婚活ではムリなオシャレはしなくてOK!無難さと清潔感があれば100点満点!

男性は服装に無頓着な人も多くいます。そのためお見合いの日に、「そんなひどい恰好で来るの?」という人と、「そこまで頑張らなくても…」という人が増えてしまいます。

ここでは、お見合いの日に女性に好印象を与える服装や身だしなみについて考えます。

オシャレさんは女性ウケがいい服を選び、そうでない人はきっちり対策を立てる

普段からオシャレに気を遣っている男性は、気を付けるべき点はただひとつです。

女性ウケが一番いいと思う服装を選んでください。それが個性的過ぎるとしても、それがあなた自身なのですから、必要以上にこびる服装を選ぶ必要はありません。

あなたらしさをそのまま受け入れてくれる女性を選ぶためにも、好きなオシャレを楽しめばいいと思います。

 

ではあまりオシャレに自信がない男性はどうすればいいのでしょうか?

服装や身だしなみは第一印象に大きく関係し、ここで「ダメ!」と思われると、取り返しがつかないことがほとんどです。出だしからマイナスにならないために、十分に気をつけましょう。

男性のダメな服装のパターンは主に2つです。

「そんなひどい恰好で来るの?」

という人と、

「そこまで頑張らなくても…」

という人です。それぞれに見ていきましょう。

TPOを考えない無神経すぎる服装は女性に失礼

服装に無頓着な人の中には、TPOを考えない(考えられない)人が多くいます。

過去に何かの行事で出かけ、「そんな恰好で来たの?」と言われたことがある人は要注意です。

お見合いの場に、女性はかなりのオシャレをしてきます。無頓着な男性にはわかりにくいかもしれませんが、服装はもちろん、メイクや髪型にも気を遣い、時間をかけてオシャレをしてきます。

そのために男性が薄汚れた服装で現れたのではいい気はしません。

「俺らしいから」と言って作業着でレストランに来る男性もいるのですが、それは女性に対して失礼にあたるのでやめてください。

お見合いに身だしなみを整えるのは、最低限のマナーです。

がんばりすぎが裏目に出る人も多い。加減を考える

逆のパターンもあります。「がんばってやりすぎる」タイプです。

過去には、黒い皮のライダースジャケットに皮パンツ、白いマフラーを友人に借りてきてしまった人や、学生時代に着ていたという肩パットの大きいダブルのスーツに大判のスカーフを巻いてきた人、友人の結婚式に列席した時の大ぶりなコサージュを胸に付けてきた人、新品の先のとがった革靴をはいたら靴づれができ、途中から裸足で歩いた人など、かなり“ハイレベル”な話をよく耳にします。

このケースは普段の無頓着さゆえに加減が分からず、やりすぎてしまったのが原因。

気持ちはわかるのですが、“過ぎたるは及ばざるがごとし”ともいいます。

やりすぎるなら、やらない方がいいほどのこともありますので注意しましょう。

目指すは無難。目立つことはなにひとつしなくていい

オシャレに自信がない人は、とにかく“無難”を目指します。ごく普通のビジネススーツに白か薄い色のシャツ、無難なネクタイをします。

スーツの量販店でもコーディネートしてくれるので、一式買い揃えてそのまま着てくるのがベストかもしれません。

シャツはボタンダウンのものや、白でもステッチに色糸を使ったものなど、ちょっとこじゃれたイメージのものがありますので、スタッフと相談しながら選んでください。奇抜なものを選ぶ必要はありません。

「デートに」というと、「ネクタイではなくスカーフをシャツの下に巻くのがいいですよ」と勧めてくれるところもありますが、慣れない人は首元がぐちゃぐちゃになるだけで難しいので、自信がなければ普通のネクタイで十分です。蝶タイも似合う人と似合わない人がいるので気をつけます。

ビジネス用ではないので、ポケットチーフを忍ばせます。これも一緒にコーディネートしてくれます。まちがっても普通のハンカチを入れないように。ネクタイピンも忘れず使用します。

意外に盲点なのがカバンです。適当なものがない人は、一緒に購入してください。高いものである必要はありません。

最高のオシャレは清潔感。キレイな服で無臭が一番

そして忘れてはいけないのが「清潔感」です。これにまさるオシャレはありません。

スーツやシャツにシワがないのはもちろん、靴はしっかり磨いておきます。ポケットにはアイロンをかけたハンカチを入れ、すぐに出せるようにしておきます。

カバンの中には余計なものを入れず、最低限のもののみを整理して入れます。ケータイが肌の脂で薄汚れている人はキレイに拭いておきましょう。

バッチリとスーツを着ても、肩にフケが落ちていたのでは意味がありません。

しっかり洗髪しておくのはもちろんですが、待ち合わせの前に念のためはたいておきます。整髪料を使うときは、香りの強いものは避けます。特にポマードは女性ウケが悪いので使用は厳禁です。

夏場など汗のにおいが気になるときは、香水やオーデコロンでごまかすのではなく、無香料の制汗剤を使います。実は汗がにおいやすいのは、汗をかきはじめる春から初夏にかけてです。この時期から夏場同様に気にかけます。

仕事を終えてから会うときは、トイレなどに行き、制汗剤のついたボディペーパー(ボディ用のウエットティッシュ)を使って汗を拭くのもいい心がけです。においは自分では気づきにくいので、十分に注意してください。

女性が一番気にするのは、オシャレさよりも清潔感。これに勝るオシャレはありません。それを忘れず当日を迎えてください。