私が恋活アプリを利用するまでは、 出会い系サイトにいるようなサクラや業者はいないと思っていましたが、どうやら違ったカタチで存在しているようです。               

 ペアーズはFacebook系恋活アプリなのでサクラや業者はかんたんに登録できないようになっているのですが、 実際に利用していく中で「 もしかしてこの人サクラ・業者かもしれない」 と感じた人を見つけたのです。

ネット上の口コミやレビューに色々と目を通してみたのですが、恋活アプリにサクラや業者がいるかいないかについての意見はどちらもあってハッキリしたことが分かりませんでした。

 

 今回は私自身がサイトを使って調べて見たのでその結果をお話していきます。

私が調べた内容以外にも、デートした男性に女性のサクラや業者はいるのかについても聞いてみたのでそちらもぜひ参考にしてみてください。

 

男性会員の中にもサクラや業者は存在するのか?

 

まず男性会員の中にもサクラや業者は存在するのかと言う疑問ですが、結論を言うと少ないですが存在します。

 

ただ男性が思っているサクラや・業者はおそらく美人局など金銭目的の女性のことですが、女性の場合はまた違った内容です。

Facebook型のアプリなので出会い系サイトに比べるとサクラ・業者の数は圧倒的に少ないですが、それでもメールやプロフィールを見て確認できるくらいはいます。

 

どんな内容が多いのかなどは後ほど詳しくお話しますが、サクラ・業者に引っかかってしまうと連絡先を悪用されたり金銭的なトラブルに遭ったりと様々な危険に巻き込まれてしまう可能性があるのです。

 

  実際に私もペアーズを使って恋活していましたが、マッチング成立してメールがきた男性のうち1割くらいはサクラ・業者と思わしき人でした。

 

サクラ・業者を疑うプロフィールの特徴は?

 

いろんな男性のプロフィールを見ているうちに、サクラ・業者のプロフィールには色々と特徴があることが分かりました。

 

画質に違和感があり顔から上が切れている

恋活アプリの場合はプロフィールに顔写真を載せている人が多いのですが、 サクラ・業者の場合は顔の部分から上が切れている写真が多いです。

中でも多いのがスーツ姿で首から上を切って使っている写真で、いかにも無料素材などを編集して使っているのがわかるようなものがあります。

最初は見分けがつかないかもしれませんが、いろんな写真を見ていく中でこれ違和感あるなと感じるようになります。

 

ペアーズの場合はほとんどの男性が顔写真を載せていますので、もし切れているような写真や他の素材を使ったような写真を使っている人がいたら、候補から候補から除外するか、写真リクエスト機能を使うなどしてサクラ・業者ではない人なのかを確かめてみましょう。

 

お金持ちアピールをする男性

例えば「収入には余裕があります」とか「海外旅行に頻繁に行ってるので連れてってあげます」みたいなお金持ちアピールする男性がいるのですが、こういったお金で女性を釣ろうとする男性は裏がある可能性があるので注意してください。

わたしもお金持ちアピールがすごい人と会ったことありますが、結局ねずみ講をやってる人で、勧誘されました。

 

 誠実すぎる人も怪しいですが、お金持ちをアピールする男性はお金に困っているような女性を甘い言葉で誘ってアダルト系の仕事にスカウトしたり、私が会った人のようににねずみ講への勧誘を狙っている可能性があります。

 

例え自分が得するような話を振られても信じないようにしましょう。

ちゃんとした男性ほどお金や権力を見せびらかしたりすることはありません。

 

年齢と収入が見合っていない男性

プロフィールをチェックしていくと「若いのに稼ぎすぎじゃないか?」というような年収と年齢が見合ってない人を見かけたりします。

例えば20代前半なのに年収が1000万を超えていたり超高級車に乗っていたりと年齢に対して仕事や収入が釣り合ってないような人が時々いたりします。

職業によって可能性はありますが、20代前半の頃から1,000万を超えるような人はまずいないので、そういった人のプロフィールは「サクラ・業者なんじゃないか?」と疑うようにしましょう。

 

時に年収重視で男性を選んでいる女性は、年齢と年収が見合っているのかとプロフィールの内容を見て本当に稼いでいる人なのかもしっかりチェックしてください。

また職業と年収が見合っていない場合もあるのでこちらも合わせてチェックするようにしてください.

 

Facebookの友達人数に注目

サクラ・業者はいわゆる偽アカウントなので友達人数が極端に少ないケースが多いです。

ペアーズに登録するには Facebookは最低10人以上友達がいないと恋活アプリが利用できないのですが、サクラ・業者の場合は最低人数の10人しか友達がいなかったり多くても50人満たなかったりするケースが多いです。

 

反対にとてつもなく多いパターンで3000人や5000人以上と極端に多い人は、こちらも偽造アカウントである可能性が高いので、
プロフィールなどを細かくチェックするようにしましょう。

 

サクラ・業者に引っかかるとどうなるの?

 

絶対にあって欲しくないことですが、これから恋活サイトデビューしようと考えている人も多いと思うので、自分の身を守る予備知識の意味も含めて、「もしもサクラ・業者に引っかかってしまった場合どのような危険があるのか」お話していきます。

実際の事例を知っておくだけでも、怪しい人を見つけた時に「こういう人は危ない」と判断できるようになります。

 

男性会員の中に存在するサクラ・業者が狙っているのはまずは連絡先です。

多いのは電話番号とlineのIDです。

メールのやりとりの中で

「電話でお話したいので電話番号を教えて欲しい」や「lineのIDを教えて」など個人情報を聞き出す人がいます。

こういった人は連絡先の回収業者といって女性から集めた連絡先を他人にまとめて売っていたりするのです。

安易に連絡先を教えてしまうことで色々な個人情報が漏れてしまう可能性があるので、聞かれても絶対に教えないでください。

 

ラインを交換する際は、相手の連絡先を聞くかQRコードで交換するなどしてパスワードの解読などに繋がる可能性のある情報は教えないようにしてください。

 

  またこの他にも実際に会ってみたら「変な商材を売りつけられた」「ねずみ講の勧誘された」「ホテルに無理やり誘われた」などというケースもあるので、被害に合わないように自分で見分けるチカラをつけましょう。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介