょうか?

ひとつの目安が、50%という数字です。2人に1人が結婚するということ。

この数字を見て、どのような感想をおもちでしょうか?

いろいろあると思いますが、この数字を打ち出しているのは、上場を果たしている某結婚相談所です。

規模の小さい結婚相談所は別として、大規模に展開する結婚相談所で一番いい数字だと思います。

2人に1人が結婚です。

でもこれは、最上位ランクの契約をした人の数字。かなり必死の活動をした結果なので、それは覚悟しておいた方がいいと思います。

サポートがついて実現できる20~25%

次の数字は、20~25%。4~5人に1人が結婚するという結果です。

これも大手の結婚相談所の数字です。

「少ない!」と思う人が多いかもしれませんが、これでも一般生活の中で結婚に至る人の4~5倍ですから、いかに結婚が難しい時代化がわかるかと思います。

ここも相手の条件もキチンと聞いて、手厚くサポートをしてくれます。サポートがなければ、20%以上の人が結婚できることはありません。

「そんなに少ないんだったら、結婚相談所に行っても意味がない」

そう思う人もいるかもしれませんが、もうひとつの数字を紹介します。

1年以内に交際に至る確率95%

95%と言えば、ほぼ全員です。

これは上記の成婚率20%の結婚相談所が出している数字で、「1年以内に交際に至る確率」です。

結婚はさまざまな要因が絡む問題なので、なかなか踏み出せない人が多いのも現実ですが、結婚の前段階である交際の機会ができるのはすばらしいことです。

実際、交際から結婚に至るには、アドバイザーには入り込めない部分があります。その代表が親御さん。

本人たちは結婚に向けて盛り上がっても、「家柄が」「学歴が」「勤務先が」「同居じゃなきゃ」等、突然いろいろなことを言うケースがあります。

もちろんアドバイザーは、交際を望んでいるのではなく、あくまでもゴールインをサポートしたいと思っています。なので、どんな悩みでも相談に乗るのですが、残念ながらこういった親御さんは、アドバイザーに会ってはくれません。

私たちとしても、ムリにご実家に押し掛けてご両親を説得するわけにはいかないので、会員さんをサポートするしかなく、やきもきすることも多くあります。相談所まで足を運んでいただければ、お話もできるのですが、これがなかなか・・・。

ですので、結婚相談所に来るときには、親御さんに結婚の意思があることを伝え、心の準備をしてもらっているといいのではないかと思います。

意外と知られていない成婚率の裏側

最後に、結婚相談所でいう「成婚率」について説明しておきます。

成婚率という言葉には、結婚を意味する「成婚」という言葉が入っていますが、必ずしも「結婚」を指すわけではありません。

これも結婚相談所によるのですが、プロポーズまでアドバイザーがサポートする結婚相談所では、プロポーズして相手の「YES」の返事が出て、婚約状態になることで成婚退会とします。これは多くの方のイメージにあっていると思います。

でも結婚相談所の中には、「私たち結婚を前提にお付き合いすることになったので、退会します」と双方から申告されたら成婚とみなすところもあります。

会員さんとしては特定の彼氏(彼女)ができても、会員でいる限り月会費が発生してしまうので、その負担を軽減したいと思えば、かなり早い段階で、「もう退会しようか?」という話になります。そして「成婚退会」となります。

ところが先にも書いたように、実際にはお付き合いから結婚に至るには、いくつかのステップを踏まなければなりません。その途中でなんらかの事情が発生し、「やっぱり別れましょう」となるケースも実はそれなりにあります。

そのため結婚相談所によっては、「成婚退会から1年以内の再入会の場合は、初期費用無料」などの特典をつけているところもあります。これってどうなの??という話ですが、こういった一面もあることも、予備知識として知っておくといいでしょう。