高収入・学歴の女性が婚活を難しくしているのは自分自身?

高収入・高学歴の女性は、結婚しにくいと思っている人も少なくありません。

でもそれは自分自身が決めた呪縛のこともしばしば。好条件をアピールして、スピーディに幸せを手にするには、まず自分で決めた枠を取り払うことです。

女性には高収入・高学歴をマイナスに考える人もいる

会社役員で収入1500万円。

こんな条件のいい男性がいたら、結婚したいという女性が殺到するのは間違いありません。

でも女性の場合、これを障害だと思う人も少なくありません。

 

高収入を得ている女性は、大きく2つに分かれます。

  1. バリバリがんばって、その収入を自分のチカラで得た人
  2. 高収入を得られる仕事につき、いつのまにか高収入を得るようになった人

前者は自己主張が強く、自分に自信もあるので男性に対しても積極的。高収入であることがマイナスポイントだとは考えず、むしろ魅力のひとつだと考えます。

その一方で後者の人は、不思議なことにそれが結婚をあきらめるポイントになっています。

今までそういった方に一番多かったのは、女医さん。次に家業を継いだ経営者の方です。

高収入は好条件のひとつ

まず言っておきたいのは、高学歴や高収入は決してマイナスポイントではありません。

確かに男性の中には、自分よりも稼ぐ奥さんを快く思わない人もいます。

でもそれがすべての男性の意見ではありません。

むしろ、好条件だと考える人がたくさんいることをお伝えしておきます。

不思議なことに、年収700万円~900万円の収入帯の方は、「私はそれなりに稼いでいるので、男性にも同じ程度か、それ以上を望みます」という方が多いのですが、1000万円を超えると「私は収入を多く得ていますが、パートナーは普通に働いている人であれば、別に収入の条件はありません」という方が多くなります。

データマッチングで長所としてアピールする

では、高学歴や高収入な女性を求める男性に出会うにはどうすればいいでしょうか?

収入はひとつの分かりやすい特性で、アピールしやすいものですので、データマッチング(ネット婚活)がひとつの選択肢になります。

年収を条件に入れる人は、「○百万円上」と指定することはあっても、「上限○百万円まで」とする人はいません。

「でも容姿に自信がない・・・」

という女性もいるのですが、男性がみんな、同じ美しさ(容姿のよさ)を求めているわけではありません。

バッチリメイクの女性が好きな人もいれば、ノーメイクのすっぴん美人が好きな男性もいます。

もっと言えば、人間性が最重要で、容姿にはこだわらない人もいます。

放送作家の鈴木おさむさんは、森三中の大島美由紀さんと仲よし夫婦として有名ですが、彼は結婚前、美人好きとして業界で有名でした。

でも今は奥様のことが大好きで、誕生日プレゼントとして背中に名前の入れ墨を彫ってしまったほどです。

美人がいいというのは一般論で、そういっている人の中でも、奥さまはごく普通ということも多くあります。

人は外見だけでなく内面のプラスやマイナスも加味してどうなのか?と判断をされるので、容姿に限らず、自信がない部分があるからと言って悲観的になる必要はありません。

お金目的でないことを冷静に判断してくれる結婚相談所

データマッチング(ネット婚活)の場合、たくさんのアプローチがあるのは事実ですが、中にはお金が主な目的という人もいます。

結婚詐欺といった犯罪レベルの人はいないにしても、デートをしたりプレゼントをしたりと何かとお金をかけ、散々貢いだのに結婚できなかったというのもよく聞く話です。

結婚というゴールをしっかりと見据え、金銭的な部分だけが目的でない人をできるだけ早く見つけたいと思っている人は、結婚相談所を使うのが最適です。

女性側にも条件があり、それも加味した上でパートナー候補を紹介してくれるのはもちろんですが、実際に恋愛をするようになってから、冷静な目でアドバイスをもらえる利点もあります。

恋愛がスタートするといい部分だけが目に入り、「この人しかいない!」と思うようになります。

それと同時に、「この人を手放したくない」と思うあまり、ついつい貢いでしまう傾向が強く出るのもこのタイプの特徴です。

ダメンズ好きという女性は少なくありません。それで幸せになるのであればいいのですが、中にはそれを望んでいない人もいます。

そういった時に、「本当に今の人でいいですか?」と指摘してくれる結婚相談所はありがたい存在だと言えます。

 

自分の好みを理解していなかった女性の婚活成功談

ここで実際にあった例をひとつ。

旧帝大を卒業した女性は大企業に就職し、同期の誰よりも早く出世し、30歳中盤で最年少部長になりました。

年収は1400万円。容姿も決して悪くないのですが勉強と仕事に明け暮れ、恋愛経験はあまりありません。

常に忙しい状態で、「このままでは結婚相手を見つけられない」と結婚相談所に入会しました。

恋愛経験も多少あるようなのですが、あまりいい思い出ではなく、それも結婚相手を見つけられない理由のひとつ。

パートナーの年収にはこだわりをもたないが、「10年以上、同じ会社に勤めている人」というのが条件でした。

 

活動をスタートすると、お見合い候補の男性はどんどん現れます。

ところが、誰と会ってもいい返事をしないのは彼女の方。半年ほどして、彼女はダメンズ好きと分かりました。

小さなころから優秀だった彼女は、正反対の男性を好んでいたようです。

私はそれを否定する立場にありません。彼女が納得してダメンズと結婚するなら、それが一番だとも思います。

ところが彼女は、ダメンズは好きでも結婚相手にはできないという強い信念がありました。

その矛盾が、彼女の真剣な恋愛を遠ざけていたのです。

そこで、自分の求める結婚像を明確にし、それを実現するための理想の男性像を整理。その結果、やはりダメンズではない人がいいと納得しました。

 

結婚には、“自分が納得する”ということがとても大切。男女を問わず、優秀な人は、自分で自分を縛りつけている傾向にあり、それがいろいろと窮屈な状態を作ってしまいます。

ちなみに彼女は、それ以来、「肩の力が抜け、ちがった角度から男性を見れるようになった」と言い、数か月で取引先の男性と結婚することになりました。

運命の人は、意外に近くにいたというわけです。

凝り固まった考えをほぐし、冷静な目を養うこと。これも真剣な婚活をするからこそできることのひとつです。