お見合い数は写真次第。ポイントを抑えて、魅力的な自分を表現

誰もが気になる容姿。あまり自信のない人でも、ちょっとしたコツを抑えることでガラリと印象を変える写真になります。

特に年齢高めの女性は、プロに撮影してもらうことで魅力あふれる大人の女性に。ここでは結婚相談所でウケのいい写真の撮り方を伝授します。

こだわりがない人でも容姿の好き嫌いがある

結婚相手に求める条件のひとつに容姿があります。

これは美男・美女でなければならないという意味ではありません。

「好きな容姿」か、逆に「生理的に受け付けない容姿」かという判断です。

結婚すれば、毎日顔を合わせることになります。どんなに他の条件がよくても、相性があわない容姿であるならば、幸せな毎日は送れません。

「容姿にこだわりはありません」という人でも、どうしても好きになれない容姿というものがあるものです。

どんなに美人でも、イケメンでも、「このタイプの顔はいや」という人が存在します。会ってみてから、「これはダメだ」とならないために、写真はとても重要なアイテムとなります。

結婚相談所にむかない写真もたくさんある

多くの結婚相談所では、バストアップ(胸から上)の写真の提出を求められます。全身写真など、数点の写真を必要とするところもあります。

これらは持ち込みの写真の使用も認めていることがほとんどですが、中には驚くようなものを持ってくる人がいます。

例えば何年も前に撮影した写真。思わず「ご本人ですか?」と聞いてしまいそうなほど昔のものを持ってくる人もいます。

また、いわゆるお見合い写真用に撮影した振り袖やドレスの写真を持ってくる人もいますが、これらは結婚相談所ではあまりウケがよくないので注意したいものです。

逆に、旅行先や自宅で撮影したスナップを持ってくる人もいます。

ひとりの写真だけを見るのであれば、それでも問題はないのですが、結婚相談所では他の何人かの方の写真も一緒に目にすることがほとんどです。そうなると見劣りしてしまい、「あまり婚活に一生懸命ではない」と思われることもあります。

さらに驚くのは、ケータイでの自撮り写真を持ってくる人です。「自撮りが一番かわいい」というのですが、実物と差があることも多く、あまりいい結果にはなりません。また常識を疑う人もいるので、これは絶対に避けるべきものです。

プロに撮影してもらえば、魅力的な写真になる

プロフィールに使用する写真は、写真館などで撮影することをオススメします。

結婚相談所には契約カメラマンがいたり、割引ができる写真館があったりするところも多いので、一度聞いてみるのがいいでしょう。

予備知識ですが、家族写真を中心に撮影している街の写真館よりも、役者さんやモデルさん用の宣材写真を撮影しているスタジオの方が、魅力を引き出した写真を撮ってくれます。家族写真はまじめな表情の写真を撮るのがメインですが、後者は笑顔や動きのある写真を撮る機会が多いため、表情を和らげて自然に笑顔を作らせるカメラマンのテクニックを持っているからです。

後者のスタジオでも価格はそんなに変わらないことも多いので、一度探してみるといいかもしれません。

35歳以上の女性は、ヘアメイクをつけてもらうのもポイント

女性の場合は、「ヘアメイクをつけますか?」と聞かれることがあります。

できれば35歳をすぎた女性は、プロによるメイクをしてもらってください。

写真では素肌感(透明感)がしっかりと写ります。よほどベースメイクが上手なら別ですが、普通の人は、普段のままでは素肌がくすみがちになり、しっかりメイクをすればするほど厚化粧な印象が増してしまいます。その点プロは、写真写りを最優先に考えたメイクをしてくれるので安心です。ナチュラルメイクに仕上げてもらうこともできるので、好みの仕上がりを伝えてください。

若い女性やメイクがうまい方、また男性の方など、プロによるメイクが必要ない方も、ヘアは整えてもらってください。男性であれば撮影の前に散髪をしヒゲをそってもらうと、随分と印象が変わります。女性は服装にあったヘアスタイルにセットしてもらって、魅力をアップしてください。

男性はちょっとオシャレに、女性はふんわりかわいい服装を

服装について特にルールがあるわけではありませんが、常識の範囲で言うならば、オフィスカジュアルからスーツまでがベストです。

男性でオシャレに自信がない人は、スーツを着用するのが無難です。薄い色のついたシャツに、水玉やストライプなど、何色かの色が入ったネクタイをします。派手な柄ものは避けるほうがいいでしょう。そして明るめのポケットチーフを忍ばせます。これからはスーツ販売店に行くとコーディネートしてくれるので、そのままの組み合わせで利用するのがいいでしょう。

女性は紺や茶などの暗い色は避け、明るい色合いの服装を選びます。ピンク色は肌色がくすんで見えたり、色の薄い服は印象がぼやけたり、太って見えたりすると言われています。ただ色以外にも、ディテールやヘアスタイルとの関係も印象に大きく影響するので、あまり神経質になりすぎる必要はありません。

気にすべきなのは、男性が女性らしいと感じるかどうかです。花柄やふんわりした素材感のブラウスを着たり、スカーフを効果的に使ったりします。季節感としては、春に着るような華やかさと軽さがベストです。

表情はふんわりとした笑顔を目指す

表情は軽い笑顔が一番です。一般的に「ニッコリ」と言われるものですが、自分ではにっこりしているつもりでも、実は表情はまったく変わっていないということも多いものです。鏡の前で練習してみましょう。

その際、目は細めないのもポイントです。目力はとても重要なものですので、目で笑うのではなく、口角を緩めて口元で笑うようにするといいでしょう。

男性の中には、「笑顔はムリ」と言ってキメ顔で映ろうとする人もいますが、ただの無表情で怖い印象を与えてしまいますので、“やや笑顔”を心がけてください。