婚活で容姿に自信がない女性はまずコンプレックスの解消から!

元が美人でないと恋愛できないと思っているのは実は勘違いです。

メイク術を磨くことで誰でも輝く女性になれますし、コンプレックスを解消し自信を持って行動することが婚活成功への第一歩になります。

結婚相談所のセミナーではこういった指導が徹底していますので、フルに活用してください。

メイク術を磨いて、誰でもいい女!

恋愛ができない女性の中には、「私は美人でも、かわいくもないから」という人がいます。

でも実は女性の場合、これはコンプレックスに過ぎないというケースが非常に多くあります。

作家の林真理子さんが著書の中で、「美人の幅が広がった」というようなことを書いていました。

確かにバブルの頃までは、本当の美人やかわいい人しか容姿をほめられませんでしたし、男性にモテているのは、そういった人たちでした。

一部の女性だけに人気が集中ということも多くありました。

でも今はどうかというと、どちらかというと平均くらいかも…という人が、意外に人気だったりします。

AKBグループに代表される今どきのアイドルグループを見て、「あれ?こんな子が?」と思ったことはありませんか?

AKBはクラスで4,5番目にかわいい子を集めたグループと言われるだけあって、ルックスにはかなりばらつきがあります。

中には、不細工な部類に入るのでは?という人もいたりしますが、握手会では長い行列ができ、多くのファンに恵まれています。

つまり今は、単に容姿のよさだけで判断する時代ではないのです。

 

そして女性には、メイクという強い味方があります。

ネット上で、メイク前後の写真を比較しているものが多く出回っていますし、メイク術を動画で披露している女性もいます。

中には詐欺レベルのものまであるのですが、そこに映る女性たちは自信満々。

今は、すっぴんが多少残念でも、メイクが上手にできれば勝者になれる時代。

むしろ美容に気を遣う、いい女と評価されることもあるほどです。

体系コンプレックスも気にしているのは女性側だけ

顔ではなく、スタイルに自信がないという女性も多くいます。

太っているとか、足が太いとか、貧乳とか、そのポイントはいろいろです。

ただ、これも実はあまり気にしなくてもいいものかもしれません

体系をカバーするファッション術があふれているので、ちょっとした工夫をすれば男性はそれほど気にしなくなります。

日本女性は体系へのコンプレックスが強いのですが、海外の女性はあまり気にしません。

確実に時代は、体系重視ではなくなっています。

その証拠に、太っている女性が好きという男性も増えています。

問題なのは、女性が容姿に自信を持てないことで、せっかくの魅力まで打ち消してしまい、恋愛や婚活に気おくれしてしまうことです。

これはとてももったいないことです。まずは男性が、容姿のよさそればかりを求めていないことを前提として知ってください。

自分磨きができるセミナーのある結婚相談所を選ぶ

とはいえコンプレックスは心の深くに入り込んでいるので、気にしなくていいといわれても、なかなかそうはいきません。

そこでそういった人には、結婚相談所を利用した婚活をオススメします。それも大手の方がいいでしょう。

大手の結婚相談所では、セミナーが盛んに行われています。

その中には、メイク術やファッションに関するものもあります。

メイクをきちんと教わったことがないという人は意外に多いもの。

プロに教わると、今までの我流ではカバーしきれなかった欠点を隠すことができ、それだけで自信を持てる女性も多くいます。

 

またファッションに関するセミナーでは、体系カバーできる服選びはもちろん、自分にあったカラーを教えてくれるところもあります。

自分をキレイに魅せてくれるカラーは、人によって違います。

一般的にいいと言われているカラーでも、実は自分にあっていないということもあります。

それを知るだけで、笑顔が輝いて見えたり、いきいきとした印象を与えることができたりしますので、ぜひ挑戦してみてください。

また女性らしい立ち居振る舞いや言動についてのセミナーがあるところもあります。

それまで自信がなく、なぜかオドオドとした行動をしていた女性が、ちょっとした気づきによって、まったくの別人のように振る舞える可能性もあります。

アドバイザーの事前告知で、第一印象を違うものにする

結婚相談所がいいところは他にもあります。

紹介の前に、アドバイザーがどんな人なのかを説明してくれるのですが、この時、容姿以外の性格や仕事への考え方、結婚観なども事前に話しておいてくれます。

普通であれば、容姿だけで判断されがちな第一印象ですが、先にいろいろ聞いていることで、総合的な判断をしてくれるようになります。

人は初対面の人と会った時、7秒で印象を決めるといいます。

7秒と言えば、かろうじて挨拶ができる程度の時間。

つまり外見で判断される部分が多いということです。

この場合の外見とは、必ずしも容姿のよしあしではないのですが、自信がなければ内面からでてくる魅力も半減してしまいます。

さらに、アドバイザーはいろいろなアドバイスをくれます。相手の好みを知った上で、

  • どんな服装がいいのか?
  • どういった趣味を持っているのか?

それを事前に教えてくれることで、コンプレックスを感じることなく、スムーズに会話をはじめることができます。