結婚相談所での希望相手の条件設定のポイント

パートナー探しにとても重要な条件設定。「結婚相談所を利用するんだから、条件のいい人と出会わなきゃ」と気合いを入れて、非現実的な条件になってしまう人もいます。

ここで設定を間違うと、パートナーを見つけることはむずかしくなってしまうので、ここはひとつ冷静に条件設定をしてください。

理想のパートナー像を冷静に考えてみる

まず一般的な恋愛や結婚を考えてみましょう。

どんな人も理想のパートナー像を持っています。でも実際にお付き合いをした人や結婚した人は、その理想にすべてがピッタリあてはまっているというわけではありません。

一生ラブラブで添い遂げるご夫婦も同じで、「多少不満な部分があっても、それを超えるよさがあった」といい、「生まれ変わっても同じ人と結婚したい」という人が多くいます。

逆に、理想に限りなく近い人に出会い、晴れて結婚をしたのに、短い婚姻期間で別々の道を歩くことになる人もいます。そして多くの場合、次に求めるパートナーの条件は最初のものと大きく変わっています。

つまり私たちが思い描く「理想のパートナー像」は、本当に自分がを幸せになれる条件ではなく、あくまでも頭で考える理想にすぎないということです。

まずはここを正しく理解しなければ、正しい出会いができなくなるので注意してください。

条件を項目別に書き出してみる

では具体的な条件の決め方をお伝えします。

まず今思い描いている条件を整理してみます。

条件として上がるものの多くは以下です。

・年収と職業

・学歴

・年齢

・容姿

・生活環境

・性格や価値観

まずは一度、思い描く条件を紙に書きだしてみてください。ここでポイントなるのは「理想条件」ではなく、「これは譲れない」という条件です。

条件に優先順位をつける。高望みすぎは苦戦する

次に先に書いた条件を改めて見直し、優先順位をつけていきます。

「全部譲れない」という方はそれでもかまいませんが、婚活に苦戦するのはご理解ください。もちろん何を優先するのかは人それぞれです。正解はありませんし、「これがいい」というものもありません。すべては自分自身で決めることです。

パートナー候補たちも同じように条件を持っています。高い条件でも、それに合致する人は世の中に存在すると思います。

でもそうゆう人が、あなたを選ぶか?という視点を無視することはできません。自分が選んだ人が、あなたを選んでこその結婚です。

自己評価を低くして、譲歩しすぎる必要はありませんが、条件を厳しくすればするほど合致する人が減り、あなたが選ばれる可能性も低くなることを知っておいてください。

条件に近い人に出会うコツ。条件を3カテゴリに分けてみる

どんな条件ができたでしょうか?

ここからは、その条件に近い人に出会うコツをお伝えします。

あなたが書きだした条件は大きく分けて3種類あるはずです。

  • 年収や身長、年齢のように「数値化」できるもの
  • 喫煙不可、大卒以上、初婚など、「YES」「NO」で答えられるもの
  • 「優しい人」「話がおもしろい人」など、言葉で表現するもの

この3つに分けて考えていきます。

数値化できるものは、少し条件を下げて探す

数値化できるものはとても分かりやすいのですが、その条件に少しでも満たないと対象外となり、存在を知ることすらありません。

「年収600万円以上」としてしまうと「年収599万円」の人は対象外とされてしまい、他の条件が完璧でも出会えません。

しかも「年収600万円以上」と明記すると、それを目にした人は「かろうじて600万あるけど、ギリギリだから難しいだろうな」と思います。

条件を付ける方とそれを見る方では印象が変わるのです。

このギャップを埋めるために、数値化できるものは思い描く条件より少し下げて明記するのが賢いやり方です。

どうしてもダメなもの以外は、とりあえずOKにする

「YES」「NO」で答えられるものは、つい条件を厳しくしてしまいがちです。

その理由は、「どちらかというとNO」のものも、「NO」と答えるしかないからです。

つまり、「絶対イヤ」というものも「できればイヤ」というものも同じ「NO」になってしまいます。

「喫煙」「非喫煙」「こだわらない」という回答欄があると、多くの人は「非喫煙」にチェックを入れます。

でも実際には、「においもイヤだから、絶対に非喫煙」という人もいれば、「私の前で吸わなければいいや」という人もいると思います。

後者の場合、「非喫煙」にしてしまうのは、ただ条件を狭めてしまうだけなので、「こだわらない」にするべきです。

特に喫煙に関しては、「今までは気にしてなかったけど、パートナーが望まないなら禁煙する」という人も多くいますし、「子供ができたら吸わない」という人もいます。

最初から「非喫煙」にすると、こういった人との出会いもないことになります。

むやみに条件を厳しくしないためには、どうしてもダメなもの以外は、ひとまずOKにすることをオススメします。細かい条件は、実際に会ってから2人で決めていけばいいことです。

言葉で表現する条件は思い切って切り捨てる

最後に言葉で表現する項目です。これは伝え方が難しく、何とか伝えたいとの思いから詳細に書いてしまう人がいるのですが、できればシンプルかつ少なく表記するにとどめます。

例えば「優しい人」と言っても、何を基準に優しいと判断するのかは人によって違います。

何をするにも「君はどうしたい?」と聞いてくれ、主導権を持たせてくれる人を優しいと思う人もいれば、それを「ただの優柔不断」と感じてしまう人もいます。

普段はドライな話し方をする男性が、何も言わずに重い荷物を率先して持ってくれたり、道路を歩くときにそっと道路側を歩いてくれたりすることを優しいと感じる人もいます。でも優しい話し方をしないと優しいと思わない女性もいます。

つまり「優しい人」と書いてもあまり意味はないということになります。実際に会ってみなくては判断がつかないことは、キッパリと切り捨ててみるも得策です。