夏は海水浴、冬はロマンを満喫できる片瀬西浜・鵠沼海水浴場

夏の海といえばここ!いつでも行きたくなる海水浴場

片瀬西浜・鵠沼海水浴場(神奈川県藤沢市)は、砂浜の長さ東西1.5kmにおよぶ及ぶ広々とした遠浅の海水浴場。 beach1

年間の人出が300万人を超える日本最大級のスケールを誇ります。誰が言い始めたか知りませんけど「東洋のマイアミビーチ」なるフレーズもあり、海水浴シーズンになるとカラフルなパラソルや流行の水着が咲き乱れる風景が「湘南の風物詩」として多数のメディアに取り上げられます。

このビーチから徒歩10分のところに住んでいる地元出身の筆者も、見慣れた海なのに、テレビや雑誌で紹介されているのを見ると本能的に「行きたい!」と思ってしまいます。

beach2

というように人を惹きつけるパワーを秘めているのが、この海の特徴ではないでしょうか。

なんと言ってもロケーション!非日常感を味わえます

beach3

海水はお世辞にもキレイとは言えません。近場なら葉山や小田原の海のほうがよっぽと澄んでいます。

にもかかわらず、海水浴場としてこれほど多くの人でにぎわう理由は、都心からのアクセスがよい、おしゃれな海の家が多い、他の遊び場が周辺に多いなど多数あると思いますが、最大の要因はロケーションが素晴らしいからでしょう。

ビーチから正面を眺めれば大海原と江の島。右を向けば、はるか遠くに伊豆半島と富士山を拝める風景は、非日常感を味わわせてくれるのにもってこい。

潮風、波音も合わせてヒーリング効果を得られやすい環境であることは間違いありません。

beach-summer2

筆者もリフレッシュしたいときによく一人でビーチを散歩しますが、癒されて気持ちが高揚するためか、すれ違う人に挨拶をしたり、落ちているゴミを拾ったり、そんな人間力まで高めてくれるか!と自身にツッコミを入れたくなるほど心を落ち着かせてくれるから不思議です。

筆者が高校時代のデート先は、もっぱらこの海でした。ただ海をボーっと眺めながら会話する時間が、とてつもなく楽しかった思い出があります。

一発キメたい場面なら、ひと気のない冬ビーチがおススメ!

beach-winter

海水浴以外なら、冬がおススメ。まず、夏に比べて極端にひと気がなく、落ち着いた空間を提供してくれます。

より親密にプラトニックなラブを堪能したいというカップルなら、ぜひ冬場に行きましょう。

冬がおススメの理由はもう1つ、より素晴らしい景色を眺められるから。特に晴天の日は、雪化粧した富士山と海のコラボが最高です。

富士山の背後に沈む夕陽の美しさもまた格別で、このシチュエーションで何かをすれば、たいていサマになります。

yuuhi

以前、筆者が散歩中、夕陽のなかプロポーズをしていると思われるカップル(男性が女性に指輪を渡していた)を目撃したことも。

とにかくロマンチックな演出にこだわりたいという人はぜひ、使えると思います!ただし、天気予報には注意しましょう。