気軽さと危険は裏腹 注意をしつつ積極的に行動するネット婚活

気軽で安いことが魅力のネット婚活ですが、無料のものも多いですが、中には会費がかかるシステムになっていることがあります。

さらにキケンがあるのも事実であり、データマッチングの特性を知り、自分で線引きをしながら安全な活動をするのが成功の秘訣です。

 

登録は無料でも活動には会費がかかります

気軽にスタートできる婚活として注目を集めているネット婚活について考えていたいと思います。

別項目でも書きましたが、安価でスタートできる上に場所や時間を選ばずに活動できるので人気が出ていますが、現実には上手に利用しないと難しい面もあります。

ネット婚活は、無料(または格安)で会員登録をすることができるのが最大の特長です。

さらにパソコンやスマフォがあれば登録でき、「どこかに出かけて登録」などの面倒な作業がないので、時間や場所を選ばず婚活できることになります。

そのため大きなサービスは、数万人の会員を抱えています。

 

ですが登録は無料でも、気に入った人にメッセージを送る際に月会費が発生するなど、実は無料でできることには制限があり、必ずしも格安でパートナーを見つけることができるわけではないことを知っておいてください。

そのため登録はしたものの後からお金がかかることを知り、無料会員状態のまま放置している人も多くいます。

数万人の会員がいるといっても、実際にすべての人が積極的に活動しているわけではないことも知識として知っておいた方がいいでしょう。

 

情報を多くの人に見られることのキケンも認識しておく

まずネット婚活をする上で、絶対に忘れてはならないことがあります。

多くのネット婚活サイト(アプリも含む)は、会員登録をするとパートナーのプロフィールを検索できるようになります。

逆に言えば、あなたが登録した情報を多くの人が気軽に検索できるわけで、時にはそれを悪用しようという人がいないとも限りません。

今人気のあるサイトは、少し前まで「男性会員は有料。女性会員は無料」となっていました。

このシステムはいわゆる出会い系サイトと同じシステムです。

しかも出会い系サイトよりは安くて安全なイメージがあったので、出会い系サイトと同じ感覚で登録した人も存在します。

そのため結婚相手を探すのではなく、あくまでも遊び相手を探したり、中には体の関係だけを求めたりしたケースもあったと聞きます。

決して真面目な人だけではないので、十分に注意したいものです。

とは言え、自分の情報を何も公表しないのでは、条件検索に引っかからず、パートナー候補に選ばれるチャンスはありません。

本名は書かなくてもニックネームはしっかり書くとか、顔がはっきりわからなくても雰囲気が伝わる写真を載せるなどの工夫をする必要があります。

「あれもこれも怖い」と思ってしまう人は登録しても意味がありません。

逆に「何でも平気!」とあらゆる情報を公開していいかというと、それも間違いです。

実際、犯罪じみた事例を耳にしたことが何度もあります。

ネットを使った活動をするには、自分なりの線引きや内容の精査がきちんとできることが最低限の条件となります。

 

データマッチングの特徴を知って攻略する

データマッチングは、会員の中から、条件にあった人を抽出するシステムです。

好みのタイプにはいろいろあると思いますが、例えば優しさやおもいやりは統一的な基準がないので、ある・なしを簡単に語れません。

そのため客観的に判断できることで条件検索することが多くなりますが、それは年収や身長など数値化できるものです。

例えば身長を条件にする場合、「175㎝以上」と入力してしまうと、それ以下の人は対象外となります。

そこに「すごく優しくて、思いやりがあって、年収が高い人」がいても、身長が1㎝でも足りないと、プロフィールを見るチャンスさえなくなってしまいます。

もしあなたが結婚相手の最優先条件が「身長が175㎝以上」であれば別ですが、「それくらいあったらいいな」という希望程度の場合、少し条件をゆるめて検索する方がいいと言えます。

これは身長以外にも当てはまること。条件は希望より少し低めに設定して、丹念にプロフィールをチェックする方がいい人に出会えます。

 

活字で気持ちを伝えるコツをつかむ

データマッチングでは、システム上の機能を使って、気になる相手にメッセージを送ることになります。

「文章は苦手」という人も少なくありませんが、それでは相手の気を引くことはできません。

書店に行けば、メールの書き方の本がたくさん出ています。

活字で気持ちを伝えるテクニックは、実際の恋愛の場でも役立つスキルなので、ぜひ勉強してください。

 

メッセージを送るときのポイントは、まずあなたを知ってもらうことです。

先にも書きましたが、ひとつでも条件から外れていると、相手はあなたの存在を知ることができません。まずは自分の存在をアピールしてください。

そしてもうひとつ伝えたいのが、好意を持っているということを明確に伝えること。プロフィールを見た印象や共通点をアピールすることで、好感度を上げた状態でプロフィールを見てもらう方が成功率は上がります。

ちなみにネット婚活をあきらめる理由の多くは、「実際に出会える可能性が低い」ということです。

メッセージを送っても、返信すら来ないことも珍しくありません。

メッセージを送るたびに期待感を高め、返信が来ないことで傷ついてしまうのでは、なかなかネット婚活は前進しません。

これもネット利用の特長だと割り切って、積極的な行動をとり続けることが成功の秘訣です。