自然とアートを感じられる公園“モエレ沼公園”の魅力

モエレ沼公園のシンボル『ガラスのピラミッド』

一年を通して様々な顔を見せてくれる公園

モエレ沼公園は、四季を通して色々な表情を見せてくれるので、いつ行っても楽しめる公園として知られています。

一例ですが、モエレ沼公園をデート場所に選ぶカップルの楽しみ方は、こんな感じです。

春…桜が咲き乱れる中、お弁当を持参しお花見

夏…海辺をイメージして作られた珊瑚のプールで遊びながら涼を取る

秋…美しい紅葉を見ながら、愛を語り合う

冬…クロスカントリーで汗を流し暖まる

多種多様な楽しみ方があるのがモエレ沼公園の魅力です。

季節によって景色もガラリと変わるので、いつ行っても最高のデートができることでしょう。

モエレ沼公園のシンボルであるガラスのピラミッドをはじめ、ビーチや噴水は、今は亡き偉大な彫刻家のイサム・ノグチが設計を担当しています。

実は、イサム・ノグチはモエレ沼公園が完成する前に心不全でこの世を去ってしまったのですが、イサム・ノグチの意思を引き継ぎ、財団が23年の月日をかけてモエレ沼公園を完成させました。

そのデザインは、公園に立つ人を「まるで彫刻作品の中にいるみたいだ」と言わしめるほどの力作。

恋人をモエレ沼公園に誘おうと思っている方、イサム・ノグチの話で盛り上がってみてはいかがでしょうか。

きっと、彼も天国でその姿を見て応援してくれるはず。

彼は、公園で幸せそうに楽しむ人々の姿を見たくて設計したはずなのですから…

園内は非常に広いので迷ってしまいまそうですが、看板も設置されているので安心して散策してみてくださいね。

1695_2

単なる噂?モエレ沼公園にまつわるジンクス

モエレ沼公園には、恋人同士にまつわる素敵なジンクスがあるのをご存知ですか?

「モエレ沼公園の『とある場所』で恋人に一生の愛を誓うと、それが永遠となる」

どうやら木の精霊の前で愛を誓うことにより、精霊からの祝福があるそう。

単なる噂話?

それとも、真実?

それは、あなたが試してみてください。

このジンクスでは、その『とある場所』というのは自分で探し出さなければならないそうなので、ここでは公開しません。

…というのは意地悪ですので、ちょっとだけヒントをお伝えしますね。

■モエレ沼公園の『とある木陰』

1695_3

駐車場より、ガラスのピラミッドに向かい、徒歩2分弱。

この『とある木陰』近辺に、精霊たちは集まっているとの噂です。

実際に行って探してみてくださいね。

モエレ沼公園へのアクセス

【所在地】札幌市東区モエレ沼公園1-1

【電話番号】011-790-1231

【HP】http://moerenumapark.jp/