出会い系サイトに潜むサクラとキャッシュバッカー

出会い系サイトを使う上で必ず身につけるべきノウハウは「サクラとキャッシュバッカーの見抜き方」です。

プロフィールやメールの書き方ももちろん重要なことですが、それと平行して習得しておきたいところです。

出会い系サイトに潜むサクラとは?

サクラとは、出会い系サイトの中で一般ユーザに成りすまして異性とやり取りを行う、サイト運営者側が雇った人のことです。

恋活・婚活・出会い系サイト サクラはどこが一番多い?もご参照下さい)

なお、雇われる人はほとんどが女性だと思われます。

こういったサクラとして雇われる女性をメールレディと呼びます

 

運営者側はメールレディという名目で、出会い系サイト内で異性とメールのやり取りをしてくれる人を募集し、雇われた人は指定の施設に出社します。

そこには大量のパソコンが並べられており、皆が座り一斉にサイト内でサクラ行為を行います。

男性は機嫌よく女性とメールのやり取りを行いますが、決して出会うことができません。出会う約束を取り付けても当日平気ですっぽかされます。

出会い系サイトに潜むキャッシュバッカーとは?

キャッシュバッカーとは、サクラ(メールレディー)と同様にサイト内で男性とメールのやり取りをしますが、絶対に出会うことができない女性です。

なお、サクラ(メールレディー)との違いは運営者が雇っておらず、一般ユーザが自主的にサクラに似た行為を行っている点です

出会い系サイトでは「ポイント」というものが存在します。

女性はポイントは男性とメールのやりとりをするとポイントが貯まるようになっており、一定量に達すると商品券などと交換が可能です

これをキャッシュバック(CB)と呼んでおり、キャッシュバック目的でサイト内でポイントを貯めようとする女性をキャッシュバッカーと呼びます

キャッシュバッカーはポイント還元率の高いサイトで増える傾向があり、最近ではYYCやミントC!Jメールがキャッシュバッカーだらけになっています。

逆に、ポイントの還元率が低いサイトでは、女性側も割りに合わないのでキャッシュバック行為をしない傾向があります。ただ、どんなサイトでも一定数のキャッシュバッカーはほぼ間違いなく存在します。