童謡の里たつのでお茶デート

神戸や姫路の街からは少しはなれた田舎町、たつのに行ったことはありますか?

たつのといえば、童謡「あかとんぼ」の作詞者、三木露風の故郷です。最近では、三木露風の生家を一般公開されているようです。

古くから、革製品や、醤油などが有名です。醤油は、日本人の食卓にはかかせない調味料ですよね。

食べ物や革製品しかないの? と思われがちですが、田舎ならではの小さなこだわりのカフェが数店舗あるのをご存じでしょうか?

 

色々なお店

1つめは、赤とんぼ文化ホールの駐車場のそばにある、サタデーサンというお店。

こちらは手作りのパンがおいしく、素材にもこだわっているので、ちいさなお子様や自然派思考の女性にも喜ばれそうです。ランチの、ピタパンにたっぷりと具が詰まったサンドイッチがとてもおいしいですよ。

そして駐車場を出て、道路を挟んですぐ向かいにあるのが、紫煙(しえん)というお店です。

こちらはワッフルがおいしくて、地元では有名なお店だそうですが、駐車場があまり大きくはないので、赤とんぼ文化ホールの駐車場に泊めさせてもらうほうがいいかもしれませんね。

 

実は播磨の小京都といわれている、たつの。

小京都っていうくらいだから、なんか和風なの? と聞かれたときに、ぜひ紹介したいのが、古民家カフェです。

朔(さく)と書かれた小さな看板に惹かれて、お庭に入っていくと、入り口で靴を脱いであがってくださいと言われます。

店内へ入ってみると、明るすぎず暗すぎない落ち着いた証明と、昔ながらのお家を利用したあたたかなインテリアが素敵です。

ソファーや椅子がゆったりしており、夏場は窓が開けられて扇風機が回してあって、なんだかおじいちゃんおばあちゃんのお家に遊びにきているような、そんな懐かしさを感じます。

スイーツセットでもいただきながら、カップルでソファーに座って、お互いのちいさかったころの話をしてみるのはどうでしょうか。

これまでに紹介したお店とは少し距離があるのですが、壱枚の絵、というお店もとてもおすすめです。

 

なぜだかたつの市にはおいしいコーヒーが飲めるお店が少なくないのですが、その中でもこちらは、コーヒーを飲みにこられるリピーターさんが多いようです。

レトロな雰囲気の店内に入ると、香ばしいコーヒーの香りが漂っています。自家焙煎コーヒーということで、ひきたての豆で入れていただくコーヒーは格別です。

スイーツもコーヒーにとてもよく合い、主張しすぎない上品な甘さのものが多く、ケーキなどは保存料を使用されていないとのことで、安心していただけます。

厚切りのトーストや、姫路名物のアーモンドトーストもとってもおいしいですよ。

こんどのデートは、ちょっと田舎まで足をのばしてみるのはどうでしょうか。なんだか時間がゆっくりと流れているように感じて、とても心がリラックスできると思いますよ。