北海道庁旧本庁舎はちょこっとデートに最適!

歴史ある赤レンガの建物…素敵な空間で過ごす二人

北海道庁旧本庁舎は、「赤レンガ庁舎」という愛称でも知られている赤いレンガで造られた建物。

ほぼ北海道産のレンガ・北海道産の材料で造られており、1888年(明治21年)にできてから約80年間も現在の新庁舎ができるまで北海道の道政を担ってきました。

1642_2

現在は、その姿の美しさをひと目見たいと大勢の観光客が押し寄せています。

館内には、北海道の歴史ギャラリーも無料で観覧できるので、あまりお金をかけたくないちょこっとデートにもピッタリです。

赤レンガ庁舎の庭園は恋人同士の散歩にピッタリ

1642_3

北海道庁旧本庁舎の庭園は、まさに楽園です。

池には蓮の花。

そして、蓮の花の周りを愛くるしいカモメが泳いでいます。

その姿は、まるで天国にデートに行ったような錯覚を起こすほど。

澄み切った池に、蓮の花…そして可愛らしいカモメ。

これで喜ばない女性はいないはず…

北海道庁旧本庁舎は、「あまり時間はないけど、少し歩こうか」という場合のちょこっとデートにも最適なのです。

所々にベンチがありますので、ゆっくりと会話を楽しむこともできます。

北海道庁旧本庁舎は桜の名所

桜の名所としても知られている北海道庁旧本庁舎。

見ごろは、5月です!

5月上旬には、“カスミザクラ”が赤れんが庁舎を彩り、5月中旬には“八重桜”が満開!

まるで桃源郷にいるような心地良い空間となります。

同じ場所で二回も桜を楽しめる…それが北海道庁旧本庁舎の魅力でもあります。

夜にはライトアップされるのも、女性の心をくすぐります。

ちょこっとデートのつもりが「もう少し一緒にいたい」なんて言われる可能性もあるので期待が高まりますよ!

桜の時期を逃してしまっても大丈夫!

1642_4

もちろん、桜の季節を過ぎても様々な木や花を見ることができますので5月以外にも楽しむことができます。

冬は除雪も行き届いていますので、女性の足元を汚さずにデートができるのも魅力ですね。

各種イベントも開催されていますので、HPで確認し、是非足を運んでみてください。

屋台が並ぶこともありますので、花より団子の女性もきっと満足してくれるはずです。

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)へのアクセス

【所在地】札幌市中央区北3条西6丁目

【電話番号】011-204-5019

【営業時間】8時45分~18時

【定休日】年末年始

【駐車場】無し

【HP】http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/sum/sk/akarenga.htm