恋活・婚活・出会い系サイト サクラはどこが一番多い?

恋活・婚活・出会い系サイトにはサクラが存在します。

サクラとは、サービスの利用者側に成りすまして、他の会員とメッセージのやり取りを行いますが、決して実際に出会うことができない人のことを指します。

サクラは利用するサービスの種類によって、その存在比率が大きく変わってきます。

この記事では、サクラの意味と各サイトにおける傾向、具体的な見抜き方をご紹介します。

 

恋活・婚活・出会い系サイトのサクラ事情

ネットの出会いに関するサービスには、必ずといって良いほどサクラが存在します。

ネットのサクラはパっと見たところ普通の利用者と変わらないのですが、いくらやり取りをしても話が前に進まず、実際に会うことができません。

サクラの存在比率は恋活・婚活・出会い系サイトによってそれぞれ異なります。

まずは、サクラの代名詞とも言われる出会い系サイトからご説明します。

 

出会い系サイト:サクラが最も多い!

「サクラと言えば出会い系サイト!」

と言うくらい、出会い系サイトにはサクラが多いです。

サイトによっては100%サクラ

というものも存在しているくらいです。

そのため、出会い系サイトを選ぶ際はいかにしてサクラの少ないサイトを探し出すかがポイントになってきます。

最初のサイト選択を間違え、サクラしかいないサイトを選んでしまうと、その時点で「終了」となってしまうこともあります。

なお、出会い系サイトのサクラはメールレディという専用の女性を運営側が雇用しています。この場合、実際に出会ってしまうとメールレディ側の違反行為になりますので、絶対に出会おうとはしてきません。

約束を取り付けても、何らかの理由をつけてブッチされます。詳しい話は専用の記事で書こうと思いますので、この程度に留めておきます。

 

恋活サイト:サクラは中くらい!

恋活サイトは出会い系サイトに比べるとサクラの数はかなり減りますが、やはりサイトの選び方によって状況が変わってきます。

出会い系サイトに比べると、恋活サイトは一般雑誌などにも掲載されることが多く、出会い系サイトのようなアダルトな雰囲気も皆無なので、口コミなどでも普及していきます。

そのため、運営者側がサクラを雇わなくても自然とユーザが集まり交流が広がっていきます。ただ、マイナーな恋活サイトはなかなか一般ユーザが集まらないので、やはり運営者がサクラを雇っていることが大半です。

恋活サイトは運営元の会社の状況(大手かどうか)や女性誌などでの宣伝状況を見ることで、サクラの少ないサイトはある程度簡単に推察できます。

 

婚活サイト:サクラが最も少ない!

私がこれまで使った中で、婚活サイトは最もサクラが少ないと感じました。

最近は私のように結婚していない人が増えていますが「結婚自体をしたくない訳ではなく、あくまで出会いがないだけ。結婚願望はある。」という人が多いと思います。

そういった状況はやはり反映されるのでしょう。

婚活サイトへの登録数は日に日に増え続けているのが現状です。

そのため、婚活サイトは一般ユーザが集まりやすくなっており、運営側がサクラを雇う必要もありません。

ただ、数がゼロということは恐らく無いでしょう。有名なサイトでも少数はいるでしょうし、恋活サイトと同様にマイナーなサイトを利用するとサクラがいる確率が上がりますのでご注意下さい。

 

サクラに引っかからないためには恋活サイトか婚活サイト

このように、出会い系サイトはサクラが多く、仕組みを良く分かっていない場合は色々な被害に遭い易くなっています。出会い系サイトはアダルト目的で利用する人も多く、それをエサにお金を搾取したり面倒ごとに巻き込もうとする輩がいます。

真面目に相手を探すなら恋活サイトか婚活サイトを利用しましょう。

できれば、婚活サイトの方が望ましいですが、それはご本人の現在の需要に合わせて選ばれると良いでしょう。

私自身は両者を組み合わせたハイブリッドで利用し、色々な人とコミュニケーションが取れていますので、可能であれば組み合わせて利用したいところです。