結婚相談所で便利な気がする入会金分割。でも落とし穴もあります

分割払いにすれば、まとまった負担をせずに入会できていいと考える人もいますが、利用できるコースが限られていたり、途中で辞めることができなかったりと、マイナスな面がいくつもあるので注意が必要です。

 

分割の方が負担が軽い気がする

結婚相談所の初期費用は決して安いものではありません。入会金や登録料、数か月分の月会費など、いろいろなものがありますが、決して安くないというのは間違いありません。そうして多くの人は、「初期費用さえ安ければ…」と思うようです。

そして多くの結婚相談所では、入会金など、初期費用を分割にするシステムを持っています。例えば初期費用を一度に25万円払うのは厳しい人でも、1年分割にすれば毎月約2万円強。これなら負担が軽い気がします。

「それなら支払えます!」と言って、気軽に分割払いを選択する人がいます。中には、貯金がそれなりにあるのに、一度に支払うことに抵抗を感じ、積極的に分割にする人がいます。でもこうしたために、後で痛い目に合う人がいるので注意してもらいたいものです。

 

コースが限られ、変更できないことも

結婚相談所には、いくつかのコースが用意されていることがあります。紹介人数が違ったり、サポートの範囲が違ったり、WEB活用の範囲が違ったりとさまざまです。

通常は自分でコースが選べますし、途中のコース変更もできることが多いのですが、分割払いにする場合は、その自由がないことがあります。

 

例えば、気軽にスタートできるAコースは入会金が5万円。手厚いサポートのあるBコースは10万円だとします。他にも登録料が5万円、最初の月の会費が1万円を入会時に支払う場合、Aコースは入会時に11万円。Bコースは16万円となります。

ところが分割が利用できるのは、高額なBコースだけというパターンがあるのです。11万円一括か、16万円を10回払いにして付2万円以下か…と考えると、Bコースの方が気軽なように感じます。

 

ところがこのBコースを分割で利用した場合、月会費も高くなっていることがあります。手厚いサポートをうけられるのですから当然です。でも実際に活動する中で「時間もないし、手軽な方のコースで十分かな」と思うことも出てくるのですが、分割払い中はコース変更ができないようになっていることがあるのです。

コース変更をしたい理由はいろいろです。先に書いた「仕事が忙しい」というものが代表的なものですが、他にも「婚活に疲れた」「お付き合いできそうなパートナー候補ができた」「他の結婚相談所にも行き始めた」などがあります。どんな理由にせよ、例外は求められないことが多いので注意してください。

 

退会したくても分割中はできないケースも

もうひとつ、大きな問題になるのが、「支払い終わるまで、退会できない」というケースがあることです。

もちろん残金を一括払いすることもできますが、お得感はありません。これは契約の際にはきちんと説明を受けているはずなのですが、多くの人がスルーしている部分です。

別の項目で書いていますが、結婚相談所で正式に活動をはじめてから半年前後でパートナーを見つける人が一番多いというデータがあります(もちろん活動内容によりますが…)。中には数か月でプロポーズする人もいますから、1年以内で成婚退会していくというのはよくあるパターンです。

ところが、入会時に10回払いにしていると、その間は退会できないために退会が数か月延びてしまいます。もちろんこの数か月は会員のままなので、月会費は払わなければなりません。退会が決まっているのに会員でいる場合、ムダ以外の何ものでもありません

 

分割払いにすると婚活に熱が入らない?

これは私が感じていることでデータ化されているものではありません。

ただ、分割払いを選択する人は、一括払いにする人に比べ、婚活に熱が入らないような気がします。

その裏には「10か月かけて婚活をやればいい」というようなゆるい期間設定が頭の中にできるからではないかと思っています。最初は婚活への熱も高いので、どんどん相手に会って自分を高めながら、パートナー候補の条件を精査していく時期です。

それなのに、「もうちょっと話上手だったらカンペキかなぁ」とか、「どこが悪いってわけじゃないけど、決め手に欠けるような気が…」などと、うやむやな理由を持ち出し、肝心の一歩を踏み出そうとしません。こうやって半年くらいの期間を過ごしてしまうと、婚活自体がゆるいものとなってしまうので、結局うまくはいかなくなってしまうのです。

 

一括で支払う能力がない男性に、冷ややかになる女性も

そしてもうひとつ。男性が分割を利用したために退会が遅れたり、何かの時に分割で払ったことを女性が知った時に、「経済力がない」と思われ、冷ややかな態度になることがあります。

結婚相談所では、男性の今の年収よりも、将来性を見るように伝えることがあります。この将来性の中には、経済力と計画性が含まれます。そのため、結婚相談所に支払う数十万円すら払えないということは、今の年収が少ないだけでなく、それを上手にやりくりして最低限の貯金をすることもできないんだという印象を持たれてしまうのです。

分割払いが絶対にダメという訳ではありません。ただ、「負担が軽くてお得だ」と気軽に利用すると、後で痛い目に合うこともあるので、先々まで考えて利用していただきたいと思います。