お酒大好きな恋人達集まれ!~ビヤケラー札幌開拓使

サッポロビールの歴史は長い!ビール好きな二人は見学しよう!

サッポロファクトリー内のレンガ館。

そこには、サッポロファクトリーの看板ともなっている長い煙突のある古い赤レンガの建物が。

この建物は、札幌開拓使麦酒醸造所見学館です。

こちらでは、長く愛されているサッポロビールの資料などを見学することができます。

看板には、地元の方にはお馴染みのサッポロビールのマークが。

サッポロビールはいつできたかご存知ですか?

実は、サッポロビールの創業は、1876年(明治9年)なんです!

あまりにも長い歴史なので驚いてしまいますよね。

お酒を飲むカップルなら、一度はサッポロビールを飲んだことがあるはず。

札幌市内の居酒屋でも当然のように注文ができますし、全国区でもファンは多いことで知られています。

当時の味を忠実に再現した開拓使ビールは、サッポロファクトリー赤レンガ館1階で飲めるので、お酒が大好きなカップルは是非味わいに行きましょう!

お酒を飲まない二人も赤レンガにホッとできる空間

1637_2

中には、お酒を飲まない(飲めない)というカップルもいらっしゃると思いますが、ファクトリーに来た際には、是非赤レンガ館に足を運んでみてください。

赤レンガ館の広場は広く、休憩できるベンチも設置されています。

赤レンガを見るとホッとするという方が多いのですが、その秘密は『深い赤色』にあります。

色彩心理で「赤」という色は情熱的で神経を興奮させる効果があるとされていますが、レンガのように深いワインレッドのような赤は、実は逆の意味を持つのです。

つまり、赤レンガは「落ち着きと安らぎ」という効果があることがわかっています。

この効果を狙って、建築デザイナーなどは家の外壁やリビングに赤レンガを採用するとのこと。

赤レンガ館には、常に多くの人がいますが、何故人が集まるのか納得できますね。

ジンギスカンの食べ放題も開催中!

1637_3

ビヤケラー札幌開拓使の自慢はビールだけではありません!

4種類のジンギスカンを食べ比べできる食べ放題プランも用意されていますので「飲むより食べたい!」というカップルも、きっと満足のいく時間を過ごせるはず。

もちろん、店内も落ち着きのある赤レンガ造りになっていますので、ゆったりとした空間で食を楽しむことができますよ!

ビヤケラー札幌開拓使(サッポロファクトリー店)へのアクセス

【所在地】 北海道札幌市中央区北二条東4 サッポロファクトリー内レンガ館1階

【電話番号】050-5788-0514

【ファックス】011-207-4200

【営業時間】屋内:11時~22時(ラストオーダー21時30分まで)

【定休日】不定休(12月31日は休)

【HP】http://sapporofactory.jp/beer_museum/