歴女なら大喜び?!日本橋クルージングで楽しい一時を♪

「日本橋」というとみなさんはどういったものを思い浮かべますか

日本橋、三越本店、コレド、オフィス街…

といった感じではないでしょうか。

実は日本橋は歴史のある街で、おもしろい街なんです。

日本橋が発展したのは、江戸城の建設に伴って多くの商人や職人が集まってきたことから始まるそうです。幕府に上納して余った魚の残りを庶民にも販売するようになり、それが魚河岸へと発展したそうなんですね。

そして江戸幕府の開府とちょうど同じ時期に日本橋という街のシンボルである日本橋が完成したと言われています。橋の完成によって、日本橋は日本の経済の中心地へと成長していきます。

現在まで続く日本の経済と文化の発展は、江戸時代の日本橋で始まったと言っても過言ではないのです。

なぜいきなりこんな固い話をするのかと思う方、いらっしゃいませんか。

それはもちろんのこと、日本橋デートをおすすめためです!

歴史のある街、日本橋を船で回ろう

2011年に架橋100周年を迎えた日本橋。

そんな日本橋のたもとの日本橋船着場で毎日日本橋クルージングというサービスが始まったこと、ご存じでしたか?♪

「日本橋クルージング」は、江戸時代、賑わいの中心であった日本橋川や隅田川を船で回ることができるサービスで、1500円で45分間のクルージングを楽しむことができます。

古くから文化や経済の拠点であり、今もオフィス街で経済の中心地でもある日本橋周辺を船で回るのはいかがですか?

いつもとは違う新鮮なデートで楽しくわくわくする時間になるのではないでしょうか。

もし気になる彼女が歴史好きの方ならなお良いでしょう。

さぁ、クルージングしよう♪

nihonbashi_c_2

乗船場所は日本橋のところです。

目印になるのは野村證券のビルです。この古い野村証券の建物のすぐ下がチケット売り場と乗船場になります。

ちなみにチケットの予約は10人以上でないとできないそうなので前もってチェックしておいたほうがいいかもしれません。

nihonbashi_c_3

夏の終わりであまり人いないだろうと思っていたのですが、

意外と多くの人がいてびっくりしました。

nihonbashi_c_4

9月末まで日本橋で開催されている金魚のアートアクアリウムが大繁盛だったそうで、そのお客さんが流れたかもしれないと思いました。

チケットを買った番号順に呼ばれるので、早めにチケットをおさえておくといい席がとれると思います。

nihonbashi_c_5 nihonbashi_c_6

こちらが日本橋クルージングの船になります。小さくて庶民的ですが、それがまた味があっていい感じです。

飲食の持ち込みが可能なので飲み物やお菓子など用意しておくといいです。

45分間なので暑い日だと喉が渇きますね。これから寒くなるのでホットドリンクやホッカイロなどを用意しておくと、その優しさに女性も胸キュンするかもしれませんよ♪

nihonbashi_c_7

引用元:http://event-checker.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e01/event-checker/nihonbashi-cruise01.jpg

船が回っていく路線はこんな感じです。

それでは出発です!

nihonbashi_c_8 nihonbashi_c_9

橋の上を歩いている人たちが手を振ってくれます。

一緒に手を振ってあげましょう。地味にテンションあがります(笑)

nihonbashi_c_10

伝統ある昔からの橋なので低めに設定されているものが多いです。

背の高い方は気をつけてくださいね。

nihonbashi_c_11

クルージングはガイド付きで、橋のことだけでなくクルージングでの橋に関するエピソードや歴史の話、東京の話までいろんな話をしてくれます。

nihonbashi_c_12

自称「うるさいおばちゃん」と言っていましたが、45分間ずっといろいろな話をしてくださってすごく楽しかったです。東京のことや歴史のことなどをおもしろく教えてくれるので、知識が増えた気がしました。

 

お客さんの中には、日本橋周辺の変化についても話してくれるので「うんうん、わかる」という風にうなずいている方もいました。

デートに誘いたい彼女が東京生まれだったり日本橋勤めの彼女ならもっと楽しんでくれるかもしれないですね。

nihonbashi_c_13 nihonbashi_c_14

今回見る橋はみんな形がばらばらなんですが、

それはおしゃれさを追求するためだったそうです。

nihonbashi_c_15 nihonbashi_c_16

「どうだ、江戸は違うだろう」というアピールでもあったそうですね。

東京のど真ん中で昔ながらの橋を見ているとなんだか不思議な気持ちになります。

nihonbashi_c_18 nihonbashi_c_17

現代的なオフィスビルと歴史的建造物の美しさが混ざり合っているのもおもしろいですね。

環境問題などにも考えさせられます。

nihonbashi_c_19 nihonbashi_c_20

日本橋一帯にある水門はすべて一括で管理されているそうで、非常時には遠隔ですぐに閉ざすことができるんだそうです。東日本大震災のときは津波の恐れがあったので東京の水門を閉じていたそうなんですね。

nihonbashi_c_21nihonbashi_c_22

隅田川を超えると一機に高層ビルが増えました。

nihonbashi_c_23 nihonbashi_c_24

一気にタイムスリップしたような気持ちでした。

 

そして遠くからスカイツリーが見えました!きれいに見えていて感動でした。

nihonbashi_c_25

個人的にスカイツリーより東京タワーのほうが好きですが、

水辺から見るスカイツリーは本当にきれいだなとうっとりしてしまいました。

川の水と空と一体化したように見えて本当に美しく神々しく見えました。

特別な日本橋デートをしたいなら「日本橋クルージング」を♪

nihonbashi_c_26

45分間があっという間にすぎてしまって日本橋の船着場に戻ります。

高層ビルが並ぶ現代的な空間の合間に残っている伝統的な建物、そこに潜む江戸の記憶を感じることができる日本橋クルージング。

学びも癒しもある楽しい一時でした。

これから寒くなりますが、暑い夏とは違う景色が見れるので季節関係なく有意義な時間になると思いますね。

歴史好きや東京育ちの彼女なら是非おすすめしたいです。

庶民的なクルージングツアーなので高級志向な彼女なら向かないもしれないですが(笑)

いつもとは違うデートを楽しみたいなら是非一度日本橋に足を運んでみてくださいね。

ちなみに、春は桜がすごくきれいだと聞きました。

意外と知られていない穴場らしいので「桜の季節また来ようよ」なんて当たり前感で次につなげられるかもしれませんね(笑)

<日本橋クルージング>

45分コース(日本橋・隅田川めぐり)

【料 金 】 1500円(大人)

【運航時間】    45」分

【乗船場所】    「日本橋船着場」

東京メトロ銀座線・半蔵門線 「三越前」B6出口 徒歩3分

東西線・都営浅草線 「日本橋」B12出口 徒歩5分

http://ss3.jp/nihonbashi-cruise/nihonbashi.html