未婚女性が「やっぱり子供がほしかった」と思うのは40歳すぎ

若い頃は、「私は子どもなんていらないの」と言い切っていた女性でも、40歳になることに急に意識変革が起こり、「やっぱり子どもが欲しい」と思うケースが数多くあります。

今回は、その年齢で、女性にどんな変化があるのかを紹介します。

 

人生折り返し地点で、やり残したことに思いをはせる

最近は、「子どもいらない宣言」をしている方も多くいます。

結婚しでも子供をつくらないことを選択をする人もあれば、結婚自体、してもしなくてもいいと思っている人もいます。

ところが私は、40歳前後になり、急に意見が変わる女性をたくさん目の当たりにしてきました。

「今さらなのですが、急に子どもが欲しくなり、婚活をしたいのです。間に合いますでしょうか?」

そんな風に訴える方が多くなるのです。

 

なぜそうなるのかの理由は分かりませんが、私は以下のように考えています。

40歳と言えば、人生の折り返し地点にあたり年齢です。自分がその年齢になることで過去を振り返ったり、この先の人生を考えたりした時、やり残したことのひとつに結婚や子育てがあり、「でも今なら、まだ可能性もゼロではない」と考えるからではないかと思っています。

 

アラフォー女性の子作り希望の婚活は険しい道

でもアラフォーの婚活は、決して楽なものではありません。別項目でも書いていますが。

子どもを望む同世代の男性は、さらに若い女性をパートナーに選びます。自分よりも年齢が高い男性は、すでに子供を望んでいない人も多くいます

そのため、例え婚活が順調に進んだとしても、お母さんになれる可能性はかなり低くなります。

アラフォー女性の多くは、1年程度の婚活をして、結婚自体をあきらめてしまいます。「子供はいらない」という条件であれば結婚できる場合でも、「子どもが欲しい」ということにこだわれば、難しくなります。悲しい現実です。

こうやって婚活をあきらめた場合、その先の人生ではずっと後悔をすることになります。「もっと早く婚活をしていればよかった」「どうして私は結婚できなかったんだろう」「子供をもつ資格がなかったのではないか」「私は欠陥品なんだ」と考え方がどんどんマイナスな方に飛躍してしまい、精神的に不安定になる方もたくさん見てきました。

女性は40歳を過ぎると、ホルモンバランスが崩れて、身体にいろいろな変化がでてきます。

そのため、精神的なバランスを崩すひとも少なくないのですが、同じ時期に、結婚をあきらめなければならないことは、余計に精神的に参らせて当然のことなのかもしれません。

 

現実を知った女性の悲劇

ある女性の例を紹介します。

彼女は中堅企業に勤めるキャリア系女性で、自分が会社を大きくしてきたという自負がありました。

仕事が恋人だと思って突っ走ってきたのですが、妹に2人目の子どもができたことを高いテンションで報告する母親の声を聴き、「結婚しないのは親にも申し訳ないのでは?」と考えたそうです。

親御さんは、すでに結婚を望んでいるわけではなく、「自分のやりかたで幸せになればいい」と言ってくれたそうなのですが、一度考えが変わると、すべての見方、感じ方が変わってきます。

一人で食べる気楽な食事にさみしさを感じたり、自分の周りのシングル女性の発言が、ただの強がりにしか聞こえなかったり。さらには、自分にはこどもがいないために、母親のように「孫ができた!」と喜ぶこともできないんだと思ったことが一番きつかったようです。

 

そこで結婚相談所に入会したのですが、やはりなかなかうまくいきません。「子どもはいらない」という方であれば、何人かのお声かけもあったのですが、彼女の目標はあくまでも出産でしたので、うまくいきませんでした。

彼女は、せめて子供を産める体であることを証明すれば、婚活が有利になるのではないかと思い、産婦人科で検査を受けることにします。

ところが結果は残酷にも、大きな子宮筋腫があり、すぐの妊娠は難しいとのこと。年齢的に考えて、妊娠は奇跡的とも言われ、彼女は立ち直れないほど落ち込んでしまいました。

子宮のトラブルは、40歳をすぎると珍しいことではなくなります。そのため、「もっと若ければ…」と余計に後悔するのです。

 

とはいえ、仕事をバリバリしている年齢の時は、本気で子どもはいらないと思っているので、「よく考えなさい」と言っても、答えは変わらないでしょう。

でも将来、後悔したくないのも本音の部分。このバランスはとても難しいのですが、せめてできることとして、まずは一度、自分の将来設計を立ててみることをおすすめします。

そのまま結婚しない(子供をつくらない)場合の老後と子どもがいる場合の老後をシミュレーションしてみて、どんな違いがあるのかを考えてみるのは、とても大切なことです。そして自分の選んだ道に納得しておくようにしましょう。

そしていつか意識の変化があった時に、その方向転換に対応できるように、健康(特に産婦人科系)を維持する努力を惜しまないでください。

難しい問題ですが、自分の人生を決めるのは自分です。がんばってください!