「そろそろ真剣に結婚相手探さなきゃなあ」と婚活アプリの利用を考えている方もいますよね。

ですが、そこで1つ気になってしまうのがサクラや悪質ユーザーの存在です。

婚活アプリもマッチング系サービスなので、出会い系サイトのように「サクラや悪い人に騙されたらどうしよう」と不安や疑問を抱えている人もいるはず・・・。

 そこで今回は、わたしが婚活にチャレンジしたアプリユーブライド」のサクラや悪質ユーザーについての実態について、みなさんにお伝えしていきます。

「婚活アプリにもサクラはいるのか?」「普通に出会いを探して大丈夫なのか?」などの疑問を実体験を元に解決してきます。

ユーブライドにサクラはいるの?

ユーブライドを使う前に「ユーブライドってサクラとかいたりしないの?」と気になりますよね。

 

  サクラといえば男性ユーザーが被害にあっているイメージが強いですが、出会い系サイトやマッチングアプリの口コミを見ていると、女性でも「被害にあった」「トラブルになった」といった内容をたくさん目にするので不安になる人もいるかと思います。

 

ではユーブライドにはサクラはいるのでしょうか?

 

答えは、全くいない!です。

 

ユーブライドでサクラの存在を心配する必要は全くありません。

なぜならサクラが登録しても意味がないようなシステム、管理体制が整えられているからです。その理由として次の3つの理由があります。

 

サクラゼロ宣言を掲げているから

ユーブライドにサクラが存在しないのは、運営側がサクラゼロ宣言というものを掲げているからです。

サクラゼロ宣言とは、 悪質な業者やサクラを撲滅するためにユーブライドが徹底しているサイト管理を宣言したものです。

 

マッチング型サービスではサクラの他にもメールアドレスの回収業者や悪徳サイトへの誘導を促す業者などの存在が問題視されています。

そういった悪質な存在を徹底的に排除するために、ユーブライドでは個人情報の管理や本人確認認証管理などを徹底しているのです。

このようにサクラゼロ宣言を掲げていることから、ユーブライドにはサクラが登録できない環境が整っているのです。

 

男性も女性も有料でしか使えない

ユーブライドでサクラが全く存在しないのは、男性も女性も有料でしか利用できないことも影響しています。

 

出会い系サイトでなぜサクラ・業者の存在が多いかというと、女性が無料で男性はポイント課金制だからです。

女性は無料で利用することができるため、サクラであっても登録することができます。

男性もポイント課金なので料金は発生しますが、使う分だけポイントを購入すればいいので毎月定額コストがかかることはありません。

そのためサクラが登録しやすい環境になっているのです。

 

ですがユーブライドはじめ婚活アプリは、男性女性どちらも月額定額制なので、費用を考えるとサクラが利用するにはコスパ(コストパフォーマンス)が悪すぎるのです。

また利用の有無に関わらず定額料金が発生することから、複数アカウントをつくることもできないのです。

 

Facebookや電話番号での認証が必要だから

ユーブライドに登録するためにはメールアドレスやFacebook アカウントなど、何かの個人情報が必要になります。

ユーブライド以外の婚活アプリでも電話番号認証を採用していたり上記アカウントを必須としているものがほとんどです。

Facebook や電話番号については基本的に1アカウントしか持つことができません。

そのため複数アカウントを作ることを目的としているサクラや業者は登録することができないのです。

 

またアカウント管理だけではなく、登録後様々な確認書類の提出も必須となっています。

年齢確認や本人確認書類は必要となる項目がはっきり写ってなければ審査が通らないようになっているので同じ書類を使い回ししたりすることができないのです。

 

他にもユーブライドでは様々な認証確認を行っています。

・ 年齢確認

・本人証明

・収入証明

・独身証明

・ 資格証明

・学歴証明

主にこの6項目です。

よりアカウントの信用性を高めるための証明書類の提出を推奨することで、一般ユーザーとサクラの可能性があるユーザーをはっきり区別化することができています。

 

ユーブライドは100%安全なのか?

お話したように、ユーブライドでサクラの存在は一切心配ありません。

そういった意味では安全に利用できるアプリだと言えるでしょう。

ですが、サクラとは別にもう1つ問題視しておくべき存在があります。

 

それが悪質ユーザーと呼ばれる人たちです。

 

悪質ユーザーとは、婚活や恋人探しなどの出会い以外の目的で利用しているユーザーのことです。

悪質ユーザーがやっかいなのは、サクラや業者のような組織的に行ってる人たちではなく個人で行っていることです。

一見プロフィールやメールの内容では一般ユーザーと大差ないため、ぱっと見た印象だけでは区別することができません。

 

ユーブライドに存在している可能性がある悪質ユーザーは次のようなことを目的としています。

 

連絡先の回収業者

ユーザーの実体験だけでなくサイト側からも注意喚起されているのは、連絡先の回収業者の存在です。

メールアドレスの回収業者とは、「直接連絡をとりたい」というのを口実にして相手から連絡先を聞き、集めた連絡先のリストを別の業者に売ることを目的にしている組織です。

出会い系サイトなどで問題になっていましたが、給料のマッチングアプリや婚活アプリでもそのような存在がいるようです。

 

最近は連絡先の交換手段としてLINEを使う人が多いですが、女性側のLINEのIDやQRコードなどを聞き出し、業者に売るような組織が増えているそうです。

メールアドレスもLINEのアカウントも全て個人情報なので、悪用されることでさまざまな被害に発展する可能性があります。

また回収したメールアドレスや、LINEのアカウントを使って不正サイトに登録したり悪徳サイトへの誘導メールを送信してきたりする場合もあるそうです。

 

連絡先の交換は場合によっては必要になりますが、安易に交換することでリスクを伴うことを理解しておきましょう。

 

ヤリモクの男性

一般ユーザーに紛れて登録している可能性が最も高いのが体の関係だけを目的とした男性のことです。

マッチング型サービスの中ではヤリモク(女性とヤルことが目的)と呼ばれています。

ヤリモクは女性ユーザーが被害にあう可能性が高い悪質ユーザーで、 実際にネット上では「デートしてみたらヤリモクの男性だった」という被害に会いそうになった書き込みも見かけます。

 

  ユーブライドではありませんが、わたしも別のアプリを使っていた時にヤリモクの男性と会ってしまったことがあります。

 

ヤリモクの男性は、最初から体の関係が目的なので、そういった雰囲気に持ち込みやすいように待ち合わせの場所や時間などを計画的に考えています。

プロフィールを見ただけや少しメールしただけでは他の一般ユーザーと見分けがつきません。

そのためデート当日相手と会って話を持ちかけられたところで初めて気づくことが多いのです。

 

マッチングアプリに比べると少ないですが、男性は利用料金がほぼ変わらないのでユーブライドにも登録している可能性はあります。

 

結婚詐欺

婚活アプリならではの問題が結婚詐欺のトラブルです。

婚活アプリである結婚詐欺は、一般のユーザーと同じように女性に近づき交際をスタートさせてから徐々に騙していくという手口だそうです。

そのため交際が始まる前までは、男性のプロフィールや言動、行動などに全くの疑いを持っていない人は気づかないケースが多いようです。

婚活アプリで起こる結婚詐欺のやっかいな点は、相手が逃げた際に年齢確認しか行っていなかった場合、相手を特定することができないことです。

元々まったく面識のない者同士が出会うので、いざ騙された時に情報を集めようとしても難しいのです。

 

 わたしの友人が、別の婚活アプリを使っていた時に結婚詐欺で騙されそうになったそうです。

婚活アプリを使い始めて間もない頃だったので、男性に対して特に不信感を抱くことなくお付き合いすることを OKしたそうです。

ですが相手の男性が結婚を急ぐような話をしてきたり、お金に関する話が少しずつ多くなってきたことから「もしかして何か騙されているのではないか?」と不審に思ったことがきっかけで騙されずに済んだそうです。

結果、男性に対して結婚の話はまだ考えていない意思を伝えると、そこから態度が変わりそのまま連絡が取れなくなったそうです。

 

結婚詐欺についても多いケースではありませんが、実例として起こっていることなので注意が必要です。

 

悪質ユーザーを見抜くことはできるのか?

ここまでお話ししたように、ユーブライドでサクラや業者の心配はありませんが悪質ユーザーについては注意しなければなりません。

ですが一般のユーザーと同じように登録していて、組織ではなく個人で活動しているケースがほとんどなので、簡単に見抜くことはできません。

 

ではどうすれば悪質ユーザーの被害に遭う前に見抜くことができるのでしょうか。

それは、悪質ユーザーである可能性が高いある特徴をチェックすることです。

 

プロフィールを全く書いていない

男性のプロフィールを見ていると、ほとんどの男性が自己PR文までしっかり書いていますが、時々全く空白のままの男性がいます。

このようにプロフィールが何も書かれていない男性は悪質ユーザーである可能性があります。

 

 マッチングアプリの場合は興味本位で登録している人も多いので、プロフィールが白紙であっても普通のユーザーである可能性はありますが、婚活アプリの場合、真剣に出会いを探している人であればまずあり得ません。

 

婚活アプリに登録しているのにプロフィールが白紙の人は不自然です。

またプロフィールには全く何も書かれていないのに、あいさつメールはすごくテンションが高い人なども不自然です。

 

このような男性は、最初から避ける必要はありませんがメールをする期間を長くとるなどしてしっかり見極めるようにしてください。

 

メールの返信が極端に早い男性

自分が返信したメールに対して、いつでもすぐに返信が返ってくる男性は注意が必要です。

例えば土日などの休みや仕事終わりだと考えられる夜の時間に、リアルタイムで返信が返ってくることは不自然なことではありません。

ですがほとんどの方は日中仕事をしているビジネスマンなど社会人の男性ですので、いつ連絡してもすぐに返信が返ってくる人は怪しいです。

 

このような男性が悪質ユーザーか見極める方法として、男性の職業を見るようにしてください。

例えば男性の職業が会社員の方であれば、一日中すぐに返信が返せるような状況ではまずありません。

つまり職業を偽っている可能性が考えられます

職業に対して生活リズムが明らかにおかしい場合は、男性に質問をするなどして私生活の過ごし方を探ってみましょう。

 

100%悪質ユーザーとは言い切れませんが、男性のプロフィールの職業などを照らし合わせて判断することが大事です。

 

お金の話が多い人とは絶対に会わない

女性を陥れようとしている男性は、うまい話をしてくることが特に多いです。

その中でも特に多いのがお金の話を餌にして女性の気を引こうという男性です。

「年収5,000万あるから生活には困らないよ」

「僕と結婚したら旅行もいけるし、なんでもあげるよ」

「なんでも面倒見てあげたい」

などおいしい話をしてくるような人は裏がある可能性が高いので、会わないようにしてくだださい。

もし本当にお金持ちの男性であったとしても、お金を全面的に出してくる人との婚活はリスクが高く危険なのでおすすめできません。

 

また他にも金銭面の相談をしてくる男性がいたら結婚詐欺である可能性が高いです。

実際にあってからだと断れるものも断れなくなってしまうので、絶対に会わないようにしましょう。

 

悪質ユーザーはメールのやりとりで見極める

悪質ユーザーの特徴と見抜く方法についてお話ししましたが、メールでやり取りする期間を長く持てばそれだけ男性のことが理解できるようになり悪質ユーザーかどうか見抜くこともできます。

被害に遭わないためには、メールの時点で「本当に婚活をしている人かどうか」を判断できる女性としての知識を養うことが大事です。

そのためには悪質ユーザーの特徴を理解しておくだけでなく、いろんな人とやり取りして慣れていくことも1つの方法です。

 

婚活アプリには本当にいろんな人が登録しているので、まずはいろんな男性とやり取りをして自分が理想とする男性と出会えるように頑張りましょう!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介