素敵な男性を見つけるためには恋活アプリの選び方も重要になってきます。

しかしまだ恋活アプリの利用経験のない方にとっては、実際に使ってみた際のイメージが浮かびにくいのではないでしょうか。

なので「自分に合った恋活アプリでサイトデビューしたい!」「変な人に引っかかって失敗したくない」と感じている方が安心して利用できるように、今回は私が実際に恋活アプリペアーズでやりとりしてデートした人との体験談をお話ししていきます。

デートの内容だけでなく、その時感じたことや注意点なども一緒にお伝えしていきますので自分が恋活する際に置き換えて考えてみてください。

今回デートした人のプロフィール

 

年齢:30代前半

職業:保険の営業マン

居住地:大阪

相手の利用目的:恋人探しと異性の友達探し

年収:800万

 

メールの時点での第一印象

プロフィール写真がイケメンで紳士だったのですが、プライベートの写真をいくつか載せていてその写真がとても好印象でした。

トップの写真が保険の営業マンみたいな写真だったので、「威圧感のある人だな」と最初は少し怖かったのですが、メールしてみると意外に優しい人だったので、写真だけで判断せずに実際にやりとりして見ると意外な発見があって面白いなと感じました。

 

どうしてこの男性を選んだのか?

まずプロフィール写真がとても好印象だったことです。

トップにくる写真がスーツ姿の写真だったので最初は少し怖いなと感じました。

ですが他にも複数枚プライベートだと思われる写真を載せていて、その写真が笑顔で写っているものだったり私服姿で写っているものもあり、とても好印象だったのでいいねをお返ししました。

 

またプロフィールの内容が他の男性よりも細かく自己紹介が書かれていたところも好印象でした。

例えば普段の日常生活の過ごし方やお休みの過ごし方、好きな女性のタイプなどについて細かく書かれていたので、興味が湧いてもう少しメールのやり取りをして色々聞いてみたいなと思ったのでいいねをしました

 

後は共通の趣味があったり自己PRが全体的に人間身溢れる感じだったので、この方に選びました。

 

  プロフィールを読むとその人の人柄がわかります。最初のうちはわからないかもしれませんが、いろんな人の文章を読んでいくうちに言葉の選び方やニュアンスでその人の性格がだいたい想像できるようになってきます。

 

なので男性のプロフィールをチェックする際は「どんな内容を書いているか」、ともう一つ「どんな書き方をしているのか」も見るようにしましょう

 

いいねから初デートまでの期間はどれくらい?

最初にいいねをしてくれたのは相手の男性からでしたが、わたしがペアーズをあまり利用していない時期だったこともあり、いいねに気づくまで一週間ほど空きました。

メールの期間も含めるといいねから初デートまではトータル1ヶ月ほどでした。

 

  わたしの場合はスマホにメッセージの通知が出ないようOFFにしていたので、いいねが来ても気づかないことがよくありました。

 

通知をOFFにしておけば周りの人から見られる心配はないのですが、いいねに気づくタイミングを逃したことで相手の男性とマッチング成立しなかったりしたこともたくさんあったので、できればマメにサイトをチェックしておくことをオススメします

 

メールのやりとりはどれくらいの期間?

お互いに仕事が忙しいこともあって、メールの期間が3週間ほどと長かったです。

メールの頻度もそこまで多くなくて1日に2〜3通の頻度や忙しい時は2.3日空いたりすることもありました。

この方とメールしていて、生活リズムが合わないとメールの頻度はどんどん減ってしまうことが分ったので、「付き合ってもうまくいく人なのか」判断するポイントとして重要なポイントだなと感じました。

 

待ち合わせ場所は?

大阪駅の改札前にしました。相手の男性の職場の最寄駅でわたしもアクセスがよかったのでここに決めました。

あとは改札前は人通りも多いので、静かなところで会うよりは緊張しないかなと感じたからです。

 

 待ち合わせの際に身を以て痛感したのが「服装の情報は細かく伝えておくこと」の重要性です。

実はこの方と待ち合わせした際に、 服装の情報を細かく伝えてなかったせいでお互いを見つけるまで25分以上かかってしまうハプニングがありました。

この日男性はスーツだったのですが、帰宅ラッシュや通勤ラッシュ時の時間帯ということもあって他のサラリーマンと見分けがつかなくなってしまったのです。

また人通りがとても多いハブ駅だったので、同じ場所で待ち合わせしているスーツの男性が何人もいて間違えそうになりました。

 

待ち合わせをする際は、服装に関する細かい情報はもちろん、カバンやネクタイなど相手を特定しやすい細かい特徴も一緒に聞いておくようにしましょう。

また女性が男性に対して服装を教える場合の注意点ですが、コートの色や靴・髪の色なども詳しく教えてあげる方が分かりやすいです。

スカートなのかワンピースなのか、コートを羽織っているのか手に持っているのかなど、細かい情報を教えてあげるだけでも相手は見つけやすいので配慮してあげましょう。

細かいかもしれませんが、うまく合流できない状態が続くと男性から「冷やかしなんじゃないか」と勘違いされてしまう場合もあるので気をつけましょう。

 

デートした場所:駅近くのカフェ(スタバ)

最初のデートだったのでできるだけ人通りの多い場所を選びました。

メールでデートのことを決めていた際に「よかったらお食事どうですか」提案されてたのですが、 最初から堅苦しいところで食事すると緊張して普段通りに会話できないだろうと思ったので、気軽に話せるカフェにしてもらいました。

 

 わたしの考えですが、初めての顔合わせはゆっくり食事するよりもカフェデートにすることをおすすめしています。

なぜかと言うと、食事デートの場合は食べることに気を取られてしまいがちで、お互いに気が張ったままの状態でもあるので、話たいことを話せないまま終わってしまう場合があります。

 

また初めての顔合わせで来た人が「プロフィールや想像していた人と明らかに違う」と幻滅してしまった場合、気持ちは冷めてしまっているのに食事をして帰らなけらばならない、という苦痛の時間を過ごすことになります。

その点カフェであれば気兼ねなく話すことができますし、長居する必要もないので早めに切り上げて帰ることもできます。

それに初めての顔合わせではお互いの距離を縮めることと、お互いのフィーリングを確かめるくらいでも大丈夫なので、気軽に話せるカフェがおすすめです。

 

デート時間とかかった費用は?:

この時は食事をせずコーヒーだけご馳走にまりました。

お会いした印象がとてもよかったこととお話も弾んだので、2時間ほど話していました。待ち合わせがうまくいかなかったりでバタバタしていたのですが、ゆっくり話せたのでお互いの距離は縮められました。

 

 男性を選ぶ時に「最初のデート費用について」の項目で「男性が全て払う」と書いている人で絞る人が多いかもしれないのですが、全ての人が出してくれる訳ではないので気をつけましょう。

また最初から高級レストランなどで食事をして「じゃあ割り勘で」なんてことになれば、タイプの人でなければ痛い出費になってしまうので、最初はカフェや気軽に入れるバーなど手軽なところを選ぶようにしましょう。

 

デートしてみた感想

やはりメールでやり取りしている時と実際に会ってみた印象では大きく違うなと感じました。 

例えばメールの文章が堅かったので話にくい人だろうなと思って会ってみたらすごくフランクな人だったり、思っていたより身長が低かったり、写真の雰囲気より多少違っていたりと、良くも悪くもイメージしていた人とは違いました。

 

また性格や仕事や恋愛に対する考え方も、メールのやり取りでは感じられなかったことを、たくさん知ることができました。

 メールの時点であまり良い印象でない人でも、一度会ってみてるとプラスな印象に変わることもあるんだなあと感じましたね。

 

反対にマイナス評価なところもいくつかありました。

デートしていて気になったのは、あまり計画性のない人と言うか段取りの悪い人で、お店を決めて下さってなかったようで探すのに余計な時間がかかってしまったことです。

 メールの段階で「どこかお店探しておきますね」と言っていたのでお任せしていたのですが、緊張していたのかアタフタしていて「事前に決めておいて欲しかったなあ」と正直思いました。

 

お店選びの話がメールで出てくると思うんですが、会ってから決めると、探し回ったりして無駄な時間になってしまうので、メールの段階でお店の場所を決めておくことをオススメします。

もしくは事前にお店をいくつかリストアップしておいて、合流してから相談すると早いかもしれません。

 

また顔合わせをした際には持ち物や服装など身だしなみもチェックしておいた方がいいなと感じました。

プロフィール写真では一番いい写真を選ぶと思うのですごく清潔感がある写真だったので、身だしなみに気を使われてる方だと思っていたのですが、実際に会ってみると鞄がかなり使い古していたものだったり、身だしなみに気になるところがいくつかあって残念でした。

写真の印象は参考にはなりますが、やはり実際に会ってみると想像以下だったという人も結構いるので、良いも悪いも実際に会ってから判断するのが一番だなと感じましたね。

 

あと自分自身に言えることなんですが、プロフィールは定期的に更新することをおすすめします。

最初に書いたプロフィールは何を書いたか次第に忘れてしまうので、いざ男性に「そういえばプロフィールに●●って書いてたけど」と言われた時に「あれ?そんなこと書いてたっけな?」と覚えてないことがよくあって気まずい空気になってしまうので、時々内容をチェックして変えていくようにしましょう。

 

デート後の相手の反応は?

デートした日の帰りに相手の男性から連絡がきました。

「今日はありがとうございました。すごく楽しかったです。すごく素敵な方だったので僕は前向きに考えたいと思っています。もしよかったらまた会ってもらえますか?」

というような内容だったと思います。

 

 デートが終わって解散したあとに「どのタイミングでメールを送ればいいの」と悩む人もいると思いますが、まずは相手からの連絡を待ってみましょう。

もし夜遅くになってもメールがこない場合はダメだったか、OKだけど連絡がマメじゃない人のどちらかだと思うので、その時は自分からお礼のメールを送るようにしましょう。

 

ここで私が実際に相手の男性に送ったメールの例を紹介します。

メールの例:

「今日は貴重なお時間を作って下さりありがとうございました!メールでお話するよりもさらに深く●●さんのことを知ることができてとっても楽しかったです。

想像していた以上に素敵な方だったので、またお会いできることを楽しみにしていますね!

明日からまたお仕事頑張りましょう!おやすみなさい」

 

もう少し砕けた文章でもいいですが、相手が年上男性の場合は最低限のマナーは考えたメッセージにしましょう。

タメ口や馴れ馴れしすぎる言葉遣いは男性から嫌われてしまうので、相手に不快感を与えない文章を作れるようになる方が印象もアップしますよ。

 

反対に相手にお断りのメールを送りたい場合は次のような内容を送っていました。

お断りメールの例:

「今日は貴重なお時間作って下さりありがとうございました。色々とお話ができ本当に良い時間を過ごせたと思っています。

ただ●回お会いして色々考えてみたのですが、お付き合いしようというところまでは気持ちが至りませんでした。 本当にごめんなさい。

お気持ちにお答えできないのは残念なのですが、今後素敵な女性と出会われることを心から祈っています。

私も頑張ります。本当にお時間ありがとうございました。」

 

相手に対するお断りメールは、間違えてしまうと怒らせてしまったりトラブルに発展することもあるので、OKのメールを送る時よりも気を遣う必要があります。

お断りメールを作成する際は、できるだけ前向きな言葉を入れるようにしましょう。

一番やってはいけないのは、メールを送らないことや相手からのメールを無視してしまうことです。

お互い真剣に出会いを探している同士であればなお更、お断りする場合であってもメールで本心を伝えるようにしましょう。

 

2回目のデート:ディナーデート

デート費用は相手の男性が全て払ってくれました。

ペアーズのプロフィールにはデートの際の費用をどうするか選べる項目があるのですが、わたしは男性が全て払うを設定しています。

 

女性によっては「ガツガツしているように見られるのがいやだ」といって相談して決めるにしている人もいるみたいなんですが、金銭的な感覚はお付き合いしてからすごく気になってしまうので遠慮せず希望を書いておくようにしましょう。

ただ初めてのデートで必ずしも相手が出してくれるとは限らないので、一応自分が払う場合も想定しておいて、お店のリクエストを聞かれた際に高級店を選ぶのやめましょう。

また男性の意見として「最初から全部ご馳走してもらうのが当たり前な態度を取られると、良いイメージがない」そうなので謙虚な姿勢は忘れないようにしてください。

 

ただこの男性とは結果的にお付き合いには至りませんでした。

相手の男性からお付き合いして欲しいとのお気持ちはいただいたのですが、色々と気になった点があったので断ることにしました。

 

お付き合いに至らなかった理由

1番大きな理由は生活の価値観が合わなかったことです。

2度目のデートで私生活に関する話をたくさんしたのですが、その中で時間の使い方や恋人に求めることへの価値観が合わなかったんです。

今はよくてもこれから一緒に過ごしていくことを考えたら難しいなと感じました。

 

またもう一つ気になったのが食事のマナーと食の好みが合わなかったことです。

事前に食べ物の好き嫌いや料理についてお話しておけばよかったのですが、好き嫌いが見事に合わず、選ぶお店のニュアンスも私とは違うなと感じてそこを受け入れることができなかったです。

気にならない人もいると思いますが、食事に関しては根本的な趣味が合わないとあとあと苦労すると私は思っているのですが、そういった細かい価値観はやはり会ってみてわかることが多いなとこの時感じました。

 

最初のデートやお食事デートの際にチェックしておいた方がいいポイントとしては

・食の好み

・食事中のテーブルマナー

・身だしなみや服装

・恋愛や生活に関する価値観

といった点が大事かなと実際にデートしてみてわかりました。

 

Aさんに会うまでにやり取りした人数は?

実はAさんとのデート当日までに他3人の男性と同時進行でやりとりをしていました。

実際にお付き合いをするまではいろんな男性とメールをしてみるほうがいいとわたしは考えているので、最初から一人に絞らず色んな男性とお話ししてみましょう。

その中からデートする男性を選んで決めてみると良いかもしれません。

 

またデートする相手が決まった場合は一旦他の方との連絡はおやすみしてもいいですし、そのまま続けても大丈夫ですが、急にやりとりを止めて長い期間空いてしまうとその分距離は離れてしまうので、素直に「他にもやり取りしている男性がいてお会いする約束をしているので、その男性とお会いしてからまたご連絡しても大丈夫ですか?」とお話しするのもいいかもしれません。

「それなら諦めます」という方もいますし「大丈夫ですよ」と言う方もいるので、その方が気持ちの面でお互い無理なく恋活アプリを利用することができるはずです。

 

ペアーズで理想の男性と出会うためのポイント

今回お話した体験談もふまえてペアーズで理想の男性と出会うためポイントをいくつかまとめてみました。

 

プロフィール内容は細かくチェックしておくこと

初めて顔合わせする時はお互い何も知らない状態なので、プロフィールの内容がベースになるので、必ず相手のプロフィールをチェックして情報を入れておきましょう。

(過去にプロフィールに書いている内容と実際に話してみた内容が違うという人がいて、後々聞いてみたらプロフィールを偽っていたという経験をしたことがあります。)

最低でも年齢や職業、住んでいる場所などはチェックしておくようにしましょう。

またプロフィールとは大幅に違った人が来て「これ正直に書いてたら会ってなかったな」と思うくらい違うような男性が来た場合は、正直に「プロフィールの男性と違いますよね」と聞いてお断りすることをオススメします。

お互いに無駄な時間を過ごすより正直に話してお別れする方が嫌な思いをせずに済むので、そういった勇気も必要です。

 

この時お会いした方は極端すぎたので珍しい例ですが、ペアーズ以外の恋活アプリでもプロフィールを多少偽っている人はいるので、デートすることが決まった人は特に細かいところまでチェックするようにしてください。

 

マイナスな印象の人でも会ってみる

完全に怪しいなと感じる人とは会う必要はないですが、「メールの口調が冷たい」「淡泊で怖い」と感じた人でもいざ会ってみるととても優しい人だったということもあります。

 

プロフィールの内容やメールだけですべてを決めてしまうのではなく、実際に会ってみてフィーリングが合うかどうか確かめて決めることをオススメします。

特にペアーズを使い始めた最初の頃は、できるだけいろんな男性と会ってみてください。

なぜかと言うと何人も会っているうちにペアーズに登録している男性の特徴が分かったり、「こういったプロフィールの人は怪しい」「こういうメールを送るとデートの話まで持っていける」などやりとりのコツや見分け方が身についてきます。

使い方のコツがわかるようになると自分の理想に近い男性に会えるようになってくるので、少々時間がかかってもサイトを使い込むようにしてみてください。

 

 大体一つのサイトで3ヶ月くらいは使い込んだ方が良いと私は思っています。

いろんな男性と出会ってからデートするまでに少なくても3ヶ月はかかるからです。

ある程度使い込んでみていいねの数が増えづらくなってきたり、自分が理想とする条件の人とマッチング成立しにくくなったと感じた際に、他の恋活アプリに変えてみましょう。

色々試してみて、自分に合った恋活の仕方を見つけてくださいね!

ペアーズの詳しい解説はいかに纏めていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介