「25歳になったのに恋人もいない。そろそろ本気でどうしよう」

わたしがユーブライドを使い始めたのは結婚に対する焦りがきっかけでした。

 今回はわたしがユーブライドに登録して男性とのマッチングから初めてのデートに行くまで、そしてその後の結果までの体験談をお話していきます。

婚活アプリをこれから選ぶ方や婚活にチャレンジしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

婚活のきっかけは年齢と結婚に対する焦りだった

わたしが「婚活しなきゃ!」と思い始めたのは、結婚に対する焦りからでした。

25歳といえば周りは1度目の結婚ラッシュ。

どんどん周りの友人や同期が結婚していく中、わたしは彼氏とも別れたばかりで結婚とは程遠いような状態でした。

 

そんな中で結婚を決めた友人に言われたのが「婚活してみたらどう?いろんな方法があるよ!」でした。

婚活についてあまり興味がなかったのですが、いろんな婚活方法があると聞いて早速チャレンジしてみることにしました。

 

わたしが友人から教えてもらった婚活方法は次の3つでした。

・合コン

・婚活パーティー

・婚活アプリ

ただ婚活アプリについては「出会い系サイトの延長線じゃないの?」と抵抗もあったので、まずは合コンと婚活パーティーからチャンレンジしてみることにしました。

 

友人に誘われて合コンに参加してみたものの

まずは合コンに参加することから始めました。

友人にお願いして4対4の合コンをセッティングしてもらいました。

友人は幹事をしてくれている男性しか知らず、あとは誰がくるのかわからないということでしたが、いざ男性達が来て驚きました。

友人の知り合いのか幹事は28歳でわたしたちと同年代でしたが、その他の男性は年齢が上で、中には40代後半をすぎているような人もいて、婚活とはほど遠い会になりそうだと感じたからです。

 

合コンは確かに出会いのチャンスはありますが、相手の男性を事前に選べないので期待ハズレになることが多いと痛感しました。

結局その場は楽しかったですが、中には既婚者の男性もいたり(後ほどわかったのですが)年齢差が大きすぎて完全にただの飲み会でした。

 

合コンは友人からの紹介などで信用性の高い出会いのチャンスはありますが、

・どんな男性がくるか当日までわからない

・当たりハズレが激しい

・参加費がかかる(時に男性が出してくれることもありますが)

この3つのデメリットがあるので、友達頼みや運次第になってしまいます。

 

婚活パーティーの意外なデメリット

合コンを数回したのですが、理想の男性とは出会えず時間とお金を無駄にしているような気がして諦めました。

 

そこで次に挑戦してみたのが婚活パーティーです。

婚活パーティーなら参加者全員が結婚相手を探しにきているので、見つけられると思い参加しました。

 

その日は30人ほどの中規模なパーティーでした。

20代限定の婚活パーティーだったので、「これはいけるかも!」と思いました。

ですが婚活パーティーの意外なデメリットを知ることに。

 

参加した婚活パーティーは20代限定という以外は特に条件がありませんでした。

年齢的にも会費を高く設定しているわけではなかったので、お試し感覚で参加している男性も多かったんです。

年齢以外は参加者のステータスにばらつきがありましたし、自分の理想にマッチする人がその中にいたとしても、最初から指名して選ぶことができないのでそのまま話せず終わることもあるのだと知りました。

そしてもう1つが時間の縛りです。

1対1でずっと話せるといいのですが、婚活パーティーでは1人の男性と長く話ができません。

立食で自由に動き回る場合は複数の女性と一緒に話すことになりますし、マンツーマンで席移動をする方式であれば制限時間が決まっています。

気になる男性がいたのですが、じっくり話すことができず結局マッチングしないまま終わりました。

加えて、積極的に自分から話にいく性格ではないわたしにとって、「婚活パーティーは向いていないな」と感じました。

 

婚活パーティーも1度の機会でいろんな人と出会うことができるメリットがありますが

・会費がかかる

・一人の人と長く話すことができない

・参加者の質にばらつきがある

といったデメリットもありました。

 

参加者に対する条件(職業や年収など)にこだわりのある人は、「経営者限定」「年収1,000万以上限定」などといった条件付きのパーティーに参加するといいかもしれません。

 

このように合コンに続き婚活パーティーも、わたしには合わず失敗に終わりました。

合コンと婚活パーティーに共通して感じたのは、「もっとゆっくり自分のペースで婚活したい」「大勢ではなく個人で会える方がいい」ということでした。

 

そこでもう1つ友人がすすめてくれた婚活アプリを使ってみることにしたんです。

 

婚活アプリ選びから会員登録まで

とはいったものの、婚活アプリに興味のなかったわたしはどんな婚活アプリがあるのかも知りませんでした。

なので、友人からいくつかおすすめしてもらったうちの1つを使うことにしました。

 

友人がおすすめしてくれたアプリは

・ゼクシィ縁結び

・ユーブライド

・ブライダルネット

この3つでした。

 

今回はネット検索で口コミを調べてみた結果、口コミの評価がよくて、一番目にする機会の多かったユーブライドを利用することにしました。

 

 ネットで検索すると婚活アプリに関して体験談や口コミがたくさん投稿されていますよね。

実際に利用した女性の体験談はとても役に立ちますが、人によって自分に合うアプリは違います。

アプリによって相性があるので、体験談の他にもサイトの特徴やどんな男性が登録しているのかなどのデータを情報収集しておくのも大事です!

 

自分に合ったアプリの選び方については下記の記事にて解説していますので、こちらを参考にアプリを選んでみてください。

ユーブライドに登録して男性探し

早速ユーブライドに登録をしてみました。

登録自体は

・アカウントの初期設定

・プロフィール設定

・年齢確認

この3つだけだったので5分ほどあればできる簡単な作業でした。

 

ユーブライドの登録については下記の記事を参考にして作業をすすめてください。

登録がすべて終わったので早速男性を検索してみました。

プロフィール検索というものがあって、条件をいれると該当する男性がヒットする仕組みになっています。

 

わたしが重要視していたのは年齢・居住地・職業・年収の4つだったのでとりあえずこの4つだけ絞ることにしました。

 

 身長や体型など、個人の感覚によって誤差が生まれるものは絞り込みをかけないのがポイントです。

細かく条件設定してしまうことで、本来出会えたかもしれない人との可能性をなくしてしまうことになるからです。

 

婚活アプリで出会いを探すのであれば、先ほどあげた条件4つにプラスα結婚に関する項目を絞るくらいがちょうどいいです。

 

検索結果が次のように表示されました。

 

この中から1つずつプロフィールをチェックしていきます。

その中で気になった男性にいいねを押していきました。

 

 プロフィールをチェックしてどの男性にいいねを押すかですが、最初のうちはあまり絞りすぎずにいいねを押していくのがおすすめです。

最低限の条件がマッチしていればとりあえずいいねを押してみましょう。

やりとりを始めてから印象が変わってくることもよくあるので、判断するのはメールのやりとりをしてからでOKです。

 

いいねを押して少し待ってみると、いろんな男性からいいねのお返しが届きました。

 

 いいねがマッチングした後にはメールのやりとりができるようになります。

相手の男性からメールが届くのを待つのもいいですが、チャンスを逃してしまうこともあるので、最初のあいさつメールは自分から送る方がいいでしょう。

あいさつメールについてはいろんな男性に送ることになるので、あいさつメールのテンプレートしておくと便利です!

 

まずはマッチング成立した男性にあいさつメールを送ってみました。

 

 

とりあえずマッチング成立した男性には全員送ってみることにしました。

すると何人かの男性から返信が返ってきました。

 

プロフィールに惹かれたCさんとのメールからデートまで

返信が返ってきたうちの一人がCさんです。

Cさんから次のような返信が返ってきました。

 

 

Cさんのプロフィール

・年齢:29歳

・居住:東京

・職業:金融系営業

・年収:800万

このような内容でした。

 

わたしがCさんに惹かれた理由はプロフィールの内容をみて気になったことはもちろん、次の点がすごく好印象だったからです。

・言葉遣いに優しさを感じた

・会話がテンポよく進む、質問に答えてくれる

・メールのペースがちょうどいい(催促されることがない)

・共通の趣味があったこと

・プロフィールをしっかり書いていてわかりやすかった

 

またお互いに私生活の過ごし方や恋愛・結婚に対する考えかたを質問を通して共有することができたため、距離が縮まったと感じたことも大きかったです。

 

婚活アプリではまったく相手のことがわからない状態でスタートすることになります。

その為、メールで相手の内面を知ることが実際に会うかどうかを判断する際の大きな基準になってきます。

メールのやりとりでは相手にたくさん質問をしてください。

日常生活のことや趣味の話など、最低でも1回のメールで1つは質問することをやってみてください。

 

他の人とのメールのやり取りもしていましたが、使い始めたばかりでいろんな男性とメールをする余裕がなかったので、この時はCさんだけに絞って連絡を取ることにしました。

Cさんから、初めてやりとりをしてから2週間ほどで「よかったら一度会ってみませんか?」とお誘いを受けました。

お互い仕事の都合で直近の予定が合わなかったので、メール開始から約1ヶ月後、仕事終わりの夜にお会いすることになりました。

 

ユーブライドで初めてのデート〜Cさんと待ち合わせ

その日は平日でお互い仕事があったので、夜20:00ごろに駅で待ち合わせをすることにしました。

 

 待ち合わせをする際ですが、当日の服装やバッグ、髪型など何か目印になるものをお互い伝えておくと見つけやすいです。

特に男性の場合はお仕事帰りだとスーツで来られる方も多いので、スーツの色やネクタイの色なども聞いておくと待ち合わせで苦労することはありません。

 

この時はお互い連絡先の交換をしていなかったので、アプリ内のやり取りで待ち合わせをしました。

無事に20時に合流することができ、そのままCさんが予約してくれたお店で食事をしながらお話しました。

 

Cさんの第一印象ですが、正直メールしていた時の印象と良くも悪くも違いました。

メールでは優しい感じの印象を持ったのですが、年齢が若いこともあって落ち着きというよりは勢いを感じるような男性でした。

ただもう少しCさんのことについて、いろいろと聞いておけばよかったなという後悔もありました。

ただ他の女性との交際経験があるようで、食事の予約などスマートにエスコートしてくれました。

この日はだいたい2時間ほどでしたが、食事をしながらお互いの仕事、恋愛、結婚観について話をすることができ、待ち合わせした場所で解散しました。

その時Cさんから「よかったら結婚も前提にお付き合いを考えてくれると嬉しい」というお話をされました。

 

ただその時のわたしの正直な印象は、「メールやアプリ内でイメージしていた男性と違った」という気持ちだったので、そこでは返事をせずに帰りました。

 

Cさんと2回目のデートをすることに

一度目のデートをした時にはいいところもイマイチなところもあったので、その場は決めかねてしまい、もう一度デートをすることになりました。

最初のデートから1週間後、今度は休日のランチにお会いすることになりました。

 

この日はCさんもお仕事がお休みだったので、スーツではなく私服でした。

ですが、私服姿を含めわたしの中で「この人とはお付き合いできないかも」と思う点がいくつかはっきり出てきました。

 

 今回のように最初のデートで仕事帰りに会う場合は、お休みの日にもう一度デートすることをおすすめします。

どうしても仕事帰りでかつスーツ姿だと、相手の私生活で見えてこない部分が大きいと感じました。

わたしのように、休日に会って印象が大きく変わることがあるので、デートを数回重ねて判断した方がいいでしょう。

 

この日はランチデートをしながらお話したのですが、わたしの中ではすでに「お付き合いするとは考えられない」という答えが出ていたので、早めに切り上げて帰ることにしました。

 

そしてその後アプリ内のメールで(連絡先の交換はお断りしていたので)

今日は本当に楽しかったです。

ありがとうございました!

先日Cさんからお付き合いについてお気持ちをいただいたと思うのですが

今日もう一度デートをしてみて

わたしの中でお付き合いしたいという気持ちまでには至りませんでした。

本当にごめんなさい。

Cさんに素敵な出会いがあることを願っています。

 

このようなメールを送ってお付き合いをお断りしました。

Cさんとの婚活は、ここで終了しました。

 

Cさんとの婚活で分かったユーブライドで婚活するポイント

ユーブライドに登録して初めて婚活した時の体験談をお話しました。

 ユーブライドに登録するところから実際にデートするまで、婚活の流れについてイメージしていただけたかと思います。

 

今回Cさんとの婚活で、今後ユーブライドで婚活を続ける上で大事なポイントや使い方なども分かったので、いくつかご紹介します。

 

確認書類の提出マークをチェック

プロフィール検索を使って男性を探す際ですが、できれば確認種類に提出マークがついている男性を選ぶ方がいいでしょう。

アプリで見る場合は男性のプロフィールのページにアクセスして下にスクロールすると記載してあります。

 

 

ユーブライドには年齢確認以外にも本人証明収入証明など様々な証明書類の提出ができるようになっています。

証明書類の提出について、年齢確認以外は義務ではありませんが提出している書類が多い男性の方が信用性が高いです。

 

Cさんについてはプロフィールの詳細でみると平均より少し上くらいのステータスだと思います。

ですがもしも収入条件を高くあげる場合など(2,000万以上などのハイクラス)は、収入証明を出している人から優先的にチェックする方がいいでしょう。

 

プロフィールはログイン順でチェックする

プロフィール検索をした時、初期設定のまま表示される検索結果では新着順で表示されるようになっています。

ですがこの状態で男性を探してもあまり意味はありません。

新着順は新規会員登録をした日付が新しい人順で表示されるので、ログインして使っていなくても登録した日が新しければ上位表示されてしまう状態に持っています。

この状態で男性を探していいねを押しても、いいねが返ってこない可能性が高くなってしまうので、プロフィール検索をして結果が表示されたら新着順ではなくログイン順に変更するようににしてください。

ログイン順にすることで、最後にサイトにログインした順から表示されるので、男性がサイトを閲覧しているときにいいねをすることができますし、結果いいねが返ってくる可能性が高くなるのです。

 

メールする期間を長く持つとデートで苦労しない

男性とマッチング成立すればメールのやり取りが始まりますよね。

ここで大事にしてほしいのが男性とメールする期間を長く持つということです。

 

婚活に失敗してしまう例として多いのが、「メール期間をほとんど持たずにすぐにデートしてしまうこと」です。

「めんどくさいから」と言って、すぐにデートまで話を進めてしまうと結果的に婚活に失敗してしまうことが多いです。

メールのやり取りでは男性に関する情報はもちろん内面性まである程度把握することができます。

メールする期間をほとんど作らないままデートしてしまうと、当日誘ってみて「想像していた人と全然違う」という印象とのズレが生じる可能性が高くなります。

メールのやりとりは単に男性との距離を縮めるためだけの方法ではなくて、相手のことをしっかり見極めるための一つの方法でもあるのです。

 

メールのやり取りをスタートさせてから実際にデートするまでですが、最低でも1週間〜2週間ほどはやり取りをしてみてください。

その間に、男性の趣味や仕事についてあるいは結婚に対する価値観などいろんな情報を収集しておきましょう。

男性のことを知ることだけでなく、実際にデートした際の話のネタにもなります。

 

また男性とメールする際は質問の文章をひとつ入れておきましょう。

メールの期間を長く持つということは、それだけ話のネタが必要になってきますよね。

メールが面白くなくなってくると返信率が下がってしまう原因になるのですが、一つ質問を入れておくだけで相手の男性はメールを返しやすくなります。

あまり深堀りするような質問をすると不快な気持ちにさせてしまうので注意が必要ですが、いろいろな質問を考えて男性の情報を引き出すきっかけにしてみましょう。

 

今後のユーブライドでの婚活について

今回はCさんとデートした時の体験談についてお話してきました。

初めての婚活経験でしたが、Cさんとの婚活で分かったことは、婚活アプリで婚活をするのならいろんな男性と会ってみて決めることが大事だということです。

なので、ユーブライドでもう少しいろんな男性と会ってみようと思い、婚活を続けることにしました。

この記事を読んでくださっている方の中では、「婚活アプリをこれから使ってみようかな?」「あるいはどんなアプリを選べばいいのかわからない?」など様々な状況の方がいると思いますが、1つ言えるのはユーブライドに限らずいろんな婚活アプリを使ってみて自分に合うところを見つけるのが成功の近道だということです。

ユーブライド以外にも、ブライダルネットマッチドットコムyahooパートナーなどいろんな婚活アプリがあります。

婚活アプリの男性も女性も有料なので複数のアプリに同時登録しているケースは少ないです。

つまり選ぶアプリによって出会う男性の系統や特徴は違ってくるということです。

  ユーブライドは初心者の方でも利用しやすいアプリになっているので是非おすすめですが、使っていくうちに「やっぱり合わないかも」と感じた方は、他のアプリも使って自分に合ったアプリで婚活にチャレンジしてください!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介