婚活中のアラサー女子必見!30代女性の結婚相手の男性が求めているのはこれだ!

みなさんは婚活、頑張っていますか?

婚活中の女性の多くは20代後半から30代の女性が多いでしょう。その頃の女性って、とっても忙しいんですよね。何せ、仕事でもある程度責任のある立場にあることも多いでしょうし、ある程度の稼ぎがある女性も多いでしょう。

そんな女性たちが、限られた時間を使って婚活に励んでいるわけですが、実際のところその効果はどうでしょう。「なかなかうまくいかないな」と心折れそうになっている女性もたくさんいるのではないでしょうか。

私はこれまで、たくさんの婚活体験談を周りから聞いてきましたし、自分自身も婚活に励んだ時期がありました。

それらの経験から、婚活中の女性にアドバイスできることをまとめてみたいと思います。

今回のテーマは、「男性が求めているもの」です。

いくらやみくもに婚活に励んでも、これが分からないことには空振りに終わってしまう可能性も高いです

美人なだけではモテない!男性が求めるのは「優しい女性」

さて、まずひとつめですが、男性が求める代表的な女性のタイプがこちらの「優しい女性」です。これを聞いて皆さんはどう思いますか?

「いやいやそんなこと言っても可愛い女がモテるでしょ」

そう思いませんでしたか?私もずっとそう思っていました。「好きなタイプは?」と男性に質問して「優しい子がいいな」なんて答えが返ってきた日には、「はいはいはいはい」と話半分くらいに受け止めていましたからね。ただ、今となってはひとつ分かったことがあります。

「婚活と若い子たちの合コンは決定的に違う」

婚活においては、中身重視で男性が女性を選んでいる

どういうことかというと、若いうちは見た目ばかりを重視してとにもかくにも男性は女性の外見的な魅力に左右されるところが、婚活となるとそうでもなくなるということです。

私も初めは「とはいっても男性は可愛い女性ばかりを追いかけるものだ」と思っていたのですが、徐々にこの事実に気づいたのです。

もちろんそれは、私の周りの男友達の選んだ結婚相手を見てきたり、女友達の結婚相手を見てきたり、たくさんの実例があってのことです。

そして、男性の意見として具体的にこんなお話も聞きました。

「実際、結婚するんだったら別にずば抜けて可愛いとかそういうのは必要ないんだよね。もちろん可愛いに越したことはないけど、それ以上に大事なポイントがたくさんあるしさ。今の嫁さんとかも自分がこれまでタイプだと思ってた女の子のタイプとは全然違うからね」

 

確かに、モテにモテにモテまくったような男性でさえ、結婚するときにはなんだかおっとりした雰囲気の柔らかい女性に落ち着くことが多いのです。皆さんの周りにもそんな男性が一人くらいいるのではないでしょうか。

つまり、男性は女性に「セクシーさ、見た目の可愛さ、美しさ」を求めてきたわけですが、結婚となるとまるで判断するポイントを変えてしまうのだと言えます。

・どれだけ可愛いか

・どれだけセクシーか

ではなく

どれだけその女性といて癒されるか

どれだけその女性と一緒にいて居心地がいいか

という点に注目するのです。

なので、もしあなたが「美人がゆえに、これまで男に困らなかったモテ子タイプ」だとしたら要注意です。婚活はこれまでのように上手くいかないことが予想されるからです。

もちろん外見の魅力は立派なアドバンテージですが、それよりもさらに大事なのが「優しい雰囲気」をどれだけ相手に感じさせるかなのです。

大和撫子タイプは今の時代も十分モテる!男性が求めるのは「控え目女性」

男性は結構古風なので、今も昔も「黙ってついてきてくれるタイプ」の女性を求めていることが多く、それが婚活となるとよけいに顕著に現れます。

 

婚活というのは、当たり前ですが「結婚相手候補を探す活動」です。なのでこれまでの「彼女候補を探す」とは一味も二味も違ってくるわけです。若いうち、まだ結婚の「け」の字も意識していない頃の男性は、「ちょっと冒険したい」願望が強いです。どういうことかというと、選ぶ女性のタイプが「刺激的な女性」であることが多いということです。

・セクシーで経験豊富そう

・自分の知らないことをいろいろ教えてくれそう

・リードしてくれそう

こういう女性たちが気になって仕方ない年ごろというのが男性には必ずと言っていいほどあるようですね。基本的には20代前半から半ばが多いでしょう。年上の女性を追いかけがちなのもこの頃ですね。

 私の友人にこれにぴったりはまるような、まさに「ちょっと危ないスリリングな女」タイプの女性がいるのですが、彼女は今37歳独身です。未だに美人で色気もありますが、もう5年ほど特定の彼氏がいない状態が続いています。

婚活にいそしむ彼女にちょっと話を聞いてみるとこんなことを言っていました。

そもそも、婚活ってよく分からないんだよね。だって婚活パーティーとかに行くと、なんてことない普通の女の子たちの方が男性受けがいいような印象さえ感じるから。若いうち合コンとか行く度に誰よりもモテた時代が懐かしいわ(笑)

この彼女、とても美人なんですよ。行ってみれば柴咲コウのような雰囲気でキツメの美人です。性格もさばさばしていて思ったことはストレートに言うタイプだからこそ、私にとってはとても一緒にいて楽しめる良い友人なのです。ただ彼女も婚活という舞台では苦戦してますからね、かなり。

こんなきれいな女の子が売れ残ってしまうのが婚活なのです。それに加えて、「大人しそうで普通っぽい女性が婚活では人気がある」というのが事実です。

男性は結局「大人しくって自分に尽くしてくれそうな大和撫子タイプ」をお嫁さんにしたいという願望が強いという証拠です。

 

あなたがもしも「人よりちょっと我が強くて、何でもバンバン口に出してしまうようなタイプ」の女性なら、婚活の場では少しだけ抑えめにしてみることをおすすめします。

男性って、ビビりなんですよ。本当に。なので「うわ・・この女の子は俺にはコントロール出来そうにないな」と思うと自然と引いていってしまうわけです。言い方は悪いですが、「扱いやすそう」な女性を、男性は婚活では選びますから。

 

高収入女性は注意!男性が求めるのは「経済力はそれほどない女性」

そしてこれも注意しなくてはなりません。「稼ぎのいい女性」たちに行っておきたいことがあります。

男性はプライドが高いため、女性に収入面で負けるのはかなり耐え難いことである

ということです。特に30代前後になってくると会社の中のあなたの立場も場合によっては中堅だったりするでしょう。ある程度立派な役職がついていることも多々あるのではないでしょうか。

OLさんならそれほど心配はないでしょうが、営業など「歩合」で働く女性も多くいます。私もそうでしたが、一般的な女性社員(事務職)のお給料より、ずば抜けて稼ぎの良い時期がありましたね。こういう時には、ついつい「趣味」に自分のお金を費やす女性が多いと思います。

例えば、旅行だったり、習い事だったり、いろいろとあると思うのですが、あまり羽振りの良い生活をしていると、それがなんとなく滲み出てしまうものです。ブランド物で身を固めたり、毎月のように派手に旅行に行ったりと、そういうことを日常的にしていると、出会う男性はなんとなく察するものです。

「結構金持ってるんだろうな・・」

そういうイメージを一旦つけられてしまうと、なかなかそのイメージは払しょくできません。稼ぎの良いことは素晴らしいことです。もちろんです。ただ、婚活において男性がこのような女性たちに持つ印象はあまりポジティブなものではありません。

「結構お金がかかるタイプの女性なんだろうか」

「わがままそうだな・・」

「収入で負けるとか結構プライド傷つくな・・」

こういったネガティブな印象を抱きがちなのです。

 

それなら稼ぎの少ない仕事に転職するしかないのか、というとそんなわけはありません。どうすればよいか、それはただ一つです。

たいして稼いでいない普通のOLのようにふるまう

これにつきます。高級な習い事をしているのであればそれは隠しましょう、頻繁に海外に行っているようであればそれほど頻繁でないような言い方をしましょう。

嘘をつくわけではありませんが、少し控えめにふるまうのです。

男性は「男が稼がなくちゃ!」という意識を必ず持っていますから、そのプライドを傷つけるようなことをしないように、ほんの少し気を遣うことで、婚活がうんと楽になります。

 

ネガティブ女性は注意!男性が求めるのは「前向きな女性」

割と最近結婚した私の友人男性に「奥さんのどんなところが好きなの?」とベタな質問をしてみましたところ、こんな回答が返ってきました。

なんか最初っから『この人と結婚するんだろうな』って思ったんだよね。どこが好きかって言われてもピンとこないけどひとつ思うのは『とにかくいつも元気で明るい』ってことかな。別に何が特にすごいってこともないんだけど、いつも前向きなんだよね。ずっと一緒にいるのが苦痛じゃなかったのはたぶんそのおかげだと思う

この話を聞いて、やっぱり「明るくポジティブにいること」はものすごく大切なんだなと感じましたね。男性は結構メンタルが弱かったりします。女性はそこをさりげなくサポートできるようでないといけないのです。

 

でも残念なことに結構多くの女性が「聞いて聞いて!」タイプであり、自分の話を延々として仕事の愚痴や人間関係の愚痴を語り続けるいわゆる「かまってちゃん」タイプが多いのです。これ自体がそれほど悪いわけではないのですが、「愚痴が多すぎる」ようであればそれは大問題です。

男性は愚痴を聞くのが苦手です。というより好きではありません。なのであまりネガティブ発言ばかりしていると確実に嫌がられます。

 

逆に、ポジティブな女性はどうでしょう。ポジティブな女性というのは、そのポジティブさが滲み出るものです。とにかくポジティブであることはとっても良いことで、男性だけでなく女性も惹きつける普遍的な魅力がそこにあります。

婚活にあたって、男性が女性を選ぶ条件を羅列していった場合、必ず出てくるのが「明るい」ということです。この「明るい」というのは「一緒にいて元気になれる」という意味です。

普段から少し愚痴っぽいかもしれない・・と自覚しているそこのあなた、男性の前では嘘でもいいので明るく前向きな自分を装ってみてはどうでしょうか。

定番中の定番!男性が求めるのは「料理上手、家事が得意な女性」

そしてもうこれは鉄板ですが、料理上手で家事が得意な女性というのはやはり好かれますね。これを婚活のときに上手く使うには、「アピールの仕方」が重要になってきます。

「優しそう」「元気で明るい」などの特徴のように、「料理上手そう」という特徴はなかなか伝わりませんからね。

ここはもう思い切って婚活の場でアピールしましょう。

婚活パーティーなら「私趣味は料理なんですよ、基本的に毎日自炊するんですけど、やっぱりレパートリー増やすのって楽しいんですよね♪なんか地味ですみません(汗)」

なんて女性から見たらわざとらしいと思われかねないようなベタなアピールでいいのです。

少し「ぶりっこ」になるくらいがちょうどいいのです。

もしメッセージのやり取りの段階なのであれば、もうその段階で先ほどのベタなセリフを文字で送ってしまってもいいです。こういうイメージ付け自体は早ければ早いほどいいです。相手があなたを「こういう女性なんだろうな」と認識するのには少し時間がかかります。このイメージが固まってしまう前に植え付けておきたいところですね。

案外男性は「ベタで古典的なアピールに弱い」ですから、こういうアピールを受けたら「わー家庭的だな!」と一気にあなたに対する期待値を上げてきますよ。

何事もアピールしなくては伝わりませんからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、実際に私の周りの男性や女性の生の声をあげつつ、「婚活で男性が女性に求めている要素」とは一体どのようなものなのか、まとめてみました。

意外と、婚活となると男性は慎重に「家庭的で女性らしく、優しく明るい女性」を選ぶのです。これはどんな女性にも目指せるところですよね。

 外見磨きばかりに必死になっている女性もたくさんいるのではないでしょうか。婚活で重要なのは、中身です。

「ずっと一緒にいたいな」と思わせるような、素敵な女性でいることが何よりも重要です。