デートついでに京都での坂本龍馬の縁の地を巡る

幕末の歴史は京都が舞台なことも多いので、京都デートと言ったら幕末のヒーローに縁の地を巡りたいという男性も多いかと思います。

ですが、基本的に歴史が大好きな男性と違って、女性は歴史ファンでさえライトなファンであることが多いもの。

付き合いが長いカップルであればディープな歴史巡りデートも楽しめますが、それ以外のカップルはあまりディープすぎない歴史巡りデートを楽しむようにするのが無難です。

そこで、サクっとデートついでに回れる坂本龍馬に縁の地巡りコースをご紹介します。

現代の京都にいながら、幕末にタイムトリップ気分が味わえちゃいますよ。

 

池田屋跡

417_1

池田屋事件で有名な池田屋は三条木屋町にあります。

坂本龍馬は池田屋事件に関わってはいませんが、池田屋事件の前後で当時の京都の情勢は大きく動くことになったので、坂本龍馬や新撰組が活躍した幕末の歴史を語る上で欠かせない場所はチェックしておきましょう。

現在は池田屋跡の石碑が立っていますが、そこに同じ「池田屋」という屋号の居酒屋があるのもチェックポイントです。

 

土佐藩邸跡地

417_2

高瀬川沿いには多くの藩邸が建ち並んでいました。

高瀬川沿いの三条と四条の間くらいに、土佐藩邸跡地があります。

元立誠小学校あたりは、江戸時代に土佐藩(現在の高知県)のあった場所。

藩邸は、坂本龍馬をはじめ中岡慎太郎、後藤像二郎などの土佐藩士が活動の拠点としたところなので、風情ある高瀬川沿いを歩きながら、当時に思いをはせてみましょう。

 

近江屋跡地

417_3

土佐藩邸跡地から徒歩3分程度。

坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された近江屋跡地は、河原町通り沿いの三条と四条の間くらいにあります。

こちらも建物は残っておらず、「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難の地(近江屋跡)」の石碑が立てられています。

河原町通りはお店がずっと並んでいるので、なかなか気付きにくいのですが、龍馬ファンにとっては欠かせないスポットになっているのでしっかりチェックしましょう。

現在は回転寿司屋さんが建っているので、そちらを目印にするのがおすすめです。

 

京都はいたるところに歴史の舞台となった場所があるので、歴史巡りツアーデートが楽しめます。

今回ご紹介したサクっと坂本龍馬に縁の地を巡るデートでご紹介した3スポットは三条エリアに集中しているので、所要時間15分もあれば回れちゃいます。

お買い物やお食事デートのついでに、坂本龍馬に縁の地を巡ってデートをもっと味わい深いものにしましょう。