パワースポットデート!山ガール・風水ガールを誘って香椎宮に行こう!

国道3号線を北九州方面に走っていると、千早を過ぎたあたりから右側に、ヤマダ電機とロイヤルホストが見えてきます。

ロイヤルホストの前の交差点を右折すると、休日や夕方になると渋滞をすることで有名な香椎参道に入っていきます。

JR線の踏切を超えてしばらく走ると左側に香椎宮が見えてきます。

香椎宮のご紹介…天皇家ゆかりの官幣大社

1392_1

現在の福岡市東部の中心部といえば、千早エリアですよね。

実を言うと、一昔前までは、JR香椎駅前の香椎セピア通り、香椎みゆき通りなど、いわゆる香椎駅前エリアが福岡市東部で一番栄えていました。

ダイエー香椎店などの閉店とJR千早駅の開業、イオンモール香椎浜の開業、JR香椎駅前の再開発工事などの影響で、人の流れが変わりましたが、香椎参道と香椎宮近辺は昔より閑静な佇まいであることは変わらず、地元の方の散策や参詣スポットとして現在も親しまれています。

香椎宮は、仲哀天皇、神功皇后を祀り、応神天皇、住吉大神を配祀する天皇家ゆかりの官幣大社で、毎年、勅祭も開催されています。

1392_3

また、国の重要文化財にも指定されています。本殿挙式にて結婚式を行うカップルも多いようです。

気になる彼女が、山ガール(散策が好き)・風水ガール(パワースポットが好き)のようでしたら、香椎宮デートに誘ってみてはいかがでしょう!

香椎宮では、最低限抑えていただきたいスポットがありますので、2つほどご紹介しますね。まずは、神木でもある綾杉です。本殿の中門前にあります。

次に不老水です。不老水は、不老長寿に効くと言い伝えられ、日本の名水百選にも選ばれた霊泉です。現在は、水質が劣り、煮沸しなければ飲用に向かないとされていますが、現在も神聖な場所として大切にされています。

そのほかにも、香椎宮には、つつじ苑があり、たくさんのツツジが開花します。見頃は4月末から5月中旬とされています。

また、菖蒲池があり、一面にハナショウブが開花します。見頃は6月上旬だとされています。晴れた日の午前中からお昼過ぎあたりが散策にちょうど良い時間帯ではないでしょうか。

1392_4

香椎宮の散策を終えて、小腹がすいたようであれば、車で10分程度の距離にレストランハローがあります。

そこで食事をされることをおすすめします。北九州方面に戻られる方は一旦、国道495号線に入りJR九産大前駅の駅舎を過ぎたあたり左側に唐原店(昔からある老舗です)が、天神方面の方は、香椎参道をロイヤルホストのあった国道3号線まで戻り、香椎スポーツガーデン(スポガ)の中に千早店があります。

もともとは、学生対象のレストランでしたが、ボリュームがあり、多彩なメニューが取り揃えてあることから人気があります。女子が一人で入るには少し抵抗があると思いますので、デートなどの機会で一度は食べてみたかったといわれる可能性は高いです。

ドライブデートであれば、千早店のほうが、比較的、新しくて店舗も駐車場も広いので、デート向きの雰囲気を優先されるのであれば、そちらのほうが良いかもしれません。