Facebook系のアプリとして話題を集めているペアーズには、コミュニティ機能という独自のサービスがあります。

これはペアーズにしかないオリジナルの機能で、自分と気の合う男性を見つける場としてとても便利な機能です。

ただペアーズにしかない独自機能なので、恋活アプリ経験者でも知らない人が多いようです。

 

 今回はペアーズのコミュニティ機能を賢く使う方法について詳しくご紹介していきます。

コミュニティ機能をうまく活用できるようになると、自分と同じ共通の趣味や話題を持った人を簡単に見つけることができるので、理想の人と出会うきっかけ作りができる場として活用することができます。

 

ペアーズのコミュニティ機能とは

 

ペアーズには独自のサービスとしてコミュニティ機能というものがあります。

 

恋活アプリは出会い系サイトのような掲示板のサービスがないため、多くの男性に自分のことを一度で知ってもらう方法がありません。

ですがペアーズの場合はコミュニティ機能を活用することで自分と同じ趣味や話題を持った人と知り合うことができます。

コミュニティに参加するとそこには自分と共通の話題を持った人が集まってくるので、話の合う男性とかんたんに知り合うことができるのです。

 

恋活アプリは全く接点のない状態から知り合うことになるので、普通の恋愛よりもお互いの距離を縮めることが難しいです。

ですが共通の話題がある人であれば話題に困ることもないですし、心も開きやすくなります。

またいいねのマッチングを成立させるよりも、コミュニティに参加して相手を見つける方が効率的でもあります。

 

コミュニティの探し方は好きなワードで検索し、出てきた候補から自由に選んで参加することができます。

グルメ・旅行・仕事・エンタメなどいろんなジャンルやキーワードがありますが、中には一部の人しか知らないようなマニアックなものもあったりします。

好きなキーワードで検索して、出てきた中から自分の好きなコミュニティを選んで参加していきましょう。

コミュニティに参加すると、同じコミュニティに参加している男性のプロフィールが表示されます。

また男性のプロフィールを見るとその人が入っているコミュニティが反映されるようになっているので、そこから飛んでコミュニティに参加することもできます。

 

コミュニティの中から気になる男性のプロフィールを見つけていいねを押しにいくのもいいですし、反対に気になる人のプロフィールから同じコミュニティに参加して相手からいいねをもらうなど、どちらの方法を使ってもいろんな男性を見つけることができます。

 

コミュニティ選びのポイントは?

 

コミュニティは無数にあるので、いいコミュニティを選ぶ方法にはいくつかポイントがあります。

 

参加人数の多いコミュニティを選ぶ

せっかくコミュニティに参加しても全体の参加人数が数人〜数十人と少ないと意味がありません。またそういったコミュニティは活動していない可能性も高いので出会いを見つけるのは難しいです。

コミュニティ選びの目安にする参加人数ですが、全体ではなく男性が100人以上いるコミュニティを選ぶようにしましょう。

 

またよほど珍しいコミュニティでなければ、1.2個は1000人を超える大人数のコミュニティがあるので最初はそういったところから参加してみましょう。

 

定番のコミュニティに10個入る

 

コミュニティを選ぶ際は最低でも10個は参加するようにしてください。

いろんなコミュニティに参加する方が、幅広い趣味思考の方と出会うことができるからです。

10個選ぶ際は全部同じジャンルや話題にするのではなくて、グルメ・スポーツ・旅行などいろんなカテゴリを選ぶようにしましょう。

 

またコミュニティを選ぶ際に意識して欲しいのは定番のコミュニティを選ぶことです。定番というのは多くの人が知っている・当てはまるジャンルということです。

例えばグルメ・スポーツ・美容・恋愛・旅行などの定番のワードをいくつか選ぶことで、ニッチなジャンルのコミュニティよりも圧倒的に人が集まります。

 

サイトを始めた頃はできるだけ多くの男性から自分のことを知ってもらう機会をつくることが大切なので、誰もが選ぶであろう定番ワードを探していくつか参加するようにしてみてください。

 

コミュニティの参加しすぎはNG!

「コミュニティは最低でも10個選んでください」とお伝えしたのですが、反対にたくさん入りすぎるのはよくないです。

確かにたくさんコミュニティに入るほどいろんな人と出会える数は増えますが、自分で管理できなくなってしまうので結果的にはいい影響を与えません。

また参加しているコミュニティはプロフィールに表示されるようになっているのですが、選び過ぎるとトップに反映されない可能性があるので10個を目安に選ぶようにしてください。

 

自分のイメージを下げるコミュニティは選ばない

コミュニティを選ぶ際は自分が相手に与えるイメージも考えて選ぶようにしましょう。

基本的には自分の趣味嗜好に合わせて選んでも大丈夫ですが、あまりマニアックすぎるものだと男性が見た時に「僕とは正反対の人なのかな?」「趣味が合わないかもしれないなあ」と判断されてしまう可能性があります。

また大人しかったりインドアなイメージが強い趣味に関するコミュニティを選ぶと、自分のイメージを下げてしまう可能性もあるので、そういった点も考えた上でコミュニティを選ぶようにしましょう。

 

先ほどコミュニティの数は10個くらいが目安とお話しましたが、マニアックなものはそのうちの3割くらいまでにしておきましょう。

 

相手の価値観もコミュニティから読み取れる

 

気になる男性がどんなコミュニティに入っているかを見るだけで、相手の趣味思考やライフスタイルが分かります。

例えば

・お酒が好きな人が集まるコミュニティ→お酒が好き・お酒が飲める女性を探している

・旅行好きが集まるコミュニティ→旅行が好きまたは趣味

・ビジネス系のコミュニティ→仕事が忙しい・仕事重視の生活をしている人・勉強家

などコミュニティからでも相手のことをイメージすることができるのです。

 

 デートする前に相手の価値観や生活感など内面的な部分を知っておくことは、理想の相手と出会える可能性を高くすることにもなるので大切です。

またもしもプロフィールを見て気になる男性がいたら、どんなコミュニティに入っているのかをリサーチして自分も参加してみるのも、知ってもらえる機会が生まれるのでいいでしょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介