結婚相談所入会時に提出する書類。なければ活動ができないところも。

入会時にそろえる書類がいくつかあります。

免許証等、手持ちのものでOKな身分証明書以外に、役所や卒業した学校に連絡して準備してもらうものもありますので、なるべく早く準備を進めましょう。

入会時にそろえる書類一覧

気に入った結婚相談所が見つかり入会するときには、提出するべき書類がいくつかあります。

これも結婚相談所によって違いがあるのですが、一般的なものを紹介します。

  • 身分証明書
  • 収入(所得)証明書
  • 勤務先を証明するもの
  • 卒業証明書
  • 独身証明書

必要な書類がひとつで不足していれば婚活をスタートできないことがほとんどです。

中には時間がかかるものもありますので、できるだけ早く取得の手続きを始めることをオススメします。

身分証明書

まず本人であることを確認する必要がありますので、身分証明書の提出は基本になります。

写真付きのものを必須としているところもあり、運転免許証やパスポートが最適です。

それがないときは健康保険証と公共料金の請求書など、2種類以上のものを提出することでOKとするところもあります。

収入(所得)証明書

これは前年の収入を証明するのが基本となります。会社勤めの人であれば、源泉徴収票を提出します。

コピーは認めないところもあるので、原本を持参します。年末に配布されるところも多いようですが、なくても会社の人事部に申請すれば再発行してくれます。

会社勤め以外の人(個人事業主)や副収入のある人は、それぞれの規定に沿った書類の提出をします。

多くは確定申告書の提出になりますが、これは証明能力が低いとして認めていないところもあります。

受領印があれば認めてくれるところや、納税証明書などの提出を求めるところもあります。

また転職によって年収が上がった時は、その金額を活用したいと思う人もいるでしょう。その時は、直近数か月分の給料明細を提出すればいいところや雇用契約書の提出を求めるところがあります。

勤務先を証明するもの

勤務先を証明するものと言えば、就労証明書や在籍証明書と考える人もいますが、これは勤務先に作成を依頼しなければなりません。

「結婚相談所に提出したい」とは言いだしにくい人も多いので、この書類に関しては、個人で用意できるもので認めるよう配慮しているのが一般的です。

例えば、収入証明で提出する源泉徴収票に勤務先名が書かれていれば別の書類は不要なところや、社員証、雇用契約書等でいいとするところもあります。

卒業証明書

これは最終学歴を証明するためのものです。卒業証書で代用できるところもありますが、証明書を必須とするところが多いように思います。

卒業証書を保管している人は多いと思うのですが、卒業証明書は持っていない人がほとんど。学校に申請して取得する必要があります。

専門学校の中には、すでになくなっているところもあり難航する人もいます。準備が難しい人は、結婚相談所に相談してください。

また中退の人は、在学証明書を提出することで入学したことを証明することになります。

これについては、「面倒だから」と大学の在学証明を取得せず、高卒として活動する人もいます。考え方はいろいろあると思いますので、最良と思う選択をしてください。

独身証明書

独身証明書の準備は面倒なものの代表ですが、この提出を求めるところは、しっかりした結婚相談所ともいえます。

結婚相談所で活動する人の中には、「実質的な離婚状態が長いけど、籍はそのまま」という人もいます。

そう言った人は、何らかの事情があるために籍が残っていることが多く、いざ結婚となった時にもめるケースも多々あります。それを避けるために、戸籍上独身であることを入会時に証明する書類を提出してもらいます。

独身証明書は、本籍地の役所で取得します。遠方で行けないという人は郵送で取得することとなります。その際には、

①申請書

②返信用封筒

③定期小為替

④身分証明書のコピー

を送付します。

定期小為替は発行手数料となるものです。多くは300円ですが、一般的な書類ではないので、ホームページの一覧表などに記載されていないこともあります。

間違っていると発行されなかったり、不足分を再送したりする必要がでてくるので、先に問い合わせをして価格を確認してください。独身証明書には種類があるので、「結婚相談所に提出する」と伝えるとスムーズです。

外国人の方の場合

独身証明書で厄介なのが、外国人の方の場合です。この証明書は戸籍がしっかりしているという前提があります。

海外では日本ほどの戸籍制度があるところは少なく、独身証明書に変わるものがないところが多くあります。

また代わりの書類があっても、大使館に行って手続きをする必要があり、なかなか簡単には行きません。

お国によっては、独身であることを証明する価値が理解できず発行を渋るところもあります。また国は同じでも自治区や州によって、発行してくれるところと難しいところがあります。

本人にやる気があっても入会できないということもありますので、外国人の方は先に確認しておくことをオススメします。

ちなみに外国人の方を中心とした結婚相談所は、独身証明書の提出を求めていません。中には日本国籍を取得するために婚活をしている人もいると聞きます。

外国人の方との結婚をのぞむ方は、身元の確認をしっかりとする等、誠意ある結婚相談所を選ぶようにしてください。