絶景・海洋生物にホッコリ!湘南屈指の「癒し系」新江ノ島水族館

江の島や富士山を望める、1日いても飽きないロケーション

新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)は、湘南生まれ&育ちの筆者が特に自信を持っておススメしたいデートスポットです。

何が素晴らしいかって、ずばり「癒される」ところ。まずロケーションが最高です。目の前に凛としてそびえる江の島と相模湾の大海原、西に目を向ければ富士山の絶景!

さらに潮の香り、波の音も相まってホッコリ気分にさせてくれること請け合いです。周辺の国道134号線海側で、常時この景色を建物2階から眺められる施設はここだけでしょう。

enosui01

夕陽と富士山のコラボもまた格別。極端な話、海洋生物を見学しなくても1日ここでボーっとくつろいでいるだけで大満足みたいな雰囲気さえ漂っています。

水族館の関係者によると、実際そんなカップルも少なくないとか。せっかくの湘南デート、ほかにも見どころいっぱいですが、「1日水族館でマッタリ」というのもアリですね!

思わず感情移入!魚の迫力、クラゲの無気力

enosui04

もちろん景色だけでなく、水族館本来の機能からも「癒し」が伝わってきます。

圧巻は、相模湾に生息する魚たちを一堂に介した「相模湾大水槽」。高さ9m、水深6.5m、水量1000tの巨大水槽には約90種類、2万匹の海洋生物がいるそうで、彼らが雄大に泳ぐ姿は迫力満点!

一方、一糸乱さず健気に群れをなす姿(特にマイワシ)を眺めていると、愛らしく、ついつい感情移入してしまい、まるで自分も海の中を泳いでいるかのような錯覚というか爽快感を味わえるから不思議です。

「できるだけ自然に近い環境に」ということで水槽では絶えず波を発生させているそうですが、岩場に当たる波の音が、さらなる心地よさ&臨場感を演出するBGMのようでステキです。

また、意外にもいい味を出しているのがクラゲです。「クラゲファンタジーホール」なるコーナーでは、ムーディーなブルーの照明でライトアップされた空間に多数の水槽を配備。そこで約30種類のクラゲが無気力かつ幻想的にフワフワと舞っている姿を鑑賞することができ、これまた宇宙を浮遊しているような感覚にさせてくれて楽しめます。

このコーナーにいる子どもたちも、さすがにムーディーな雰囲気を察してか妙にヒッソリ、静かにしてくれるので助かります。

全てが絵になる絶景のイルカショー

enosui05

そのほか、イルカショースタジアムで行われる各種ショーも見逃せません。正直、ショーの内容そのものは「まあまあ」という印象。

enosui08

しかし、開放的なスタジアム、そしてその背後にある江の島、相模湾、富士山の絶景が素晴らしいから、どの角度からショーを見ても全てが絵になります。

失礼ながら、借景によって「最高のショー」へとプロデュースした技量には脱帽!このショー、必見です。

楽しく選べるニッチな土産、普通の土産

enosui07

水族館を満喫したあと、最後におススメしたいのがお土産コーナー。特筆すべきは、販売しているモノがマニア向けというか、ニッチな趣味を持つ人向けというか、そういうお土産が比較的多いことです。

深海生物のフィギアとか、タオルとか。老若男女から大人気だそうで、お土産選びにも熱が入りそう。もちろん、ごく普通のお土産も売っているのでご安心を!ちなみにカップル向けのペア・キーホルダーなんかも販売されていて、人気があるそうです。

以上、ホッコリ気分を求めて、ぜひ新江ノ島水族館へ行ってみてはいかがでしょうか。