ブライダルネットで実際に婚活した感想まとめ!ユーザー・サイトの傾向や特徴を徹底分析

今回はわたしがブライダルネットを使って婚活してみた感想と、サイトの傾向や特徴についてまとめてみました。

婚活サイトの中ではとても評判の高いブライダルネットですが、実際に使ってみると口コミなどでは分からなかった事やユーザーもいろんな特徴があることが分かりました。

ブライダルネットのより詳しい情報は以下に纏めていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

 

ブライダルネットを利用してみた感想

まずはわたしがブライダルネットに実際に登録してみて分かったことについてご紹介してきます。

ブライダルネットの場合は他の婚活サイトに比べて独自のコンテンツが多いので、過去に他の婚活サイトを利用した経験のある人でも新鮮さのあるサイトだと感じました。

他にもいくつか感じたことがありますのでご紹介していきます。

1.SNS機能を利用している人が多い

ブライダルネット独特なのが、日記を書いている人やつぶやき機能を使っている人が多いことです。

特に日記に関しては書いている人がとても多く、試しに投稿してみたのですが読んでくれる人もいるので出会いのチャンスを増やすにはとても便利なツールだなと感じました。

ブライダルネットには条件検索など相手と繋がるキッカケをつくるツールが多く用意されています。

よく使うもので挙げると日記やマップ機能などです。

中でも日記機能はよりたくさんの人から見てもらえるツールで、出会いのチャンスを広げられるので活用している人がとても多いです。

また日記を投稿すると、読んでくれた人がいいねやコメントをしてくれるのですが、それに対していいねを返すとあいさつが成立となりメッセージのやり取りをすることができるようになります。

他の婚活サイトと比べて自分を発信することができ、相手に知ってもらうことができる場が多いのでマッチング成立がしやすくなります。

また日記を書くことでプロフィールでは分からない人柄だったり、生活感や感情を知ることができるので相手から興味を持ってもらえる可能性も高くなります。

2.婚シェルサービスなどのサポート体制が整っている

ブライダルネットには婚シェルというサポートサービスがあります。

これはブライダルネット内での婚活で困ったことや相手とのコミュニケーションの取り方などなんでも相談にのってくれるサービスです。

この婚シェルはプロフィールの作成方法など細かいところまで相談にのってくれるようなのですが、それぞれのユーザーの婚活状況によって婚活パーティや結婚相談所などの紹介もしてくれるそうです。

ただ婚コンシェル自体は便利なサービスですが質問してからの回答が遅いなという印象を受けました。

婚活はタイミングがとても重要なので、サポートサービスが柔軟でない点は少し気になってしまいましたね。

ただネット婚活が初めての人は分からないままサイトを使うより婚シェルのサポートに頼りながら進めていくと上手くいくかもしれませんえ。

3.会う前に直接連絡先を交換しなければならない

ブライダルネットはあいさつ成立(他のサイトでいうマッチング成立)してからやり取りできる期間が7日間というルールがあります。

このルールがあることで、連絡先を聞くことが苦手な人にとっては交換する理由ができるのでとてもありがたいことなのですが、わたしのように「実際に合ってから今後お付き合いしたいと思ったら連絡先を交換したい」と考えている人にとっては「不便なサービスだな」と感じてしまいました。

せっかくいい人であっても連絡先を交換するかには至らないと考えてしまうので、もう少しサイト内でやり取りができるとその後の関係も変わってくるのかもしれません。

ブライダルネットを利用しているユーザーの特徴

お相手の男性のプロフィールを検索してみたのですが、他のサイトと比べて違うなと感じた点がいくつかありましたので紹介していきます。

1.プロフィール写真の掲載率が高い

ブライダルネットではプロフィール写真を掲載している人がほとんどでした。

出会い系サイトと比べれば圧倒的に婚活サイトの方がプロフィール写真の掲載率は高いのですが、ブライダルネットの場合は検索してでてきた人は9割近い人が写真の登録をしていました。

どうやらブライダルネットでは顔写真の登録基準が高く設定されているようです。

「加工した写真はだめ」「顔の半分以上が写っている」など細かい基準が決められているので相手のイメージがつきやすいです。

やはり顔写真が掲載されている人の方が、プロフィールと総合して判断することができるのであいさつ成立する確率は高くなるのだと感じました。

2.年齢層が若い

婚活サイトを利用している年齢層の平均は20代後半〜30代後半くらいが多いのですが

ブライダルネットの場合は20代後半の割合がとても多いように感じました。

ただ細かいプロフィール内容をチェックしてみると年収や仕事の業界などハイスペックな人の割合が多いので、女性でステータス重視で結婚相手を選びたい人にとってはいい条件で探せるかもしれません。

ただ年齢が若めなので、歳上や30代後半以降の方を求める人にとってはモノ足りなさを感じてしまうかなという印象を受けました。

まとめ

ブライダルネットについてはネット婚活経験者でも知らない人が多かったかもしれません。

特にネット婚活ゼクシィ縁結びや楽天O-netのような大手企業が運営しているサービスを選びがちなのですが、サポート体制やコンテンツの充実度はブライダルネットも負けてはいません。

また婚活分野においては婚活パーティや結婚相談所などあらゆる事業を展開している企業運営でそれぞれのサービスとも連携しているためいろんな形で婚活を成功させることが可能です。

これから婚活サイトを選ぼうという人がもしいれば、ブライダルネットから初めてみてはいかがでしょうか。