札幌時計台 観光地としても有名な時計台

時計台の前で二人の時を刻む…観光地としてだけではない魅力

観光地としても有名な時計台

札幌市と言えば、大通公園と時計台。

そんなイメージがあるほどに、時計台は有名な観光地となっています。

今では、外国からも観光客を集めるほどになった時計台ですが、実はデートにもおすすめのスポットなんです。

といいますのも、時計はときを刻むものですよね。

あなたと彼女(彼氏)との将来を想像してみてください…

二人は、いつもリビングの同じ時計を見て過ごし、同じ時を共に過ごします。

今、二人で時計台を眺めるというのは非常に縁起の良いことだと思いませんか?

しかも、時計台は現在から130年以上前に作られた国指定重要文化財です。

長い間、時を刻んできた時計台は、カップルにピッタリな場所ともいえますよね。

1617_2

時計台を眺めながら

「これから先も、同じ時計を見て生きて行こうね」

なんて最高の言葉ではないでしょうか。

時計台に入館して歴史を感じる

時計台の中には、資料などの展示も行われています。

(※入館料は別途大人200円)

時計台は、正式名称を旧札幌農学校演武場と言います。

1876年(明治9年)に開校してから現在まで、長いときを刻みながら札幌市民の生活を見守っていたのです。

その姿は、いくつかの消耗品を交換した以外は当時と変わらぬまま。

レトロな雰囲気を感じたいカップルは是非入館してみてください。

素敵すぎるシチュエーション…時計台での結婚式

1617_3

オシャレなアーチ型の門も時計台の魅力です。

皆さんは、こちらのアーチを見て、何を想像しますか?

ここから、白いドレスとタキシードを着た二人が登場したら素敵な絵になると思いませんか?

そうです!

札幌にお住まいの方ならご存知だと思いますが、こちらの時計台はホールを借りて結婚式を行うことができます。

つまり、時計台でデートをしていたらバッタリ結婚式に遭遇…ということもあり得るのです。

「彼女にプロポーズしたいけど、なかなか言い出せない」

「彼女に結婚願望があるのか聞きたい」

「さり気なく結婚する気があるのか探りたい…」

そんな気弱な男性を後押ししてくれるシチュエーションに出会えますように…☆

時計台へのアクセス

【所在地】札幌市中央区北1条西2丁目

【電話番号】011-231-0838 011-231-0804

【ファックス番号】011-231-0804

【開館時間】8時45分~17時10分(入館は17時までとなっています)

【休館日】第4月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12月29日~1月3日)