結婚することが女の幸せだなんて、一体だれが決めたのでしょうか。私は現在30代後半の独身女性です。

独身女性が「独身であることの素晴らしさ」について語っても、何だか「負け惜しみ」のように聞こえてしまうかもしれませんが、これからお話しすることは全て本心です。

ちょっと毒舌も入りますが、今回は、思い切り主観的に、私が独身でいることのメリットとして思いつくことをまとめてみたいと思います。

結婚しなければならないという強迫観念に駆られて、焦ってしまっている女性がいるのであれば、是非これを読んで明るい気持ちになってもらえたら幸いです!

 

やっぱり独身でいるって悪くないなと思える瞬間はどんな時?

 

独身でいると、既婚の友達と自分を比べてしまうことはついついありますよね。人は人、分かってはいるつもりでもやっぱり気になるのが「結婚生活」です。

でも私の場合はそうして気にしてみては、やっぱり「独身で良かったな」と思うことばかりです。

 

それでは、どんな時に「結婚してなくて案外良かったかも」と思えるのでしょうか。ここでは、独身でいてよかったと思える瞬間がどんな時なのかについてまとめていきたいと思います!

 

その①既婚の友人が所帯じみたなと思った時

30代を越えると、結婚している友人もどんどん増えます。結婚して子供を持つ友人が多くなり、やはり時にはそんな既婚かつ子持ちの友人と、遊びに出かける機会だってあるわけです。

私には何人もそんな友達がいますが、そんな友人たちと会うと、時々思うことがあります。

「〇〇ちゃん・・・結婚して老けたな」とか、「なんか所帯じみた感じに見えるな」とか、思ったところで口にはしませんが、心の中でそう思ってしまうことはあるものです。

 

私たち人間はやはり周りと自分を比べてしまいますから、いくら周りは関係ないと言っても、どうしても自分のことと比較して優劣を決めてしまうんですよね。

結婚している友人は、やはり生活感がどうしても出ますから、急に白髪が増えたり、化粧っ気がなくなったりしてしまいがちです。

こういう言い方は非常に失礼なのですが、「独身の時はもっとイケイケで魅力的だったのになぁ」と思うことは頻繁にあります。

 

と同時に、結婚している友人からは「やっぱり独身の女はいつまでも若いわね。」と言われることがあります。

彼女たちからすれば、自分たちは結婚していて子供もいて勝ち組だと思っているのかもしれませんが、私はこういう言葉を褒め言葉として受け取っています。

事実、独身でいるからこそ、それはもちろん外見には若いころと変わらずに、こだわっていますからね。

 

結婚してどんどん主婦になり、ただの「母」となっていく友人と自分を比較して、「女として私の方が断然魅力的だわ」と優越感を感じることは、多々あるものです。

 

その②家事に縛られて時間が好きに使えない既婚の友人を見た時

既婚の友人と出かけたり、ランチをしたりすることもあります。そんな時によくあるのが、「あ、そろそろ帰って夕飯の支度しなきゃいけないから」と言って夕方早々に切り上げて帰ろうとする友人の姿を見ることです。

 

なんだかんだ言って、日本はまだまだ古いなと感じますね。やっぱり女性が食事の支度をして、旦那さんが帰宅するころには食事を用意して待っていることが、スタンダードなのですから。

こういうのって、いかがなものでしょう。昔と比べると日本人の女性は働くようになりました。男性並みに働く女性なんてたくさんいますからね。

 

それなら男性も同じだけ家事をするべきだと思いませんか?日本人の旦那さんでこの辺りの理解がある男性は極めて稀です。

フルタイムで働きつつ家事に追われる友人を見た時に、「わー、私こんな生活してなくて良かったわー」と思うのが正直なところです。

 

結婚している女性が皆そうかというと、そうではないと思います。ですが、少なくとも家事に追われて自由時間を犠牲にしている女性がほとんどですからね。

これはやはり、これまでの古くから変わらない日本の文化によるものですね。

 

その③素敵な男性に出会った時

独身だからできること、独身でいることのメリットを考えた時に、忘れてはならないのが「恋愛が自由にできる」という点です。

結婚している女性が、「この前すごく素敵な男性に出会ったの!」なんて言うと周りから白い目で見られます。当然ですよね。結婚している以上、もうこれ以上恋愛経験なんて増やすことは出来ないのですから。

 

ですが、独身でいる限りこれはいつまでも自由にできます。

恋愛は人生において、素晴らしい経験のひとつです。恋愛が出来るからこそ、独身女性はいつまでも若々しいのではないでしょうか。私は少なくともそう信じています。

恋愛をすると、女性は自分をよく見せるために外見をまず磨きます。オシャレな洋服を買ったり、メイクにこだわったり、ダイエットをしたり、そんな努力が実を結ぶからこそ、独身女性は既婚女性に比べて女度が高いのです。

 

恋愛には終わりがありません。自分が終わりにしない限り、次々に新しい出会いも訪れます。

彼氏がいても、もっと素敵な男性がいればその時に乗り換えることだって可能なのですから、いつまでも「もっともっと!」と欲張ることが出来るのです。

いくつになっても恋は女性を美しくしてくれます。何より、恋愛って苦労もありますが、やっぱり楽しくてやめられませんからね。

素敵な男性と出会って、恋愛の予感を感じた時に「こんなことがあるから独身でいるって素晴らしいんだわ」と思えるものです。

 

その④引っ越したいなと思った時

突然ですが、皆さんは「引っ越したい」と思うことはないですか?

私は数か月に1度くらいの頻度で「あー、引っ越したいな」と思うのです。もちろん引っ越して1年2年は思いませんが、それ以降は定期的に「引っ越したい熱」が上がるときがあります。

 

別にマンションを買いたいとか、ものすごく広い家に住みたいとか、そんなことではないのです。それほど贅沢な話はしていませんが、ただ単に「気分転換のために引っ越したい」のです。

今の家からそれほど遠くなくてもいいのです。ただ単に引っ越しをすることで、身辺がすごく整理できますし最高の気分転換になるから、それだけを狙って言っているだけのことです。

 

ですが、こんなことが考えられるのも、独身だからこそです。もし結婚していたら、こんなこときっと思いもしないでしょう。

だからこそ、独身でいるって素晴らしいのです。その気になれば思い付きで引っ越すことだって出来るのですから。

 

その⑤将来の夢について考えてみた時

将来の夢というと、何だか子供が考えることのように聞こえるかもしれませんが、皆さんには将来の夢はありますか?

私にはあります!大人になると将来の夢なんてなかなか考えることもありませんよね。ですが人生まだまだ先は長いです。

もっとたくさん目標を決めて、夢を追いかけたっていいわけです。

 

例えば、資格を取って弁護士になりたいとか、歌手になりたいとか、そんな難易度の高い目標であっても、追いかけるのは自由です。

「もう年だから」というのはまだまだ先でいいとは思いませんか?

 

結婚をしていると、将来の夢なんて考えることもなくなりがちですし、お子様のいる方にとっては、将来の夢が子供に関することになることも多いでしょう。

もはや自分の人生には、これから何のミラクルもないと決めつけてしまっているのです。

 

結婚していない私たち独身族にとっては、まだまだ無限の可能性があります。将来的にやってみたいことを考えて、それに向かって行くこともまだまだ出来るのです。

だからこそ、私は将来の夢を思い描いたときに、「こんなことを考えられるのも、独身だからこそだな」としみじみありがたみを感じるのです。

 

その⑥やりたい仕事が見つかった時

例えば今、世の中のOLさんたちに、OLの仕事に満足しているかと聞いてみたとして、「満足しています」という人が一体どのくらいいるでしょうか。

 

人は、特に日本人はあまり夢を持たない性質であるように感じます。「先々こういう仕事をやって、自分で起業したいんだ!」なんていう考えを持つ女性はとっても珍しいですよね。

ですが、女性たちにそのような野心が全くないのかというとそうではないわけです。「こんなこと出来たらいいな」とふんわり思って、「どうせ無理だわ」とふんわり諦めていく人がほとんどなのです。

 

これが、既婚の女性だったらますますそうです。やってみたいことに対して何の意識もむけず、ただ自分が今置かれている状況で、やるべきことをこなす毎日を延々と過ごしていくのです。

ですが、独身でいるうちは、いつでもこの考え方を変えることが出来ます。

「よし!ちょっとまじで新しいこと始めてみよう!」と思ったが吉日です。いつだってスタートできる、これこそが独身でいることのメリットだと言えるでしょう。

 

その⑦旅行に行って、そこに住みたいと思った時

独身でいることのメリットとして、私にとって絶対に言わずにはいられないのが、「いつでも旅行に行ける自由さ」です。

私は旅行が好きなので、このメリットはとても大きいです。結婚していたら、「ちょっと私明日から旅行してくるから」とは言えませんからね。

 

そしてもっと言えば、旅行先で例えばその場所が猛烈に気に入って、もはやその場所に住みたいと感じた時には、それを実現させることだって、可能なのです。

もちろんお仕事の都合や、他にもいろいろな問題があるでしょう。ですが、事実上可能であることに変わりはありません。

 

私の友人はオーストラリアに旅行に行ったときに、現地を猛烈に気に入り、絶対にそこに住むんだという強い目標意識を持ちしばらく職探しをしていました。

結果的には見事有言実行でオーストラリアに移り住み、楽しく暮らしています。そんな彼女が移住をしたのは38歳の時です。

もちろん独身だからこそできることですよね。

こんな突拍子もない、夢みたいなことさえ現実にできるのが、独身でいることの強みなのです。もちろん行動力が伴わなければなりませんが。

 

私自身も、将来的には日本を離れる可能性が高いかなと思っているところです。30代後半になって、一年後の自分がどこに住んでいるかも分からない、想像がつかないというのは、恐ろしいことのようで、ものすごくワクワクできることのようでもあります。

少なくとも私は、将来の自分に期待していますし、この先が楽しみです!

 

独身のメリットとはズバリ何?

さて、いろいろと私が「独身ってやっぱり素晴らしいな」と思う瞬間について書かせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

独身だからこそできること、独身のメリットはたくさんあります。

ただ、一言にまとめるとすれば、「お金と時間を思い通りに使うことが出来る自由さ」ではないでしょうか。

 

「どこにも根っこをはやさずにいる」ことが独身でいることです。結婚をすればその家庭にしっかりと根をはやし、そこから立派で丈夫な大木を育てていくことが務めです。

家族が何よりも重要になり、自分のことよりも家族のことを優先するようになるでしょう。

それは立派な愛の形ですが、それが必ずしも一番幸せなことかというと、それはどうでしょう。

まだまだやりたいことがたくさんある女性は、独身でいる選択肢を忘れないでください。

女性に生まれたからには、結婚して子供を持つことが何よりも幸せだと聞かされてきたかもしれませんが、幸せの形は人それぞれですし、自分が幸せだと思うことが、幸せなのですから。

 

まとめ

結婚という二文字に振り回されて、焦りやプレッシャーを感じる人も少なくないと思います。ですが、結婚だけが幸せではありません。

現に今回お伝えした通り、独身でいるからこそ出来ることは無限にあります!

今独身でいる女性の皆さんには、特に覚えていて欲しいことがあります。それは「独身だからといって、周りの既婚者よりも自分が劣っているというわけではない」ということです。

これはただの固定観念で、完全に間違っています。こんな風に思ってしまうと、自分自身がかわいそうですよ。

 

独身でいることは、ひとつの選択です。自分自身を自由にさせておくことによって、開ける未来があるのです。

皆さんの今後の人生が、とっても楽しくワクワクしたものになりますよう、心から応援しています!

ピックアップエントリー

出会いがない方におすすめの婚活サイト・アプリ25以上実際に使って評価しました!
彼氏・彼女が欲しい人には恋活アプリあなたにピッタリのおすすめを紹介