平日休みの彼女をデートに誘うなら中洲のランチはどうでしょう?

サービス業や接客業に従事されている方は、基本的に土曜日、日曜日は出社で、休日は平日ではないでしょうか?

同じ職場に気になる彼女がいて、休日が偶然に重なることがあれば、千載一遇のチャンスだと思って、頑張って中洲のランチデートに誘ってみてはいかがでしょう!

次の日のことを考えると平日はランチデートが誘いやすいかも

平日お休みの方の特権の1つは、土日なら混雑するランチやショッピングをゆっくり楽しむことができることです。

ランチも13:00までは混みますから、少しだけ時間帯をずらして13:15くらいから入店するとゆっくりとランチが楽しめます。

平日のお休みって連休ではなく1日だけだったりしますので、初めて誘う場合は、ランチだけで現地解散にしてあげると彼女の負担にもなりませんよね。

どうして中洲なの?理由はアクセスと解散後のことも考えてのこと

1327_2

中洲といえば、夜の歓楽街というイメージがありますけど、天神や博多が近いため、昼間もビジネスマンやOL、行き交う車で賑わっています。

しかも、博多や天神からワンコイン(100円)でバス移動ができる好立地です。中洲であれば、解散後に天神やキャナルシティなど買い物にも行きやすく、立地的に飲食店の激戦区ですから名店が多いのもわかっていると思うのでOKがもらえる可能性も高いでしょう。

中洲といっても、今回ご紹介したいのは、あの中洲大通りの「夜のお店」が多数ある場所ではなく、博多座や博多リバレインがある川端界隈のほうです。

博多リバレインには、福岡アジア美術館やアンパンマンミュージアムが入っているほか大塚家具などもあり、ランチの後、誘ってみてOKであれば非日常的な空間を一緒に楽しむのもアリだと思います。

アルコールも楽しめるブリティッシュパブのランチ

1327_3

今回、ランチのおすすめとしてご紹介するのが、ブリティッシュパブ モーリス ヒッポ(MORRIS’ HIPPO 博多リバレイン店)です。

MORRISは、博多リバレインのほか、大名にも2店舗を構える人気のブリティッシュパブです。

11:30~15:00まで、チキングリルプレート(写真)や半熟卵のタコライス、ギネスカレー、フィッシュ&チップス &世界の樽生ビールなどアルコールも提供されています。価格帯も650円~で、プラス100円でセットドリンクも付きます。

ただ、食事ができるだけではなく、屋外テラスにも席があり、川の景色と風を楽しむことができます。

ランチを食べ終わっても、ドリンクなどを注文可能なので、15:00まではゆっくりとできますよね。

もし、ランチタイムでのデートが難しそうでも、17:00~19:00までハッピーアワーが設けられているので、次の日が仕事であれば、早めにお酒と軽食をとって解散するのも良いかもしれません。

ランチの時間帯はちょっと…って言われてもあきらめずにハッピーアワーの時間帯で誘ってみてくださいね。

入店したら、まずはカウンターに!

なお、ブリティッシュパブらしく、本場イギリスでは主流の「キャッシュオンデリバリーシステム」を採用しているので、入店して、すぐ右側にあるカウンターで、注文、会計をして、その場でドリンクをもらってくださいね。

初めて行かれる方は、彼女にスマートさをアピールできるよう、まずはカウンターに行くということだけを覚えておいてほしいです!

店舗詳細

ブリティッシュパブ モーリス ヒッポ
福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン1F
092-282-3912
営業時間
月~木・日 11:00~翌1:00(ランチ 11:00~15:00)
金・土・祝前日 11:00~翌2:00(ランチ 11:00~15:00)