休日の気晴らしにちょいと大人な代官山デート

東京一おしゃれな街、代官山。

大使館などが多く日本離れした雰囲気の代官山は、おしゃれなカフェ、セレクトショップ、雑貨屋さんなどが集まっている街ですね。

また著名な建築家が建てた建物も多く街並みもきれいで、歩いているだけでおしゃれになったような気持になる街です。そんな代官山は、ハイセンスの女性や20代半ば以上のOLさんなどを誘うに最適な場所です。

中でも今回は、休日の日に誘いたいデートプランについてご紹介したいと思います。美味しい和食とのんびりカフェで、1週間頑張った彼女を優しく癒してあげましょう。頑張りすぎないけどおしゃれなデートプランで「なんかこの人といると落ち着くな…」と思ってもらえるといいですね♪

おいしい角煮で彼女の胃袋を掴む?!

daikanyama_date_1

代官山駅から5分くらい歩くと出てくる隠れ屋の和食やさん

「ごはんや一芯 代官山」

おしゃれなインテリアショップが目印でそこの地下一回です。階段を下りると、「一芯」という看板が見えます。

daikanyama_date_2

中に入ると薄暗い照明で落ち着いた空間が広がります。モダンな和スタイルnインテリアがとてもおしゃれです。

靴を脱ぐ座敷スタイルなのでもし彼女がブーツなど履いていないかも気を付けてくださいね。

(脱ぐのに時間がかかるし臭いなど気にするかもしれないので)

落ち着いた店内は大人な雰囲気ですが、実はお値段はそんなに高くないのもここの魅力です。コース料理でも3700円スタートで、ランチだとわずか1000円前後ですよ♪

daikanyama_date_3

私が頼んだのは「豚の角煮 半熟玉子添え」です。このボリュームで1300円なんですよ。雰囲気のいいお店なのにこのお値段って驚いてしまいますよね。

しかも味もおいしいんです。グルメ好きなお友達に「代官山におすすめの角煮のお店があるから是非今度行こう」と言われ続けて初めて足を運んだのですが、彼女の言い分は正しかったです。あれから私も角煮が食べたいときは必ずここに来ますね。

daikanyama_date_4

見てください!このとろっとろなたまごと、柔らかい豚肉を…♪

箸で簡単にきれる角煮を口に入れるととろけそうなほどおいしいです。

 

おひつで出てくるごはんも本当においしいです。

「白ご飯ってこんなにおいしかったけ」と思ってしまいました。

daikanyama_date_5

女性にとっては少し多いかもしれないですが、おいしいのでご飯が進みます。男性でもお腹いっぱいになるでしょう。

店内に流れるジャズの音楽と抑え目な照明に彼女も日頃の疲れを忘れてゆったりできるのではないでしょうか。

床が畳になっていて落ち着くのでそのまま寝られそうと思ってしまいます。笑

でも寝るわけにはいきません。まだまだデートは終わらないですから♪

<ごはんや一芯 代官山>

住 所 :東京都渋谷区猿楽町30-3 ツインビル代官山A棟 B1F

電話番号:03-6455-1614

営業時間:11:30~15:00(LO14:30)

17:30~24:00(LO23:00)

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13163239/

 

代官山といえば蔦屋!T-Siteに行こう

daikanyama_date_6

次の目的地は蔦屋です。

日本一おしゃれなTSUTAYAと言われている代官山の蔦屋書店。スターバックスが併設されている蔦屋書店では、コーヒーと一緒に買っていない本を立ち飲みならぬ座り読みできます。コーヒーを飲みながらのんびり読書をしているとあっという間に時間がすぎますね。

daikanyama_date_7

余談ですが、代官山の蔦屋がローマ字表記のTSUTAYAではなく漢字を使うのは漢字表記の蔦屋がTSUTAYAの本来の名前だからだそうです。若者をターゲットにしてローマ字に変えたものも、代官山では代官山に合う大人なイメージに合わせて漢字名を取ったらしいんですよね。

daikanyama_date_8

一階は雑誌や本のスペース、二階はレンタルCDスペースになります。

daikanyama_date_9

また店内のあっちこっちに椅子があって抑え目の照明で大人な雰囲気の蔦屋は、

カフェの中に本屋さんがあるような感じでくつろげる本屋さんです。

daikanyama_date_10

デートにスタバはない!大人なカフェへ♡

daikanyama_date_11

本の座り読みと一緒にスターバックスももちろんいいけれど、せっかくのデートにスターバックスはないですよね。というのは、休日の蔦屋は非常に混んでおり、席を確保するのが難しいからです。いつ空くかわからない席を気にしていたら時間がもったいないですよね。また日本でスターバックスがちょっとおしゃれなイメージだとはいえ、せっかくのデートにチェーン店のコーヒーを飲みたくないだろうという理由もあります。

ですので、今回はスタバではなくANJINというお店でカフェをご紹介します。

 

蔦屋の2階に上がると、2号館につながる渡り通路が現れます。

2号館の2階にあるのがこの「Anjin」というカフェラウンジ。

daikanyama_date_12

店内に入ると、おしゃれな本に囲まれた空間が広がります。落ち着いた雰囲気とインテリアは高級ホテルのラウンジやバーを思わせます。

蔦屋といえばスタバというイメージがあるので、意外なおしゃれなスペースに気になる彼女もテンションが上がるのではないでしょうか。

 

中に入ると店員さんが席に案内してくれます。少し高めの価格のおかげか、スタバのように混んでいないのがありがたかったです。

daikanyama_date_13

今回案内された席はグランドピアノの近くのソファー席でした。実はここ、ライブやイベントで使われることもあるらしく、グランドピアノもおいてあるんです。「本当に本屋なの?」と突っ込みたくなりますね。

また、壁一面が日本アートになっているのもおもしろかったです。

他の壁面には本がたくさん飾られていたのですが、芸術新潮の全巻やアートに関する書籍が多かったのが印象的でした。

daikanyama_date_14

私が行った日も何かのイベントがあるらしく6時までしか席が取れないと言われました。ただ他の席に移動なら大丈夫ということだったので、安心しました。

daikanyama_date_15

イマドキすぎる?タブレットで見るメニュー

daikanyama_date_16

なんとメニューブックはタブレットで提供されます。冊子よりインパクトがあってよかったですね。

西洋のグランドピアノと日本アートを合わせたところもそうですが、レトロな本やアンティークな家具とタブレットのメニューブックを組み合わせているのこのお店の良さではないかと思いました。ミックスマッチの意外さでより洗練された感じがしました。

daikanyama_date_17

メニューも豊富でした。

daikanyama_date_18

コーヒーやソフトドリンクはもちろんカクテルなどのアルコール類までそろっており、おつまみ系からスイーツ、軽いごはん類までそろっていました。

このお店、朝9時から夜の2時まで営業しているらしく、6時以降であれば予約で席をおさえることもできるそうなのでもし時間が遅くなりそうであれば予約をするのもいいかもしれないですね。

daikanyama_date_19

ご飯を食べたばかりでお腹もいっぱいでしたので甘いコーヒーにしました。

オーダーはタブレットからではなく店員さんを呼ぶ形式でした。

daikanyama_date_20

くるみとコーヒーの組み合わせがおいしかったマイルドな口当たりの

くるみ珈琲。

お値段は980円でした。カフェにしてはやや高めですが、この空間なら納得がいきますね。

一緒についてきたクッキーは甘さ控えめでよかったです。

daikanyama_date_21

後から気づいたのですがが、このタブレット、メニュー用ではなかったです!

daikanyama_date_22

蔦屋書店が入っているフロア案内、イベントの案内等を含めたT-Siteの紹介が乗っていたり、

daikanyama_date_23 daikanyama_date_24

このように本の在庫を調べることもできます。

タブレットで気になる本を検索して探しにいけば時間の節約にもなりそうですね。

daikanyama_date_25

またちょっとしたアートギャラリーもあります。

daikanyama_date_26

「こういうのもあるよ~♪」と会話が弾みそうですね。

落ち着く大人な雰囲気でお気軽にアートと読書が楽しめる空間でした。スタバに比べて人の出入りも少ないのでゆったりした時間が流れている気がしました。おしゃれなものに囲まれて本と一緒に食も楽しめるANJIN。日頃の疲れが癒される気分でした。

1回目のデートというより、2回目、3回目のデートにこういう場所だとうれしいですね。「この人といると気が楽だな…」と思ってあなたと付き合うことを前向きに考えてくれるかもしれません♪

<ANJIN>

住 所 :東京都渋谷区猿楽町30-3 ツインビル代官山A棟 B1F

電話番号:東京都渋谷区猿楽町17-5 蔦谷書店 2号館 2F

営業時間:09:00~翌02:00(01:00 L.O)

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13135623/