穴場の抹茶カフェ「辻利京都店」はデートにもおすすめ

京都を代表するスイーツと言ったら「抹茶」

京都へ行ったからには抹茶を食べたいという女性は多いですが、抹茶は大人気なのでどのお店も込んでいるのが現状。

そこで、京都の繁華街にありアクセスは抜群ながらも、比較的ゆっくり出来る穴場の抹茶カフェをご紹介します。

宇治の老舗「辻利」の初店舗、「辻利京都店」とは

391_1

宇治茶の老舗である辻利の初の店舗が、2014年9月に祇園にオープンしました。辻利は創業150余年の歴史を持つ、老舗のお茶ブランド。

伝統を守りながらも、新しいお茶の楽しみ方を提供し続けています。

そんな辻利の京都店は、3つのスペースに別れていて、それぞれ「カフェスペース」、「お土産スペース」、辻利の歴史が展示された「辻利サロンスペース」になっています。

 

カフェスペースはセルフスタイルになっているので、ドリンクやスイーツをオーダーして商品を受け取る間に、展示スペースを楽しんだりお土産を選んだり出来るのが魅力。

カフェスペースは、セルフスタイルなので、お客さんの回転率も高く、混んでいたとしてもあまり待たずにイートインすることが出来るのも嬉しいですね。

カフェでは抹茶ドリンクと抹茶スイーツを楽しもう

391_2

カフェメニューは、抹茶ラテ、宇治煎茶、ほうじ茶、パルフェ、カップスイーツなど抹茶尽くしのメニューが取り揃っています。

せっかくなので、抹茶ドリンクと抹茶スイーツの両方を楽しんじゃいましょう。

スイーツのおすすめは、カップスイーツ。抹茶ティラミスや抹茶のモンブラン、抹茶のミルフィーユなど、見た目にも可愛らしいので女性ウケも抜群ですよ。

店内はスタイリッシュながらも、老舗の落ち着きもミックスされた空間なので、デート中のちょっと一息にぴったりです。

帰りにはお土産も

391_3

お土産スペースには、辻利京都店限定の石臼で挽いた本格的な抹茶、抹茶のラスク、日本茶の茶葉など自宅で気軽に辻利の味を楽しめるお茶とスイーツがラインナップされています。

カフェで一息ついた後、自宅ようにお土産を買ってかえるのもおすすめです。

辻利京都店は、辻利が表現する抹茶の世界観が贅沢に反映された場所。

ちょっとカフェで一息しながら、辻利の伝統に触れることが出来るので、お茶好きの女性であれば喜ばれるはず。

四条近辺はカフェ難民になりがちなので、穴場の抹茶カフェを抑えておくと何かと重宝しますよ!

★辻利京都店

  • 京都府京都市東山区四条通大和大路西入中之町 215
  • TEL(075)551-0220
  • 京阪「祇園四条」駅から徒歩5分