勉強ばかりしてきたけど女性大好きな医者たちの結婚相談所話

男性医師と女性のマッチングを専門的に扱う結婚相談所で経験した、ビックリ仰天のエピソードを紹介します。

そこにあったのは一般人には想像も及ばない、ミラクルな世界でした。

 

経験がない分、はじけると怖い

若い頃の女性経験がないことの理由のひとつに、勉強ばかりする環境で、女性に興味を持てなかったというものがあります。

強制的に勉強をさせられることの多いお医者さんには、こういった方が少なからずいます。

私は半年くらいの間、男性医師と医師夫人になりたい人専門の結婚相談所を手伝っていたことがあります。

そこで見聞きする中には、「うそでしょ?」というものも多く、貴重な体験をさせていただきました。それをここで紹介していきたいと思います。

結論としては、「医者はとにかく女好きが多く、若い頃から恋愛をしないで来た分、大人になって間違った方向にはじける」ということです

 

ベッドの上から母親に電話するマザコン医者

個人医院を経営するところでは、息子を跡取りの医者にするために、母親が一生懸命に勉強を教える傾向があります。

その結果、成績は上がっても、母親に依存傾向が強い子どもができあがってしまいます。

女性会員さんが、あきれたように話をしてくれました。

「昨日、初めてホテルに行ったんですけど、ベッドの上からお母さんに電話するんですよ。『彼女と泊まっていくことになるから、今日は帰らないかも』って。

そして、『練習したから大丈夫。分かるよ』って会話があったので、何のことだろうと思ったら、避妊のことだったんですよ。母親が教えてくれたんですって、ゴムのはめ方」

お医者さんにとって、身体のパーツは性の対象ではないことがあります。とはいえ、「息子の息子」が大きい状態を確認し、直接触らないまでも、つけ方を教える関係は異常です。

何より、母親に聞くのもおかしな話。当然、その直後に別れることになりました。

実は似た話で、ホテルでゴムを装着してしたのに破れて動転し、裸のまま母親に電話した人もいました。

 

おさわり大好きな眼科医師

こちらは、女性好きなドクターの話です。彼は眼科医なのですが、女性には担当を話しません。

その結婚相談所では、プロフィールに担当科を書くのは強制にはしていませんでした。肛門科とか性病科とかは、書きにくいための配慮でした。

 

そのドクターは、2人っきりになると言うのです。

「ぼくはは、手を見ると女性の健康状態がある程度分かるんですよ。よかったら見ましょうか?」

まるで手相を見る占い師のようなセリフなのですが、女性にしてみれば「手くらいならいいか」と気軽に出してしまいます。

 

そうすると、「どこどこが悪いかもしれないなぁ。ちょっとだけ見てみましょうか?」とうまいこと言いながら、身体にタッチ。

真剣な顔で言われたら、心配になってされるがままになる女性も少なくありません。

時には下着の下にまで手を入れてしまうことが判明。そっこく罰金を払って退会していただきました。

 

アドバイザーに体の関係を迫る医師。その理由は…

医者の中で、女性に縁のない人まま年齢を重ねてしまった人は、ちょっと常識からはみ出してしまっている人が多い気がします。

ある男性医師は、「初めて優しくしてくれた女性がアドバイザーだった」ということで、必死にアプローチを仕掛けてきます。

でもこちらは仕事ですから、会員さんを恋愛対象には考えていません。どんなにアプローチをされてもかわし、女性会員さんを紹介し続けました。

すると医者会員もあきらめたのか、ある女性といい感じにお付き合いするようになりました。

安心していたのもつかの間、アドバイザーに相談があると言ってきます。

「そろそろ体の関係になりそうな感じなのですが、お恥ずかしい話、未経験なんです。できれば教えてもらえませんか?」

 

ちょっと信じられない相談なのですが、最初から会員さんに、そういった相談も可能と伝えてあるため、その結婚相談所では珍しいことではありません。

実際にはどうやって教えるかといえば、市販されているエッチのビデオやイラストを見ながら説明するというもので、近くで見ていると滑稽なのですが、医者側は真剣で、メモを取りながら聞く人もいるほどでした。

そしてこの医者にも同じようにレクチャーしたのですが、「僕は実際にやってみないとできない人間なので、一回お願いできませんか?」と言ってきます。

実はアドバイザーへの思いはなくなっておらず、何とか初めての相手はアドバイザーでと思い、あえて違う女性としばらく付き合っていたのでした。

「それはムリです」と断ると、「それ系の相談もOKとなっていたはずだ。言ったからには責任を取らないとダメだ」と強気で言ったり、「本当にお願いします。なんとか、一回でいいので」と下手に出たりと、あらゆる手を使ってアプローチをしてきます。

でもその婚活アドバイザーは百戦錬磨。さんざん口説かした後、「○○さん、それくらい必死になって、いろいろな手法で相手を口説ける能力があるなら、誰とでも結婚できますよ!私以外なら」といってニッコリ。

男性はやっとあきらめたようです。

頭がいい職業と言われる医者の世界。

知ってみると、闇の部分もあるものだと、恐ろしくなります。