じっくり婚活したい人や年収の高い人がとにかくモテルネット婚活

ネット婚活の最大の利点は、スタートするのにコストがかからないことです。

さらに時間に左右されずに完全にマイペースに活動できるため、焦らず気軽に婚活をしたい人、他より秀でた部分がある人にピッタリです。

 

ネット環境が整ったことで誕生したサービス

ネット婚活は、インターネットを使った婚活サービスのひとつで、ここ数年で急激に会員数を伸ばしてきたサービスです。

「Yahoo!お見合い」のように、ネットに強いポータルサイトなどが専用のサービスを構築していたり、「Omiai」のようにアプリを使ったりしているのが代表です。

また一般的に結婚相談所と認識されているところでも、実はネットを使った婚活をメインにしているところや、サービスのひとつとして提供しているところもあります。

そのためネット婚活といっても安全面や特徴がいろいろあるのですが、ここではそれらを総じて、「ネットを使ったデータマッチング」として、適している人を考えてみたと思います。

 

ゆっくりとお付き合いからスタートしたい若い世代に人気

現在、ネット婚活に登録している人の年齢層は、20代が最多と言われています。

そのため「真剣に結婚相手を探している人」より、「彼氏(彼女)を見つけたい」「気軽に遊べる異性がほしい」といった軽いノリの人が多いのが現状です。

お付き合いが将来的な結婚につながるのは事実なのですが、「すぐにでも」という感覚がなければ、ゴールインまでにどうしても時間がかかってしまいます。

そのため、「今すぐに結婚相手を探したい人」にはあまり向いているサービスとは言えません

 

住んでいる地域と年収、身長が重視される?!

ネット婚活はデータマッチングです。これは簡単に言うと、たくさんの会員の中から自分が指定する条件にあった人を抽出するサービスです。

そのため、条件のよさがアプローチ数を左右します。

「何より顔が重視だよ!」

という人もいると思いますが、何千人、何万人もいる会員のすべての写真を見ることは非現実的です。

そのため多くの人はまず条件検索をして、ある程度の人数まで絞り込みます。

 

まず優先されるのが住んでいる地域になります。

実際に会うためには、近くにいる人を条件にするのは当然のことです。

ここで、日本の人口比率にほぼ比例して、対象人数が絞られます。

つまり大都市とその活動圏内に住んでいる人は、たくさんの人の中からパートナーを選べますが、そうでない人は少ない人の中から選ぶこととなります。

 

関東や関西の人は、地域で絞り込んでもたくさんの人がいますので、検索条件を増やします。

ここでよく検索されるのが、数値化できるもの。

つまり、「年収」と「身長」です。

これは男性に顕著ですが、最近は女性にも一定の年収を求める人も増えています。

 

この数値化できるという部分でいえば、ちょっとの差が大きな違いにつながります。

例えば男性の身長で、169㎝の人と170㎝の人がいたとします。この差はたったの1㎝です。

ところがデータを入力する際に、「170㎝以上」と入力する人は多くいると思いますが、「169㎝以上」と入力する人はいません。

この1㎝の差が、大きな違いにつながるのがデータマッチングです。

いろいろな項目がありますが、「キリのいい数字のちょっと上」の数値の人が有利になります。

 

年収が高い人は、とにかくモテる!

この条件検索があるために、ひとつの傾向がでてきます。

それは、条件のいい人がモテるということ。

特に年収が高い人は、かなりのアクセスが期待されます。

世の中には、「年収はあまり多くないけど、とてもおもしろい人」や「年収は低いけど、とにかく優しい人」がいて、実際にそういった人が人気だったりしますが、ネット婚活では、そういったソフトな部分は伝わりません。

さらにどうせ付き合うなら「顔や性格より、まず年収」と思っている人が意外に多くいるのも現状です。

例えば…、

「好みのタイプは?」

と友達に聞かれて、

「まずお金を持っている人」

と答える人は、ほんの一握り。多くの人が

「優しい人」「おもしろい人」

と答えます。

でも結婚相談所で結婚相手の条件を聞くと、

「年収が○百万円上で」

と一番にいう人がとても多くいます。

意外かも知れませんが、この傾向は男女ともに見られます。これがパートナー選びの真実だと思います。

ネット婚活は、誰に見られることもなくマイペースに進めるものなので、年収を優先事項にして検索する人がたくさんいると思った方がいいでしょう。

その証拠に、男性に興味なく生きてきた年収2000万円の40代女性が、ネット婚活に登録して早々に、アプローチが殺到した例もあります。

同じく、彼女いない歴=年齢、身長160㎝台、年収4000万円の男性がひと月で100件のアプローチを受けた例もあります。

 

文章で相手をひきつけられる人はかなり得

もちろん年収が低くても、パートナーが見つからないというわけではありません。

多くのネット婚活は、気になる相手にメッセージ(オファー)を送ります。

それは事務連絡ではなく、「あなたが気になっています。まず一度会いませんか?」ということを伝えるものです。

 

この文章には個性がでるもの。気の利いたメッセージを書いて相手の気を引くことができれば、大成功です。

おもしろい文章、かわいい文章、キザなセリフ…。

いろいろな手法があると思いますが、文章を駆使して、自分に興味をもってもらうことができる人は、大きな強みとなります。

その証拠に、有名なコピーライターは見た目に多少の難がっても、やたらとモテる人が多くいます。