結婚が成立したとても意外にカップル イケメンはイヤだと言い切る美女たちの理由

世の中には、美男美女のカップルがいますが、結婚相談所では、そうではないカップルがしばしば誕生します。

ここでは、私が目にした意外な組み合わせのカップルと、その理由を紹介していきます。

アンバランスなカップルは珍しいことではない

芸能人といえば、美男美女のカップルという感じもありますが、稀に「美人女優と青年実業家」が結婚し、写真を見てみると、「あれ?」と思うことがあります。

結局お金なんだろうか?と思ってしまいます。逆に、一流のイケメンシェフが、女性芸人と結婚することもあります。

結婚相談所でも、片方がかなりのレベルの美人(イケメン)で、パートナーが真逆というパターンができます。そこにはお金ではなく、一般的な感覚を超えた、一歩上の感覚があるようです。

イケメンはイヤだと言い切る美女たちの理由

結婚すれば、何十年も見続ける顔。そのため、「美女(イケメン)がいい」といったことを条件に挙げる人がいます。

同じように、「内面重視で」という人もいます。でも中には、「イケメンは好きではないので、整っていない方。イケメンはNG」という指定をする方がいます。しかも、少なくないのです。

その理由には、過去にイケメンの彼氏がいて、浮気をされた過去があるといったものや、ファザコンで、お父さんがまったくいけてない顔の方というものがほとんどです。しかも、イケメンNGという方の中には、かなりの美人がいます。

気になるのは、どれくらいいけてない顔でもいいのかという点ですが、これはかなり低いので驚きです。

入会した時に、「これは厳しい」と思う方でも、すっと美人と結ばれていたりします。ただし、ブサイクはOKでも、汚い感じはNG。清潔感があり、自分なりにあれこれと気を遣っていることは、絶対の条件となります。

太った女性がいいといった、激細な男性

最近は、ぽっちゃりブームと言われ、かなり太った人を好む人が増えました。

個人的には、ぽっちゃり好きは元々潜在的に存在していたものが、最近になって公言していい雰囲気になったというだけの話だと思っています。

実際に、「太めの女性をお願いします」とキッパリという方がいます。そして、そんな男性の中には、極端に痩せている人が多いように思います。

ある男性は、180cmも身長があるのに、体重は52キロというヒョロッとした方でした。

昆虫の「ナナフシ」みたいな感じです。その彼が条件に挙げたのが、「せめて75キロ以上あるぽっちゃりの女性。100キロを超えていてもいい」というものでした。

女性は痩せている方がいい女で、太っていると不利だと思っているので、あまり結婚相談所に登録をしません。ましてや100キロ級の女性となると、結婚相談所では見つけられるものではありません。

 

ところがある日、タイミングよく、かなり太めな女性が入会しました。

婚活に苦戦するという婚活アドバイザーの予想に反し、彼女にはお見合い希望の声がちらほらあがります。そして3人目に会ったのが、先に紹介したナナフシ男性で、見事に成婚しました。

結婚式の写真をいただきましたが、「絶対に尻に敷かれてるな…」という感じでした。

背の低い弟キャラを希望した170cm超えの女性

バブル期は、「3高」などと言ったように、高身長を条件にする女性が多くいます。

でも最近は、「ヒールを履いた自分と同じくらいの身長の人が理想」という人が確実に増えています。

でももっと意外だったのは、じぶんより身長が低い男性を求める人がいたことです。

その女性の身長は170㎝を超えていて、さらにヒールをさっそうと履きこなす方でした。見た目は180cmくらいあり、とにかく目立つ存在した。

 

そんな彼女が希望したのは、身長の低い男性。具体的には165cm前後が理想で、160cmくらいでもいいとのこと。

つまりヒールを履いた状態で、身長差が20センチあってもいいということでした。

残念なことに、160㎝台の身長の男性は、その身長にコンプレックスを抱えている方が多く、自分より背が高い女性に抵抗感を感じてしまいます。

そのため婚活はかなり難航。でも最終的には、身長164センチ、靴のサイズが24・5センチの方と結ばれました。

お金儲けに積極的ではない男性を希望した女資産家

お金持ちの人の周りには、それを利用しようとする人が集まってきます。

私が担当した方の中にも、親から引き継いだ多くの資産があり、家賃収入で一生暮らしていける女性がいました。

そんな彼女は、親がなくなってから、かなりの人に利用されかけたそうで、「せめて結婚相手には、がめつくない人を」と思ったようで、「無職でもいいくらい」という条件が付きました。

そんな彼女が結ばれたのは、小さな町工場で働く男性で、月収は350万円行くか行かないかの男性。もちろん今でも、お幸せです。

結婚相手に求めることはいろいろです。ちょっと自信がない部分がある方でも、逆にそれを魅力だと感じてくれる人にめぐり会えるかもしれません。