運命の相手と出会う4つの方法と男性の選ぶ結婚したい女性のタイプ

皆さんは「婚活」と聞いてどのようなことを想像しますか?

  • お見合いパーティーのようなもの
  • ネット婚活

他にもあるかもしれませんが、多くの人たちが「リアルな世界で出会う方法」「婚活サイトなどのネット上で出会う方法」のどちらかを思い浮かべるでしょう。

どういう方法が一番の「婚活方法」なのでしょうか。

これに関しては答えはありません。人によって「オンラインが便利」という考え方、「やっぱり実際にリアルな世界の中で知り合うのが良い」という考え方など様々だと思います。

今回は「婚活」をテーマに、世の中の男女がどのように出会い、仲を深めて結婚というゴール地点までたどり着いているのか、「出会いの形」を中心にまとめてみました。

1.共通の友人の紹介で

実際に結婚まで至ったカップルの馴れ初めとして一番多くみられるのが、この「友人の紹介」です

結婚相手とどうやって知り合いましたか?というインタビューの結果で、事実一番多いわけですからね。

それはそれはたくさんの男女が「共通の知人・友人」を通して知り合って結婚まで行きついているのでしょう。

紹介されてお付き合いに至る、そしてそのまま結婚にゴールインというパターンですが、この方法のいい点は、「素性が信頼できる」ところです。

 

ご自身の友人からの紹介の場合「何かよくわからないから、この人信じられないな」なんて思うことはありますか?ないですよね。信頼できる友人の紹介だからこそ、相手の素性も信頼できるわけです。

もちろん、恋愛に発展するかどうかはともかく、安心できるのがこちらの出会いの方法です。友人の紹介をきっかけにお付き合いをする場合、やはり間に共通の友人を介していることが多いため、結婚式もとっても賑やかになります。とっても賑やかでたのしい結婚式になりますね。

そもそも、友人の紹介でお付き合いを始めたカップルが長続きする理由としては、「2人だけでなく、周りの人たちとの結びつきも生まれるため、絆が深まりやすい」ということもひとつ挙げられます。

何か仮にカップルの中で問題が発生した時でも、共通の友人がいてそこの関係性がしっかり出来ていれば、何かしらのフォローも出来ますし、そうやってカップルの危機を回避することが出来るというのも長続きする理由のひとつでしょう。周りから固めることが出来るというのはいいことです。

 

というわけで、「友人の紹介」で知り合った2人がそのままゴールインすることはとても多いということが統計で明らかになっています。

 

2.婚活パーティーで

意外と近年よく耳にするのが、「婚活パーティー」での出会いです。

なんだか婚活パーティーと聞くと「なんか必死になっているみたいで嫌だな・・」「なんとなく恥ずかしいな・・」なんて思う方も少なくないでしょう。

何だかすごく大きなことのような感じがしますし、お見合いのようなイメージさえ浮かぶのであまりピンとこないかもしれませんが、簡単に言うと「大きな合コン」のようなものです。違いは、普通の合コンよりも規模がやや大きいですし、参加者の本気度が高いことくらいではないでしょうか。

 

婚活パーティーは、全国各地でいつでもどこでも、主に週末行われています。参加したことのない人にとっては、なんだか敷居が高い気がするかもしれませんが、そんなこともありません。割とカジュアルなパーティーであることが多いので、意外と皆気軽に楽しみに来ている感じです。

「いかにもお見合い!」というものを想像していると、意外にカジュアルなので、少し(いい意味で)拍子抜けしてしまうこともあるかもしれませんね。

 

婚活パーティーにはどういう人が参加しているかというと、それは「結婚したい!」人たちです。当たり前ですよね。ですので、これまた当たり前に「本気度」が高いです。本気でやってきます。結婚相手を探したいという目的で人が集まっているため、「いや全然いま結婚とか考えてなくって」なんでいう人間がいないのです。

これはすごく効率的なことで、もしあなたが気に入ったお相手がいたとして、そのお相手が「結婚に興味がない」などという悲劇的な結果を生みません。通常の合コンではこのリスクは常に付きまといますからね。

また、これもまたひとつの事実ですが、多くの婚活パーティーにお男性は割と高い金額を払って参加しているケースが多いのです。

裏を返せば「結婚」を目的とした異性としっかり出会っていくことが出来るのもメリットですね。

 

具体的な婚活パーティーの詳しい比較は以下の記事で書いていますので、併せてごらん頂けますと幸いです。

3.職場恋愛から結婚へ

今も昔も変わらず、「結婚相手と出会った場所」としてほぼ常に一位なのが「職場」です。

忙しい毎日の中、出会いの機会もそれほどたくさんあるわけではありません。そんな中で、いつの時代も多い出会いのきっかけとして「職場恋愛」があります。

 

職場というのは、よくよく考えてみると1週間のうち5日間を過ごす場所です。やはりここで出会ってしまうケースは多いわけです。それだけ長い時間を過ごしていますからね、さらには、職場恋愛というのはどうしても「周りの人たちに知られる」ことが多いため、結果的に交際を公にし「結婚」というきっちりとしたケジメをつけるところまで行きつく確率が高いとも言えます。

上司も知っている関係だとすれば、なんとなくいつまでも中途半端に付き合っていくこともしにくいですよね。

そして、多くの職場恋愛カップルが、「職場恋愛の末、転勤を機に結婚を決めた」など何かしら仕事上の事情がらみで、結婚を決意しているようです。

 

事実、交際から結婚に至るまでには、何かと思い切りが必要です。多くのカップルが様々な理由で結婚というゴールに行きつくわけですが、これには何かしら「親の意見」だったり「仕事の転勤」という外的要素が影響していることが多いのです。

たとえ優柔不断なカップルでも、仮に転勤話がでたとしたらどうでしょう。女性の方が男性についていくケースがやはり多いです。その時に結婚というひとつのケジメをつけるということですね。とっても多い理由です。

4.いわゆる通常のパターン(交際→結婚)

また、カップルの中には、学生時代からの交際で晴れて結婚まで行きつきました!というケースもありましたね。

ただ、割合としては少なかったです。10%くらいでしょうか。

 

私の友人の中に、交際10年の記念日に結婚式をするというカップルがいました。10年付き合っていて、なぜ今になって結婚を決めたのか聞いてみると、このような回答でした。

「18歳のときから10年間付き合ってきた。いま28だけど、正直結婚してもしなくても何も変わらないかなと思っていたから、どんどん婚期を逃した。でも彼女の方が30になるまでに子供が欲しいと言ったので、結婚することに決めた。同棲しているのでほとんど生活も変わらないから、あまり実感がないなぁ」

とのことでした。こういったカップルは、本当に仲が良く、そして何よりやはり長く一緒にいるので、とっても空気が穏やかなのです。

 

私の周りにいる他のカップルの例を考えてみても、交際期間の長いカップルはなかなか結婚まで行きつかないケースが多いように思います。もちろんきちんと結婚していくカップルもいますが・・。

きっと一緒にいることに慣れすぎていることと、結婚しなくても今のまま一緒にいられるから問題ないという思いから、ずるずる結婚というタイミングを逃すのでしょう。

なので、今パートナーがいないあなたも悲観しないでください。意外に「長く付き合っている彼氏」がいる女性ほど「結婚」からはるか遠いところにいるといっても過言ではありませんからね。

 

男性の選ぶ結婚したい女性のタイプ

さて、ここまでは世間一般の男女が、どのようにして結婚相手と出会っているのかということについて「友人紹介」「婚活パーティー」「通常の交際から」という3つのパターンに分けてまとめてみました。

これであなたもお気づきだと思いますが、「出会いなんて結構どんなかたちでもいい」のです。ではここからは何が必要になってくるでしょう。

その出会いの場所や方法が何であるにせよ、あなたが「結婚相手として最適な素晴らしい女性」であることを男性にアピールしなければなりません。

 

そこで、「男性の思う、結婚したい女したくない女」について、まとめておきます。まちがったアピールをしないためにも、しっかり理解しておいてくださいね。

・経済力のある女性→×

結婚するにあたって、やはり肝心なのが「経済力」です。

お金持ちと結婚したい!と思っている人も多いでしょう。しかし逆に女性側が経済力がある場合はどうでしょうか。

 

例えばあなたが年収500万以上のキャリアウーマンだったとします。

今の時代、男性でも年収500万未満のサラリーマンは星の数ほどいます。仮にあなたが出会った男性が年収350万のサラリーマンだった場合、相手はあなたの「経済的余裕」を本能的に察知します。

「この女、金持ってるな・・・」と思うと男性は引きます。ほとんどの場合引いてしまうのです。いくら男女平等だといっても、男性というのはいつの時代も「女性より優位に立ちたい」のです。

なので明らかに自分よりも経済力のある女性を好むことはありません。よって、悲しい現実ですが経済力のある女性ほど婚期を逃すのです。

・経済力のない女性→◎

逆に経済力のない女性はどうでしょう。

特に経済力のない女性を、男性が好んで選んでいるわけではありません。しかしながら男性は経済力が自分よりもある女性を避ける傾向があるため、必然的に経済力のない女性の方がモテるのです。

結果、経済力はなくてよいのです。むしろない方が良いのです。もしあなたが結構経済力のあるタイプだったとしても、それは絶対隠しておいた方が良いです。

・とっても魅力的な外見の女性→×

男性がいくら「外見は関係ない」といったところで、それは嘘です。

本能的に女性も男性も魅力的な外見の異性に惹かれるのは事実です。ただ、結婚という話になった場合は少し違います。

男性は「結婚したい女性」と「とりあえず付き合いたい女性」を分けて考えることが多いのです。どういうことかというと、「結婚したい女性」のタイプにはあまり外見が関係ないということです。

もちろんある程度の魅力は必要ですが、とびきりの美人!というタイプの女性はことごとく「結婚対象」のカテゴリーに入れません。「高嶺の花」的存在になってしまい、なかなか選ばれないのです。残念ですよね。

 

結論、綺麗であることは素晴らしいのですが、あまりにも綺麗だと不利になることもありえます。

・平凡それ以下の外見の女性→◎

なんであの人あんなに早く結婚できたんだろう・・・

そんな風に思わせるような女性っていますよね。特別美人でもないのになぜあんな素敵な旦那さんに見初められたんだろう・・・と首をかしげることもあります。

先ほども書いたように、特別可愛い、綺麗な女性は男性が結婚相手として積極的に選びに行くタイプではないのです。

逆に、「普通」の女性がこの場合はモテるのです。

それでいて、さらに性格がよく、母親的な母性がにじみ出ているタイプこそ「結婚したい!」と思わせる女性なのです。

もちろん、外見を磨くことが無駄だとは言いません。

ただ、結婚できる女になるにあたって、「外見」はそこまで重要ではないのです。それだけは覚えていていただきたい。

 

【笑顔と母性】

つまり、男性が「結婚したい!」とおもうような女性というのは、あっと驚くような美人でもなく金持ちでもないのです。

結局のところ「笑顔でいること」と「母性を感じられる」ことで男性は「こいつと一生一緒にいたい!」という気持ちになるようです。とってもシンプルですよね。

 

まとめ

婚活という言葉を聞くと、なんだか一筋縄ではいかないようなもののように思えるかもしれません。ただ、婚活はあなたが思うほど大変なことではありません。

前半でも書いたように、出会いの形は様々です。何か特別なことをしなければ、生涯のパートナーとは出会えない!なんていうことはありません。

 出会いが常にどこにでも転がっているということと、男性が女性に求めるものは「笑顔と母性」であることを忘れないでください。あなたの運命の出会いもきっともうすぐそこまで来ているかもしれません。素敵なパートナーとめぐり逢えるよう、願っています!