婚活はワンピースとナチュラルメイク・ハンドバッグがお見合いの基本

気合いを入れてしまいがちなメイクや服装ですが、男女の感覚の差は大きなものがあり、一歩間違えると嫌悪感を持たれることにつながります。

あくまでのナチュラルに、そしてさりげなく女性らしさをアピールできたらベストです。

スカートは必須。でも一番大切なのは似合っていること

お見合いの日の女性は気合いも入り、自分の魅力が一番に発揮できるように様々な工夫をすることと思います。

「どんな服を着ればいいの?」

とよく聞かれますが、

「男性ウケがいいのはワンピースですよ」とか、「ふんわりした質感の服装が女性らしいです」「小さ目の花柄が好まれます」などと答えています。

ポイントを伝えるなら、女性らしい服装をすること。

そして女性らしいとは、男性にはない服装ということです。

だからスカートは必須。ワンピースは男性の服装にはないアイテムなので、うけがいいのだと思います。

とはいえ一番大切なのは、その人に似合っていることかもしれません。

ここではお見合いの日に女性が気を付ける服装やメイクについて説明していきます。

オフィスカジュアルくらいの服装がベスト

服装のレベル感は“オフィスカジュアル”くらいを目指します。男性がスーツで現れているのに、女性がGパンにスニーカーでは不釣り合いです。

連れて行かれたレストランにドレスコードがあることもあります。何より、男性は常識的な女性を結婚相手に選びたいと思っています。だからオフィスカジュアルがちょうどよいレベル感になります。

デートの定番アイテムはワンピースを言われています。それが難しくてもスカートをはいてください。

「普段はパンツしかはかないから足を出したくない」という人は、ロングスカートという選択やひざ下丈のスカートにロングブーツをはくという方法もあります。ただしレギンスとカラータイツは男性ウケがよくないので避ける方が無難です。

靴は歩きやすいものを。かかとのケアも忘れずに

ムリをしてはき慣れないヒールを履く人がいますが、ガニ股になって魅力が半減してしまいます。

お見合いの日にどれくらい歩くのか分かりませんので、無理はしないのが一番。ペタンコの靴でもかわいいものはたくさんあるので、ヒールにこだわらないようにしましょう。

ミュール(かかとのストラップなどがないもの)を履くと、階段やちょっとしたときに脱げてしまうこともあるので、ストラップがサンダルなどを履きます。

意外に気にしていない女性も多いのですが、かかとが見える靴を履くのであれば、かかとのケアも忘れずに。ガサガサになっているのは見ていて気持ちいいものではありません。

気になるときは、ストッキングなどを履くようにします。

日傘はNG。帽子は脱いだ後のことも考えて

日焼けを気にして、屋外では常に日傘をさす人も増えていますが、無用な距離が空いてしまうのと、身長差の関係で、傘の先が男性の顔にあたってしまうこともあります。

できれば日傘は利用せず、日焼け止めをたっぷりぬったり帽子をかぶったりすることでカバーしてください。

帽子は極端にツバが大きいものは目立ってしまいます。またレストランなどに入った時、置き場が必ずあるとは限りませんので、手ごろな大きさのものを選びます。

そして注意したのは、脱いだ時に中にファンデーションがべったりついているのを見られてしまうこと。男性がげんなりしてしまう原因のひとつですので、十分に注意してください。

ハンドバッグは男性の憧れ?財布は中身の整理を

仕事が帰りであれば大きなバッグもありですが、休日に会うときは、ハンドバッグが好まれます。

中はキッチリ整理し、ケータイが鳴った時などにあたふたしないでいいようにしておきます。

小物はポーチにいれて整理しているだけでも女性らしいと思う男性が多いようです。

意外に盲点なのが財布です。

どんな財布でもいいのですが、レシートが大量に入って乱雑な印象を与えることがないように、余計なものは家においていきましょう。

どちらもブランド品を持つ必要はありません。

ブランド品を持っているということは、結婚後もねだられてお金がかかるという印象を持つ人がいますので、ノーブランドで十分です。

ナチュラルメイクと控えめネイルが好印象のポイント

当日はとても気合いを入れてメイクをすると思いますが、やりすぎは禁物です。男性はバッチリメイクよりもナチュラルメイクに好感を持つ人が多いもの。

透明感のある仕上がりを心がけましょう。特にやりすぎのアイメイクには嫌悪感を持つ人が多いので、太めのアイラインや仰々しいつけまつげは避けます。

ネイルも同様です。ストーンがついているなどやりすぎのものは、

「家事ができなさそう」

「洗い物とかやってないんだな」

と思われてしまうので、やるにしても控えめに。

ネイルやっていても家事はできるという現実は、女性でも知らない人がたくさんいます。

長さも短めにしておきます。ちなみに一番ウケがいいのは、マニキュアもないツヤツヤ爪だそうです。

ついやりすぎてしまうのが香水の類です。自分では気合いを入れて多めにつけてしまいがちですが、自分ではいい香りでも、慣れない人には強い香りは不快以外のなにものでもありません。

さらに複数の香りが混ざると食事ものどを通らなくなります。そんな人と結婚したいとはなかなか思わないでしょう。

男性が好むのは、「ふとした時に感じるいい香り」です。服の柔軟剤の香りやシャンプーの残り香の程度で十分です。