運命の人は探さないと見つからない!運命の人と結婚しても離婚する現実

「赤い糸で結ばれた運命の人が、必ずどこかにいる」と信じている人もいますが、待っているだけではどうにもならない面もあることをぜひ知ってください。

自分で動いて運命の赤い糸を手繰り寄せなければならないことを心してもらえればと思います。

 

運命の人と結婚しても離婚する現実

結婚は運命や宿命によってできるものだと信じて疑わない人がいます。

そのまま待っているだけで、いつの日か運命の人がふらりと目の前に現れ、ビビビッと運命を感じ、めでたく結ばれるというイメージでしょうか。

はっきり申し上げます。それは、ドラマの世界で起こっていることであり、妄想です。

確かに世の中には、出会った瞬間に「この人だ」と思った人もいますし、運命的な偶然が重なって出会えた人もいます。でもその人たちが、離婚もせず、一生幸せに添い遂げたかといえば、そんなことはありません。

私は婚活アドバイザーとして、バツイチの人の話をたくさん聞いていますが、みなさんおっしゃるのは、「運命の人かと思ったけど、そうじゃなかった」ということ。

それは一時の熱病や思い込みのようなものなのかもしれません。

運命の赤い糸はあると思います。でも、多くの場合、それはこんがらがったり、誰かとつながっていても、そのままということが多いのです。ぜひ自分で手繰り寄せてください!

 

ビビビッと来た人と10年の交際を経て別れた女性

いくつかの例を挙げてみましょう。

30代前半の女性は、学生時代に一目ぼれした男性と10年もの間お付き合いをしていました。男性も一目ぼれで、お互いにビビビッと来たわけです。

彼女は、プロポーズはまだかな、と期待する半面、本当にこの人でいいのだろうか?と不安に思う部分もあったそうです。しかもその期間は、約5年。熱い恋愛期間が過ぎてしまうと、「なにか違う」と思うことばかり。でも、「運命を感じた人だから間違いないはず」と自分に言い聞かせていたそうです。

ある日、彼の方から別れを切り出されますが、彼女はずっと引っかかっていた何かが、すっととれたような感覚になったそうです。

「運命とかってないのかもと思うようになったので、自分で探します」といって結婚相談所に入会して積極的に活動し、半年でパートナーを見つけて成婚退会されました。

 

好きすぎて、本性が見えなかった男性

次に男性の例を。

この方は、30代中盤の方で、バツイチです。24歳で彼女と出会い、28歳で結婚。

恋愛時代は、「俺の運命の人は彼女しかいない」と信じて疑わなかったそうです。ところが結婚して半年くらい経った頃から、彼女のズボラな性格がいろいろと露呈してきます。

しかも仕事を勝手に辞めてしまい、専業主婦になるといい、「もっと給料上がんないの?努力が足りないんじゃない?」と何かにつけて馬鹿にした態度をとるようになったそうです。結婚から1年で離婚しました。

「彼女の本性を見抜けなかった自分が悪いのですが、好きという感情は、物事をキレイに見せてしまうので、しょうがなかったと思っています」と冷静に自己分析をしていました。そして結婚相談所に入会。

彼も積極的に行動し、1年くらいで成婚退会しています。

 

運命の人なら性格の不一致はないはず?!

この男性が言ったことは、まさにその通りで、恋愛感情をもつと、正しい判断力や分析力はなくなってしまいます。

でも結婚は現実です。

時間が立てば恋愛感情ではなく、冷静な目で判断するようになります。

そうなると、「あれ?」と思うことが増えてくるのです。

離婚理由で一番多いのは、「性格の不一致」。

運命の人であれば、不一致なんてないはずですが、実際には不一致になるのです。

それであるなら、自分で納得できる相手を探してみてはどうでしょうか?

先にも書きましたが、誰でも赤い糸は持っていると思います。でもいろいろな事情で、つながっている誰かとは簡単には会えないのです。それどころか、赤い糸の先は、誰にもつながっていないのかもしれません。

それなら、自分で気に入った人を見つけ、糸の先を結び付ければ、運命の人のできあがり!

納得して結婚できるのではないでしょうか?

 

ここでもひとつ例を紹介します。

彼はスピリチュアル系のお仕事をしている人で、数々の恋愛相談にものっています。

そんな彼はバツイチです。

彼は運命の人だと確信した人と結婚しましたが、3年ほどで離婚しました。

最後の1年はケンカが絶えず、家にいるのが苦痛で、時には出張相談だと嘘をついて、ホテルに寝泊まりしていたそうです。

彼曰く、「地獄の日々」。

そんな日が来るなんて、想像もしていなかったというから驚きです。

 

まとめ

運命が見える人でも間違ってしまう「運命の人」。

いつくるか分からず、さらに本当に幸せになれるのかもわからない人を、ダラダラと待つのはやめて、自分で探しに行ってみましょう。

そのサポートをするのが、結婚相談所です。運命は自分で変えるしかありません。