結婚相談所で会話に工夫をすれば2回目のデートに誘いやすくなる

はじめて会うお見合いで相手のことが気に入れば、次のデートの約束をします。

これはできるだけお見合いの日に伝えておく方がいいのですが、なかなか言い出せなかったり、強引になってしまったりします。ここではできるだけスマートに次のデートの約束を切り出す方法を考えます。

次回のデートを確実にするには、会話の中で準備をしておく

お見合いは、はじめてパートナー候補と会う機会です。ここでいろいろな話をしながら、また会いたい人かどうかを判断します。

ここで再開を望むときは、お見合いの中で伝えるのがベストです。もちろん会ってすぐに言うのは節操がない人だと思われてしまいます。

 

最良のタイミングは別れ際。

でもここで突然言うのはなかなか勇気がいるものです。

「断られたらどうしよう」

「自信がない」

そんなマイナスな感情を持ちながら、「言わなくては!」と焦ってしまうと、次回に続く別れをすることができなくなります。

そこでお見合時に相手がスムーズに「YES」と言えるような環境を作っておきます

自分の行為をさりげなく何度も伝えておく

では具体的な方法です

お見合い中に相手の気持ちはわかりません。気に入ってくれたかどうかわからない相手に気持ちを聞くことはできませんが、ひとつできることがあります。

それは自分の気持ちを伝えることです。あまりにストレートに伝えると相手が引いてしまうので、さりげなく伝えることがポイントとなります。

 

例えば男性の場合

相手のスマフォカバーを見て、「かわいいカバーですね。いや~、そうゆう感じの好きなんですよ」

食事時にみせた気遣いに対して、「気が利くんですね。そうゆう女性、とてもステキだと思います」

直接「好きです」と言えない人は多いと思いますが、行為や物をほめたり、好きだというのであれば、やりやすいと思います。

女性の場合

会話の中で、「そうゆう考え方好きです」等と伝えるほかに、「今日はとても楽しいです」「とても幸せな時間です」と伝えるのも効果的です。

男性がリードするのが理想的なスタイルですから、相手に満足を伝えることが最高のほめ言葉になるからです。

会話をしながらデートのイメージを持ってもらう

次に、デートのイメージを共有するような会話を心がけます。

映画が好きという話になれば、「今公開中の気になる映画ありますか?」と聞き、「○○です」と答えたら、「じゃぁ、ぜひ一緒に見に行きましょう」と伝えます。

食事中であれば、「何系の料理が好きですか?」「イタリアンとか好きです」「じゃぁ美味しいイタリアンの店がこの近くにあるので、次回はそこにいきましょう」

あまり詳しいジャンルではない場合も、「○○が好きなんですね。私はよく知らないので、次に会った時に、いろいろ教えてくださいよ」と伝えればいいでしょう。

ポイントとなるのは、相手の返事を待たないことです。

ここでは相手にデートのイメージを持ってもらうことが目的なので、「本当に行ってくれますよね?」とか、「いつにしますか?」等、プレッシャーになることは禁句です。

でも相手が、「いつにしますか?」とか、「次の週末なら空いてますよ」などと言ってきたら、すかさず約束してしまいましょう。

確約のYESをもらうかどうかは、相手の雰囲気で判断

お見合いの日に、また会いたい気持ちを伝えるのはとても大切なことです。お見合い中に何度も伝えた場合でも、別れ際に再度改めて伝えます。

会話の中で何度も気に入ったことを伝え、デートのイメージを持ってもらえていれば、伝えやすくなっているはずです。勇気を出してしっかり伝えましょう。

ただし相手に、その場で必ず返事をもらう必要はありません。相手もあなたを気に入っているのであれば、「ぜひ」と答えると思います。

でも少しでも迷いがある場合、答えを急ぐと「NO」といってしまう人が多くいます。ですので、ムリに返事はもらいません。

 

「次回は映画に行きましょうね」

「イタリアンを楽しみにしています」

お見合い中の会話を思いだし、再会を望んでいることをしっかり伝えた後、迷っているそぶりがあれば

「返事は今じゃなくていいですよ。メッセージ待ってますから」

とスムーズに言ってください。

すぐにでも返事を聞きたい気持ちは分かりますが、相手のペースにあわせる姿勢を見せることで優しさや相手を尊重する気持ちを伝えることにつながります。焦る気持ちをグッと抑えて笑顔で別れてください。

最後のダメ押しが必勝ポイント!

お見合いが終わっても、ホッとしてはいけません。

「家に帰りつくまでが遠足」と同じく、帰宅までがお見合いだと思ってください。

帰りの電車の中など、できるだけ早いタイミングでメッセージを送ります。伝えるのは会ってもらったお礼と次回への期待をシンプルに。

「今日はありがとうございました。とても楽しい時間でした。また次回会ってもらえるとうれしいです。ではおやすみなさい」

くどくどとした長いメッセージは好まれません。短くシンプルにして余韻を残すくらいが、最良の答えにつながるテクニックです。余韻が次のデートにつながります。